--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/06/21 (Sat) Banana Leaf Shorts

すっかり本の更新ばかりでした。
装いへの心遣い決して忘れたわけではありません。

太陽のせいです。暑いとダメです。

これからも本と装いの両輪で参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。



夏至をむかえ、すっかり夏です。気温も高い。それがどういうことかというと、着るものに頓着してられなくなります。

そこで毎年夏に考えるのは、楽しめる格好。靴や帽子に凝ってみたりします。パナマハットやサンダルなんて夏だけ楽しめます。まぁそんな当たり前のことは置いておいて、アロハに代表される柄なんていうのも楽しめる要素の一つ。夏にしか似合わない柄、こんな柄を選択しました。BrooksBrothers BY BLACK FLEECEのバナナリーフのショートパンツです。

数シーズン前のものです。記憶をたどると、同じ柄のシャツ、ジャケットもありました。当時ジャケットのサイズはあったのですが、パンツはサイズ切れでした。上下セットであるものは必ず上下買うという鉄則を設けてまして、そこから外れていたので購入を見送りました。しかし、この度アウトレットにて70%オフで埋もれていたところ、うっかりパンツだけなのに購ってしまいました。いつの日かジャケットを手に入れてしまうのでしょうか。しかし、夏にこれほどまで分厚いコットン生地のジャケットは着られない気もします。

R0011999.jpg
さわやかにホワイトバックス風スエードの靴と。上はやはり白系のシャツでしょうか。濃い目のシャツも面白そうです。

もちろん黒のコードバンローファーも相性いいはず。

R0011996.jpg

かわいいポッケです。ボタンは貝ボタン。
試着してみると、短めですが絶妙な長さでラインがきれいでした。

R0011997.jpg

そしてボタンフライ。生地が分厚いのでこなれるまで難儀かもしれません。

製造はUSAではありませんでした。しかし、かなり作り、生地、パーツはしっかりして納得しています。
ブラックフリースの商品の半分くらいはUSAではないイメージです。実は今回初めてUSAではなく、タイメイドのものを買いました。
アウトレット価格というのも多分にありますが、大満足です。

スポンサーサイト

Pants | trackback(0) | comment(4) |


2014/03/29 (Sat) Washed Denim

R0011862.jpg


先日生地屋に行った帰りに,偶然リーバイスの直営店があり、『SALE』の赤い看板が目に入りました。ここで会ったが100年目、「おいちょっと寄るぞ」と亭主関白ごっこをして入ってみると、知らなかった、こんなに品番があるなんて。こりゃ、まず色味であたりをつけて、あとは穿きまくるしかないと思い、「おい、覚悟しておけ」と家人にふたたび亭主関白ごっこ。

候補が2つ。1つは色味は理想通りだがとても細そうなMADE&CRAFTEDというヨーロピアンテイストのもの、初めて見るシリーズでした。もう1つは色味が理想より少し濃い、LVC1937モデル。なによりシルエットがよさそうなのと、手に取った時に他のモデルにない存在感がありました。色落ち箇所がまっさらではなく薄く茶色がのっている汚れ加工がされています。この古着然した加工があまり気に入らなかったのですが、店員さんに聞くと、徐々にではあるけれど白くなっていくとのこと。
共に価格を見ると倍ほど違う。やはり試着前にプライスタグを見てしまった。

R0011856.jpg

穿いてみると理想の色味であるMADE&CRAFTEDはやはり細い。而してもう1本のLVCを穿いてみると、思っているほど股上の深さが気にならず、好みのバルーンシルエットで一発で気に入りました。
色を取るかシルエットを取るか、今回はシルエットにしようかなと。すると、妻からもっともなお言葉をいただきました。絶対あとでもう一本欲しくなるよ、色味が旦那様の仰っていた理想でないもの、と。

ですよねぇ、でも穿いて洗濯を繰り返せば色が少し落ちて好い感じになるんじゃないのかなぁ、そういう話だし、だからこれがいいと思うんだよ。黙って俺の、俺の言うこと聞け、口答えするな。
あっ、ごめんごめん、ごめんね。確かにもう一本欲しくなっちゃうかもー、やはりぼくのことよくわかっているね。これ欲しくなってきちゃったー、あぁー悩んできたなぁ。決められねぇよ、この野郎、取り敢えず今日は腹減ったから帰るぞ。

10秒ごとに筒井康隆の鬼仏交替よろしく人格が入れ替ってくよくよと悩み始めたので考え直す時間を作って一度帰宅しました。

R0011861.jpg


考え直した結果、やっぱり買うことにしました。翌日の仕事帰りに寄り、LVC1937の29インチと30インチを3回ずつ穿いて29インチにしました。シルエットのバランスが変わりそれぞれ良さがあったので迷いました。ウェストは若干30の方が楽ちんで、シルエットがぼくの思うアメカジでした。店員さん曰く、ウエスト周りはけっこう馴染んできますよ、そしてシルエットの見え方も少し大きくなります、少しですが。そしてジャケットに合わせるなら30よりすっきりしている29インチの方がいいかもしれませんとアドバイスがあり、気持ち腿周りが細い29インチに決めました。それでも腿周りにゆとりがあり、緩くテーパードしていくバルーンシルエットが好い感じです。

R0011855.jpg
Levi's Vintage Clothingでございます。


30’sということで狙っていたことが一つあります。ネイビーのピークドラペルジャケットと30’sコンビを組ませようという企みです。同じ時代で相性がいい筈と直感しました。当時、イギリスのジャケットにアメリカのジーンズを合わせた人がいたかどうかは置いておいて、オーディオ好きの間でもスピーカーとアンプは同じ時代に作られたものが相性がいいとよく言われます。合わせた結果、上手くいきました。

R0011858.jpg
このシンチバック、穴をあけて固定するか迷い中です。


買おう買ってこますと思いつつ、ずっと先延ばしにしていたジーパン。手に入れれば活躍間違いないのになぜか優先順位が低かった淡い色のデニムパンツ。何時でも買えるからと、今買わなきゃ無くなると他のものに目移りして蔑にしていました。

が、とうとう買うに至りました。

何にでも合わせやすくて、早く買えばよかったと反省です。

その後、この位の色味になるにはどのくらいかかるかなぁなんてインターネットでぶらぶらしていると、リゾルトのホームページで、なんと15か月で格好よく淡く淡く色落ちした写真が載っていました。ちょっと一本育ててみようかな。

Pants | trackback(0) | comment(4) |


2014/03/09 (Sun) Peg Top Pants 2

春は近いのでしょうか。先日は雪が降ったそうです。まぁ異常気象といっても、そんなことは内田百閒の昭和初期エッセイでも「今年は異常気象だ」などと書かれていることから、昔からずーっと言われていることなんだなと驚かなくなりました。この風の冷たさ、もうちょっとツイードジャケットが着られそうです。

古着屋&デニムショップ行脚をしてきました。淡い色のデニムを探しに。

したところ、秋冬が好きなぼくは店頭の春ものよりもどうしても最終クリアランスの冬ものに目が行ってしまいます。


R0011761.jpg

そんなわけでデニムではなく、またこんなものを買ってしまいました。コーデュロイのペグトップパンツ。ライディングパンツ、ジョッパーパンツといった方がいいかもしれません。実はあまり違いは分かっていません。これはソーヤングな人で溢れかえるファッションビルに入る最近見つけた古着屋で買い求めたのですが、古着ですとタグに記載があったのですがあまり古着っぽくないです。古さを感じません。最近のもののような気がします。タグおよび品質表示がないので全く手がかりなし。ジップはOPTIでした。フックはGUTOS。ただこんなパンツをソーヤングな人たちがこぞって穿くとは思えないのでやはりある程度昔の古着かな。

R0011762.jpg

色味も生地も薄く、真夏以外は着られるかなと思います。否、穿きます。自転車乗らないで、文字通りひとりでツイードランします。この生地の薄さが最近のもののような気がするのですが、薄さゆえにこれからの季節も穿けると踏んで購入を決めました。

面白いのはジップのつけ方。通常、上から下に降ろして開くという体裁だと思っていたのですが、これは上から下に降ろすと閉じます。なので写真は閉じた状態です。試着したときにおかしいと思ったけれども、まぁいいかと流したけれども、これが慣れない。

先日のHAVERSACKのペグトップより丈がかなり短いです。

R0011763.jpg

というわけでブーツの登場です。トリッカーズのギリーブーツです。


DSC_0452 (2)

ジャケットはギデンのキーパーズツイード
コートいらず、上になにも羽織れない分厚いツイードです。日差しはあっても風が冷たい、非常に寒がりなのでまだ着てます。

キャスケットをかぶり、気分はニューシネマパラダイスのキッズ。急にスティングのジョニーフッカーが観たくなりました。
重々しい感じではなく薄い色で少しは春の軽さを出すことを意識して、とか言ってたまたまです。


ものすごくいい感じの淡い色のウォッシュドデニム、LEVIS'S501がありました。まだ悩み中です、考え直す要素がある気がしています。
次あたりのエントリからは春物の気がしてなりません。毎年春の探すリバティ柄あるいはバティック柄のシャツ、今年は見つかるといなぁ。

Pants | trackback(0) | comment(2) |


2014/03/01 (Sat) Peg Top Pants

R0011707.jpg

HAVERSACKのペグトップパンツです。

ウインザー公がゴルフの時に穿いているニッカ―ポッカ―のごとく格好良く穿きこなしたいとは常々思っていました。

HAVERSACKは毎シーズンルックを見ると気になります。綺麗に深紅のジャケットやボトムを着こなしていたり、キャスケットやちょっと変わった靴を格好よく身に付けています。そんな中、毎回ペグトップが登場しているように感じます。そんなヴィジュアルに影響されていつかはサラッと穿いてみたいと思っていたところ、年頭のクリアランスで丁度いいのを見つけてしまいました。

R0011697.jpg

イギリスはMOON社のツイード生地。

R0011706.jpg

ごわごわしています。そこまで厚い生地ではありませんがツイードの安心感があります。


R0011695.jpg

ボタンが茶色なので、茶靴で合わせるのが正統派のような気もしますが、実はグレーを選んだのはブラックのメリージェンと合わせるためです。悲しいことにぼくのツイードジャケットにグレーのパンツは合わない。そもそも昔のツイード生地に最近のウール素材のものはあまりうまく合わないなぁというのがぼくの感想です。ただし、異素材ならうまくいく。例えばコットンツイルあるいはモールスキンやコーデュロイのパンツ。

R0011689.jpg

これにアーガイルソックス&メリージェンでいきたいと思っています。次回はスタイリングをば。

Pants | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。