--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/02/15 (Sat) Gunclub Check Suits By BLACKFLEECE

R0011624.jpg

先だってブラックフリースのツイードを着て行って場所はブルックスブラザーズでした。そのどうしても忘れられなかったものです。本国のサイトには既に載っておらず、入手方法は国内のみ。しかしクリアランスで50%オフ。これだけ半額、売れなかったのかな。

家人に「もしかしたらいずれ飽きちゃうシルエットかもよ」
という強烈な、ぼくには恐ろしいフレーズを申し渡され、考え直す時間を設けていたのですが、忘れられなかった。
もちろん飽きる可能性はあります。メンズスーツの変化は緩やかだけれども確実にあって、否定できない。
長く着られること(少なくとも3シーズン目で着ないということは無いように)を前提に買い物をしているつもりで、その要領も少しずつですが得てきたと思っています。伝統に基づいたちょっとひねりがあるものが好きなんです。今回はベーシックなオーセンティックなトラディショナルなタイムレスな柄とのシルエットが気に入ったから、入手します!と振り切りました。言い過ぎました、懇願しました。


裾と袖口の直しを待つ間のたった2週間ほどで、急激にJ.M.Westonのゴルフを無性に手に入れたくなり、あれ?買う順番間違えたかなと思ってしまったけれども、上がってきたものを試着して、やはり買ってよかったと。
そして急にゴルフが欲しくなったのは、このスーツにゴルフ、ライトブラウンのグレインレザーを合わせたいというのが心の奥底にあったのではと思い始めました。


R0011649.jpg

この柄に惚れました。ガンクラブチェックと言われるものだと思うのですが(少々自信ありません)、発祥はアメリカン。しかしこのグレーとくすんだレッドからなるチェックからフレンチの薫りがします。あくまでぼくのイメージです。この柄とトムブラウン特有のシルエットを気に入ってしまったのです。

R0011644.jpg
柄合わせも決まっています。近頃わかるようになった見どころのひとつです。

R0011652.jpg
MADE IN USAでサウスウィック製と思われます。過去サウスウィック製のブラックフリースをシアサッカー、ツイード、ウーステッドなど何着か試着したり、購入したりしましたが、特にシアサッカーは芯地が固いのか着始めは肩のあたりが若干あたると思っていました。しかし着ているうちに馴染みます。ところが今回のジャケットは初めから柔らかいです。
素材はウール90%・カシミア10%です。この生地に起因するのかしらん。


R0011651.jpg
定番の段返り三つボタン。シルエットはサックですが、相変わらず細身です。

R0011629.jpg
手持ちのブラックフリースのラペルはすべてこの処理がされています。これの意味はというと、よくわかりません。勉強します。

R0011628.jpg

ライナーはコットン。袖のみキュプラです。コットンの分だけぬくもりがあるように感じます。感じるだけです。

R0011645.jpg

袖のボタンは2つにするか4つにするかで迷いましたが、やはり2つにしました。サックスーツですし。アメリカンを強調したかったので。

ジャケットの裾はカッタウェイと云いまして、カットされてアウェイしています、と身振り手振りで店員さんが説明しているのが面白かった。意図的に言ったのでしょう、二人で笑ってしまいました。
両脇に向かって離れていくデザインです。ブラックフリースのチェンジポケット付きのカッタウェイモデルが最も着丈が短いモデルとのことです。


R0011630.jpg
このウォッチポケット?とウェストアジャスターのディテールが堪りません。使わないのですけれども。
ウエストのサイズは調整なくジャストでした。裾丈は店員さん推奨と、ぼくの指定したちょっと短めで上げてみてくださいという長さの2つを両足でしてもらい、じゃぁその間でと脱いで長さを計測してみると、73cmと75cmでした。ちょうど間の74cmで仕上げをお願いしました。

R0011632.jpg

勿論ダブル幅は5.5cmです。この内側の仕上げは初めてみました。通常、踵側だけだと思っていたのですが特殊な仕様なのでしょうか。初めて見る処理です。

当日ライトブラウンのフルブローグを履いていったのですが、マッチしていました。勿論、黒靴でもいいはず。さらに持っていませんがブラックコードヴァンのタンカーブーツなんか格好良さそう。まぁ恐ろしいので考えなかったことにします。まずはゴルフ入手のために健全な貯蓄計画です。

スポンサーサイト

Suit | trackback(0) | comment(2) |


2013/09/08 (Sun) Black Fleece Gray Suit 2

R0011152.jpg

お勧めされたこのスーツ。サイズは0、総裏、春夏生地とはいえかなり厚手、生地の色は好み、丁度去年この色のスーツを諸事情で処分。ジャケットだけ着てみる。ダーツが入っていて絞りが効いてフィット感がある。肩も窮屈ではない。おー、いいなぁと思いつつ、あまりノレなかった。なぜなら、半額のプライスがついていたけれども、それでも余裕の10万オーバー、高額である。なので店員さんが色々説明してくれていたのもあまりちゃんと聞いていなかった。

そこで、違うグリーンとレッドのチェックのシャツを手に取りこれを今日買おうかなぁと決めかかったとき、これも春夏物なのでクリアランスプライスからさらに半額です、聞き返したくなるセリフが。

えっ?パルドン?これも?ということはこちらの春夏物スーツもさらに半額ですか?ハイ勿論です、期間限定で。

恐ろしいことである。青天の霹靂である。

妻が、お店の方はちゃんと説明してくださっていましたよ!聞いていらっしゃらなかったの?珍しく欲しがらないからおかしいなぁ異常だなボケちゃったのかしらと思っていましたよ、などと言われる始末。

当然、シャツは止めておきます。スーツのパンツ試着します。お願いします。買います。おほほほと半ば発狂して、即決した次第であります。


R0011163.jpg
段返りだけれども、サックではなくウエストはかなり絞られています。そしてそのためかサイドベンツ。着丈はかなり短いです。お尻見えます。



R0011159.jpg

ラペルに比べフラップはちょっと太めです。

R0011160.jpg
ボタンをどうするかが一番悩みました。無駄に本切羽にして自己満足するというのは決めていたのですが、袖ボタンが8つ付いているので、そのまま使えば片腕に4つづつです。ウエストの絞りも効いているし、4つでもいいかなと思ったけど、この着丈の短さとラペルの細さといった飾りっ気のないミニマルな要素から2つにしました。というのは後付けの理由で、本当はBBの基本は2つでしょという強い思い込みがそうさせました。サックスーツでもないし、やはり4つあるいは3つでよかったかなとも少し思っています。

R0011156.jpg


シルエットは相変わらずのストーンとストレート。お尻のフィット感がいい具合です。
仕事用なので踝全開はまずいので、慎重にノークッション、靴下見えるか見えないか位にしました。ダブル幅は普段なら4.5cmだけれども今回はちょっとだけ攻めて5cm

R0011157.jpg
パンツの裏地がしっかり下まで。

お直しはブルックスの路面店でお願いしました。本切羽と裾上げと合わせて6000円かからない位でした。

ところでブラックフリースの裏地は何故コットンなのでしょう。ポリなどの化繊のほうが着やすくて耐久性があってよいんじゃないかなぁと思うのですが、今度聞いてみよう。

Suit | trackback(0) | comment(0) |


2013/09/07 (Sat) Black Fleece Gray Suit

R0011161.jpg


というわけでとうとう
仕事着にブラックフリースを着ることにいたしました。

8月末の或る休みの日、特段の予定も入れておらずに前日から当日をどう過ごすのか喧々諤々話し合いがされていました。やれ宮崎駿の映画を見に行くのはマストだの、昼に美味いものを食べに行ってさらに夕飯も美味いものを食べたいなぁ、銀ブラいいじゃないかしらんとか、それらをすべて併せて豪遊だとか、だいたいCプランぐらいまで用意されました。

ぼくは秘かに温めていた案を思い切ってだけれども軽い感じで伝えてみた。御殿場アウトレットはいかがざんしょ?富士山も見られるかもよ!と笑顔で提案してみたところ、あーはいはいはいはい、やっぱ言うと思っていましたよ、でも遠いしね、暑いしね、少し考えるわとやや難色を示す。明日のことなのに考える時間あるのかなぁと思いつつ、ぼくも確かにクソ暑い中歩き回るのは確かにしんどいなぁと思い、結局どうするかを決めないまま明日の気分で決めようとその日は寝ました。その結果、当日昼まで家人とダラダラ過ごしていて、ようやく、家人とぼくは重い腰を上げ、意を決した。

重い腰を上げてよかった。激烈に安い価格で買えてしまった。

今まで、アウトレットのブルックスブラザーズの片隅にあったブラックフリースが、今年の春ごろに御殿場と三田に単独で出店したとは聞いていました。それに行くのが楽しみだった。

店内の雰囲気はそれはもうブラックフリースしていた。どうやらニューヨークの本店を意識したつくりらしい。そう店員さんが言ってました。

このシャツ好いなぁと見つつ、ふらふら。あれ、イタリアメイド時代じゃん!と目を輝かせ、けして着ないであろう赤や黄色のカラフルなジャケット試着したりして、でも夏はジャケット着られない国になってしまって悲しいなぁ、黄色のジャケットちょっといいなぁと名残惜しくもお店を出る。

その後サンローランでグレーのバッグをエロいエロいと連呼しながら見たり、エディスリマン1STシーズンのジャケットを試着して、細すぎて着られない!けどあれは別の次元の方々が着るものと己を納得させたり、マークバイマークジェイコブスで妻の買い物に付き合っていたつもりが、去年か一昨年に見かけて、好いなぁと思っていたコットンストールをさんざん迷った挙句に、妻の会計が終わった後に結局買ってみたり、なかなか楽しい道中でした。

そして最後にもう一度とブラックフリースへ

懲りずにうろうろしていると店員さんとから、あっ同じ靴ですねと話しかけられる。色違いを履いていたことを指摘される。偶然ブラックフリースのコンビ靴でグレインレザーの紺と白をぼくは履いていました。彼は黒白のコンビ、実は当初ぼくは黒白を買いに行って、ネイビがあるの知ってすごく迷ったんですよなどと話すと、彼はネイビーにすればよかったなどと話を合わせてくれたのかもしれないけれども、少々盛り上がりました。

グレーのスーツは好きですかと聞かれ、はい好きですと間抜けに答える。

すると勧められてしまった、件のものを。


つづく

Suit | trackback(0) | comment(0) |


2013/08/25 (Sun) Cambridge  BrooksBrothers

R0011133.jpg


サックスーツが好みです。きっちり体のラインに沿りすぎたイタリアンな最近のモダンなスーツはちょっと気恥ずかしい。ただブリティッシュなウエストが絞られて、肩がしっかりあるのは好きです。

サックスーツと言えばブルックスブラザーズ。このケンブリッジモデルが出るまでは、段返りサックスーツを着ようとすると、今でいうマディソンモデルのサイズ35SHTをベースにパターンオーダーして、ブルックスブラザーズを、すなわちアメリカンナンバーワンサックスーツをなんとかギリギリ楽しんでいました。ギリギリというだけあって不満はないわけではなかった。さらにそれ以前は既製品の37REGを補整したり結構迷走していました。

でも、今後その必要はない。吊るしでマイサイズ36SHTがぴったりくることを発売されてすぐ試して発見した。

にもかかわらず、ミラノモデルを買ったり、次はリージェントもいいなぁとのらりくらりと過ごしていたら、懇意にしている店員さんからセールおすすめ情報がありました飛び込んできました。

プレーンなネイビーソリッドが必要と仰っていたのでこちらなどいかがですか?グレーもありますと。
そしてお好きな総裏で真夏以外のスリーシーズンいけます!と。
セールで五万ちょいですと!

と、と、と、三つ並びましたが、珍しく即決しました。ちょうど手持ちのネイビーのスーツが二着とも擦り切れてしまい新しいのが必要だったのです。生地感はグレーがよかったのですが、もしグレーならば買うことは全く許されない、なぜならあなたはネイビーのスーツがすり減ってきてそれが必要なんでしょ?、と妻から釘を刺されました。糠に釘を打たれる性分ではないため、確かにと納得し、ネイビーを購入。

R0011134.jpgラペルはマディソンと比べてうんと細め。マディソンも去年全体的にシルエットやラペルを含んだディテールも修正して細くしているけれども、ケンブリッジの方が断然細身のラペル。ゴージ位置はあまり変わらない印象です。少々高めかな。


R0011139.jpg
ポッケのフラップもラペルに合わせて細め。マディソンと比べてだけれども。


R0011138.jpg
袖ボタンは二つと思いきやく三つ。従来のサックとの差別化ということになるのでしょうか。



生地はまぁまぁです。けれどもデイリーユースにはこれでいいんです。

ネイビーソリッドです。

生地の織りは何ていう種類になるのだ?
ぼくにとってウールはツイードかそれ以外という分け方なのでいっこうに詳しくならない。学びたい気持ちはとってもある。シャークスキン、フレスコくらいはわかる。サージもわかる。それ以外がなんか曖昧だ。

R0011142.jpg
総裏!春夏ものの生地の割には意外に厚めなので、確かに真夏以外のスリーシーズン着れそう。といいつつ真冬はやはり紡毛が着たくなる。

R0011143.jpg
パンツはミラノモデルと同じとのこと。36SHTには30インチのトラウザー。ウエストは直し無し。裾は4.5cmのダブルで。ハーフクッションで仕上げました。

R0011144.jpg

R0011146.jpg

水色のシャツにダークカラーのタイでシックにいこうかなと思っています。たまに色気出してパープルなんぞ締めて。

これは七月の出来事なのですが、この時衝撃のお知らせが。ブルックス好きな方は買いだめとかしたのかしらん。それについてはまた今度。

Suit | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。