--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/01/25 (Sat) John Lobb Seymour 後篇



銀座RESHさんへいろいろとお話を伺ってきました。このRenewal、Rebornしたセイムールについて。

到着して、先ず高速ブラッシング。見事に色が馴染んでゆき、ぼくの乾拭きを余裕で凌駕して表情を変化させてくれました。よりアンティーク調に。

クリーニングの手順を聞いた範囲でここに記録しておきます。
肝要な基本は革に負担がかからないようにする。
リムーバーでワックスを落とす。そしてブラシを軽くトントン叩くと割れるのでそれを除去してゆく。割った後にアニリンカーフを塗布。
水洗い(おそらくサドルソープで)
乾燥後にデリケートクリーム。そして今回はWolyのWAX COLOR CLASICのミディアムブラウンを使ったとのことでした。


色合いの変化の理由を次のように説明していただきました。ぼくが買った時点でどういう状態だったかというと、乾いて革の色が抜けているところに傷を目立たさせなくする為にワックスを。そのワックスゆえに余計に乾燥していた。その状態から上記クリーニング後にすっぴんになって、革の力がミディアムブラウンのクリームを吸い込みこの色に仕上がった。ただしミディアムブラウンのクリームを使っても極端に色が濃くなるわけではない。それは、台の上に置いてあるダークブラウンの作業用レザーシートに、デリケートクリーム、色に合わせて乳化性クリームやワックスカラ―を使って、それがどういう変化になるかということで実証しれました。前者二つはそれぞれ異なる艶が出る、少しの艶と強めの艶が出るが色味は変わらない。後者は艶とほんのり色が濃くなった。

WOLYと聞いたときピンときました。なにしろこのWolyのワックスカラ―クラシック・ダークブラウンを先日ちょうどコードヴァンのシガーの為に買い求めていたので、効果は確認済み。コードヴァンに使うその前にクレバリーで使ってみたのですが、色が極端に濃くなるということには無いけれど、着色力、復元力は確かにあります。


変化の理由は革とクリームの相乗効果でした。それから事前に撮った写真が明るすぎた可能性があり、その印象に引っ張られ過ぎた。勿論、それでも色味が施術前より濃くなったのは間違いない。

もう一度預けていただければ、更にワックスの残り、キワの黒ズミをもう少し除去してもう一段綺麗な状態に出来るでしょうということだったのですが、今回の仕上がりに満足だったので、丁重にお断りしました。もしかしたらもうワントーン薄い色の仕上がりをぼくが求めていると気遣ってくれたのかなと想像しましたが、それはまた機会をみて実行しても遅くない。何より嫌な艶感が無くなり、自然な艶となり、もっちりした革になったのが収穫です。


R0011422.jpg

施術前の靴の状態の可能性の話の中で、油性ワックスで傷を目立たせなくしていたと言われた時に納得しました。買ったときは全く気づかなかったクラックがありました。左足の履き皺に。

R0011419.jpg

購入前にじっくり見たつもりでしたが、まんまとワックスで目立たなくなっていたわけです。少々残念でしたが、これを悪化させないようにするにはデリケートクリームがいいとのことでした。勿論、油性ワックスで隠すことも出来るけれども革の為にはデリケートクリームで下地を作って色の入ったクリームを使うというのがよい。

デリケートクリーム買おうかな。実は大震災で棚から落下して瓶が割れました、三分の二は残っていたのに。なかなかいい匂いが辺りに立ち込めていました。それ以来、問題なさそうなのでデリケートよりロウ成分が多くアニリンカーフクリームで代用しています。ただよりロウ成分が少なく水分が多いデリケートの方が革には優しく自然な艶が出ると今回学びました。

しかしサフィール系のクリームと比較してみたい願望が秘かにあります。

R0011429.jpg

紗乃織靴紐(サノハタ) ダークブラウンのシューレース

国内で職人が一本一本手作業で作っているこだわりの逸品とのことで、試しに購入しました。蝋で結構べたつきますが、すぐ取れるとのこと。

編み目が粗いです。決して雑という意味ではなくローゲージとでもいいましょうか、風格がありレトロな印象になります。紐の先端は金セルが施してあります。お店の方曰く、ビニルを熱で収縮させる技術はなかったであろう時代ではシューレースの先端はこのような加工がされていたのではないか、というお話でした。

エレガントというよりは丈夫風、ますらおぶり。


R0011418.jpg

最後にこれがミュージアムカーフかどうか尋ねると、うーん判断が難しい。おそらくこのセイムールは結構古いものと思われるので、ミュージアムカーフか否かはわからない、しかしジョンロブは毎年毎年さまざまな種類が出るので、可能性はあるがさらに特定が難しい。現物を見るとミュージアムカーフのように見えるが断言はできない、とのことでした。


エージングでもミュージアムカーフでもどちらでも構わない。現状にまで回復したジョンロブの革の凄さと、ナイスな革のムラ感、シルエット、意匠。廃番になってしまったものを手に入れられて良かった。

そしていろいろ丁寧に教えてくださった銀座RESHの方どうも有り難う御座いました。

ひと段落したのでコーディネートを考えよう。

スポンサーサイト

Shoes England | trackback(0) | comment(7) |


2014/01/24 (Fri) John Lobb Seymour 前篇

R0011379(4).jpg
画像が明るすぎか?と疑問に思ったのでフローリングの色を手掛かりに色調を少し調整してみました。
もう少し明るかった気もしますが、ただもう記憶が曖昧です


非常に艶があるジョンロブセイムールをフラットな状態にしたかったぼくはクリーニングを依頼しました。

するとこのように!
R0011414.jpg

別の革になっていませんか?!色が濃くなるとは聞いていましたが。これは驚きました。ビフォアとアフターの写真では光の具合が違うので正確には比べられないけれども印象がガラッと変わりました。革の状態がもの凄く良くなっています。

ここまでジョンロブの革には色が入るのかと!それとも洗った故にこうなったのか。受っとった時は驚き過ぎたのと担当者がいなかったので後日と思い、帰ってしまいましたのでそのあたりを聞けずじまい。ちょっとぼくがイメージするリセットとは異なりましたが、現行のジョンロブの色味の感じです。リスキーなのは承知していました、それにしてもこの変化には驚きました。汚れた感じはすっかりなくなって、これからさらに自分の色にしていこうと思います。ただ想像以上に濃くなってしまったので、取り敢えず磨きこんで、もう少し斑が出るようにしました。


R0011416.jpg

すると答えてくれました。少し色が抜けました。いい!好い色です!
うーん悩ましい。スーツはダークカラーが多いのでこの濃いトーンがいいのですが、もう少し赤みが欲しい。


あまりの変化に驚いたので、居ても立ってもいられず、話が分かりやすいようにとビフォアアフターの写真をツイッターに載せて、RESHに問い合わせると、

おそらく通常、濃いクリームを入れただけではこの変化にはならない。屈曲部分などが濃くなるだけで、ここまで均一にはならないはず。クリーニングする前の状態がかなり乾いてしまっていて、色が抜けていて、もともと革が持っているポテンシャルがクリームを沢山吸収して元の状態に戻ったのかもしれない。詳しくは実物をぼくも拝見したいので、お手数でなければ送っていただくか、ご面倒をおかけしますがお持ちくださればケアしながらその場でお話させてください、と。
行きます。ふたつ返事で答えました。ものすごく興味ある。シューレース買うつもりでしたしね。

あと少し続きます。後篇へ。

Shoes England | trackback(0) | comment(2) |


2014/01/23 (Thu) Used Shoes Semi Brogue

一度アップした記事の構成を変えました。気分屋で申し訳ありません


お正月が明けて間もない日曜日に代官山に行きました。かれこれ半年ぶり位ですが、アンティークの小物や古着を見るのに楽しい町です。そしてHAVERSACKというブリティッシュなお店も好きなので行くと楽しいのですが、出不精も手伝って年に数回しか行けない町です。


ぶらりと入ったレディースメインの古着屋。シャネル・セリーヌ・サンローランなどフランスの鞄や古着を扱っていて、女性は楽しいのではないでしょうか。家人は楽しいのでないでしょうか。そんなレディース一色の店内の一角にメンズがあるのですが、そこに圧倒的存在感を放つ靴が鎮座していました。サイズを見てみると多分マイサイズ。

多分というのは、いままでは雲上の存在で足を入れたことがなかった。試着をお願いする勇気がなかった。
履いてみた。驚いた。ぴったりだ。そして締めつけがない。そりゃそうだ。なんと靴紐がない。でも踵も抜けないし、直感的にこれはサイズ上もサイズ下も違う、これで正解じゃないのかと思いました。思い込みました。すぐ欲しくなりました。それがこの靴です。


John Lobb Paris Seymour museum calfかな?

今では廃番のラスト#8695。ぼくの尊敬してやまないブログを主催されている方も所有するセミブローグ。現行のジョンロブよりふっくらした感じ。もう少し濃い茶色が好きですが、この明るめの茶色そしてミュージアムカーフ?ミスティカーフ?の斑は雰囲気があります。ただミュージアムカーフ故の斑なのかあるいは経年の汚れなのか若干判断に迷う感じもあります。

R0011383.jpg
この艶加減、トゥはワックスだろうけど、アッパーもか。全体がかなり艶やか


お店の方に聞くとなんとセールで20%オフ。昨年初頭にぼくがBabourを買ったのを覚えていてくれて、会員割引を適応してくれるとのこと。おおお!嬉しい。するとリーガルウィングチップ1.5足分のお値段!けれどもその日はちょっと考えますと退散しました。というのも紐がないのに買うのは恐ろしい。

帰り道すがら、
妻が「あれは買いだね」
「えっ、わかりますか?あの革の別格な感じが?」
 「わかりますよ、しっとりしていて艶っぽいね」
「確かに。やはり買いですかね?」
 「ええ、でもサイズは大事よ」
「はい靴紐持参して、再度代官山に行くことにします」
そのまま電話番号をスマホで調べて、取り置きをお願いしました。

後日靴紐を持って行き試着すると、最も薄い靴下を履いていったのもあるけれど、少し左の踵が緩くて隙間がある。けれども全体のフィットは今まで味わったことがない柔らかさ。もう返りも十分ついている。そして羽根がほぼ閉じる。これは判断に迷ったけれども、既にソールは前のオーナーの形に沈んじゃって、閉じざるをえないのでしょう、と思いました。ワイズがEなので、これがDだったらもっと良かったかもしれない。靴を履いたまま、小一時間フランスのヴィンテージ靴事情と日本のインポート靴の高すぎる価格設定の話をしながら歩いたり座ったりして、問題ないと判断して買うことにしました。

R0011382.jpg
ソールにはハーフラバーが貼ってあり、さらに爪先にはスティールが打ってありました。なのでソール本体は全く削れていません。

R0011380.jpg
左足サイドに削れた傷がある。

この靴の艶は眺めている分にはうっとりするほどなのですが、履いて鏡を見てみると靴がだけが浮いてしまう。当日ダークネイビーのスーツを着ていたから余計かもしれない。ぼくにとってはトゥマッチな艶が気になりました。全体的に素肌な感じにして、まず落ち着かせたい、その後好みの艶色へ。ユーズドという要因もありますがそのリセットを徹底的にという意味で可能ならば水洗いを施したいと思いました。かなりリスキーですが出来る限りフラットな状態にしたかった。最初は自分でやろうと思いましたが、ここはひとつプロの技を知りたいと思い、銀座のRESHへ依頼しました。

古いクリーム・ワックスを落して、リセットしてください。ミュージアムカーフっぽい斑は了承しているので出来る限り汚れっぽい所を綺麗にして仕上げていただけると嬉しいです、と要望しました。そして恐る恐る水洗いした方がいいですかね?と聞くと、前のオーナーの汗なども落とせるのでお勧めです、ただ若干色が濃くなりますのでご了承をお願いしますとのこと。水に濡れてある程度、濃くなるのは構わないし、初めから決めていた節もあるのでそのままお願いしました。それにしてもセイムール廃番なんですよねと黄昏たり、おそらくミュージアムカーフですねとひとり呟いているスタッフの方が印象的でした。なかなか話が面白くしばしジョンロブについて談笑しました。若干踵が緩いんですよとぼくが言うと、あくまで私見ですけどエドワードグリーンよりジョンロブは踵が甘い印象ですと。

出来上がりは次のエントリーで。


Shoes England | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/29 (Sun) Blind Brogue Shoes


Adelaideという意匠が好きです。G.J.Cleverley

ネイビースーツの時に履いています。
購入したのは丸の内は丸ビルのBEAMSでした。もう2009年のこんな年の瀬だったと思います。サイズが無くて取り寄せてもらおうと思ったら、キャンセル待ちでした。あまり期待しないで待っていると、2週間後位に、つまり年明けに運よくキャンセルになりましたのでご来店お待ちしていますとの電話があり、翌日仕事を5時で切り上げて向かった懐かしい思い出があります。

ブラインドブローグという控えめだけれどもちょっとした主張があるというところが気に入っています。このジョージクレバリー、ワイズはEなのに結構狭いという印象です。

今回、Aldenのシガー用に買い求めたWolyワックスクリームのダークブラウンを使ってみました。これが良かった。補色効果があります。そして艶も出ます。


R0011334.jpg
before 左の(右足)つま先の色ムラが

R0011349.jpg
after まだ若干ムラがありますがだいぶ綺麗になりました。そして右(左足)のつま先内側には何処かにぶつけて大きな傷をつけてしまいました。

実はこの色ムラには下記のような原因がありました。


購入して1年くらいの或る日、布きれか何かをこの靴の上に置いておきました。その布の一部分が濡れているとは知らずに。翌日、その布を取ると爪先が黒ずんでしまいました。シミに気づいたときは原因が布が濡れていたとはわからずに、何ですかこれは!と焦って、まずはステインリムーバーを使ってみたけど、改善されず。その後よせばいいのにクリームを塗り重ねたりしましたが一向に改善されないので、爪先だけ黒のワックスで濃くして目立たないようにしてやり過ごしていました。たぶん放っておくか、全体を濡らすというのが正しい対応だったのかなと今は思います。

最近、ワックスを落とすのにステインリムーバーを使ってみると、爪先の色が抜けて薄い茶色になってきました。普段、他の靴でステインリムーバー使ってもあんまりワックスも色もここまで抜けないと感じるのに不思議だなぁと思い、今度はクリームを入れてみると、もの凄く良く言うとアンティークフィニッシュという感じに仕上がりました、それも右足だけ。なので基本的につま先は黒のワックスで両足同じようにしてなるべく目立たなくさせていました。

そこで今回、試しにWoly使ってみると、いい結果になりました。よかった。

R0011356.jpg

Shoes England | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。