--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/04/24 (Fri) 20140424 Mansfield Full Brogue

ひとつきあいてしまいました。

仕入れては購っていただくの繰り返し

こんな本あったのね
新ジャンル発見
あっ、この本はあのお客様が喜びそう

などなど枚挙に暇はございませんが、売れるとは限らない、ギャンブル性もある仕入れ。

やってもやっても終わりが無い仕事。やることが次から次へと出てくる。最高に楽しいです。

というわけで先日目出度く四十路を迎えた私は妻から恒例の本のプレゼント。
LAST issue06 (2014/4)

これに古靴特集がありました。先だってお客さまから高円寺のWHISTLERに行くべしと教示を受けていましたが、この本でさらに後押しされて、ついに定休日にいってしまいました。

当初はグレインレザーの外羽ウィングチップを想定して、良いものがあったら買おうというくらいで、メインは中央線古本ツアーでした。
しかし、見事に高円寺で足止めを。その結果購入したものは

R0013079.jpg


「MANSFIELD」内羽根フルブローグです。このメイカーをぼくは初めて聞いたのですが、どうやらボストニアンが作っていたと聞きましたが、聞き間違えの可能性があります。なにしろ興奮しておりましたから。
メイカーの名前による安心というのは勿論ありますが、今回は己の眼を信ずることにいたしました。革質・フォルム・そしてサイジングがパーフェクトでした。そしてなによりコンディションが二アミント。おそらく10回履いてない感じです。それは言い過ぎか。

R0013076.jpg


R0013077.jpg
インソールはレザーではないということでしょうか。

R0013078.jpg

ソールもヒールもあまり減っていません。


例のごとく散々迷いました。が、そうそう高円寺へ行ける時は少ないので考え直す時間を設けずに決断しました。それでも1時間以上いたでしょうか。

R0013074.jpg

このトゥに惚れ込みました。ラウンドのようなスクエアのような、CHURCH'Sの73ラストと言ったら言い過ぎかな。なんとなしにチゼル気味な印象もあります。

R0013075.jpg


その時に一緒に買ったBrooksBrothersの♯1ストライプタイ。

靴もタイもたまのご褒美には丁度いい価格でした。


そして今日の仕事終わりには白楽の古着屋Funny Faceさんへ
こちらでの購入物はBBのタイと一緒に次回!

スポンサーサイト

Shoes USA | trackback(0) | comment(2) |


2014/03/08 (Sat) NIKE ACG HALF BAKED

先日、「あのー、靴箱の山の隅にあるビニール袋は何ですか?」と家人から問い合わせがありました。

そこで現場に到着してみると、覚えのあるムラサキスポーツの袋とdiskunionの黒い袋が目につきました。

ユニオンにはデザートでもワラビーでもないクラークスの形容しがたいスエード靴、ムラサキのなかにはスニーカーが三足ありました。アディダスのめちゃくちゃ軽い擬エキゾチックレザー風のシルバーグレーのスニーカーやナイキのゴアテックス仕様のものなど出てきました。

さてビニール袋に入っていた三足
そのなかでも非常に気に入っていた一足。

R0011749.jpg
汚い靴ですみません。NIKE ACG HALF BAKED



学生のころはこのハーフベイクドとスエードテイストのエアモックを愛用していました。残念ながらエアモックはアッパーに穴が開いてしまい泣きながら処分。再販されたりしましたがタイミングが合わずに手に入れられなかった。



さてこのハーフベイクド、17,8年前になるはずですが当時どのように履いていたか全く記憶にございません。

R0011748.jpg



大学時代は最初高校時代からの流れでアニエスやAPCなどのフレンチが好きでした。そこから突如、身体の妙なところが覚醒してエスニックでトライバルで70'sサイケデリックな仲屋むげん堂的な服装になりました。その頃に買ったはずなので、ベルボトムのデニムとかに合わせていたかもしれない。だとすると、あれ、今考えるにそのスタイルは全く謎です。あんまりかっこよくない気がする。ただ温かくて歩きやすかった。


R0011751.jpg



この佇まい、カラーリングは好みなので捨てられない。格好いい。

しかし今なら何に合わせるか、もっとも不得意なスポーティーなアイテムなので結構難しい。次の出番まで今しばらく部屋の隅にいてもらいましょう。

Shoes USA | trackback(0) | comment(0) |


2014/01/09 (Thu) 続 はじめての個人輸入

R0011371.jpg


メイルを送ろうと意を決しました。意を決さなくてはならないほど英語と接する機会と離れています。

$10OFFクーポンはアディショナルセールとは併用できないかもしれない。そんなことが注意書きに書かれていた気もする。が、確認しようにも既にセールが終わっていて注意書きを見られない。アディショナルセールは既にセール品になっているものが対象。するとコードヴァンは対象ではないけれど、ブレスレットはオフ対象で、約7ドルオフのはず。併用できないなら10ドルオフを利用した方が得です。そこで一度メイルで聞いてみようと思い、意気込んだ年末。

EMAILの良さを無視して、なんとなくカスタマーセンターが稼働中の方が目に留まるのではと思い込み、まず調べたことは時差でした。EST、東部時間で14時間の時差。日本の方が進んでいる。そこで、簡単に2時間遡って、昼夜を逆転すればアメリカ現地時間になるということを学びました。そして、己の全スキルを投入して英作文。おそらく以下のように。


ブルクスブラザズのお客様相談室へ

26日に注文しました。楽しみです。
僕は聞きたい、2つの質問のことがありますです。
そのあのクーポンの$10オフ使えた確認した、有難う。コードヴァンは安くならない理解していた。
でもあれこれそれブレスレット15%オフがされない、どうした?駄目か?
そして、いつ出荷される予定があるかないかわかりますですか?
返事お待ちしています。よろしくお願いします。


ジャズLPのライナーをとばしとばし読むくらいで、普段は英語で書く機会が皆無に等しいので一苦労でした。ESTの昼間の11時ころに。

ところが、メイルの返事が来たのは6日後でした。返事来ないなぁとやきもきしていました。今回は年末年始と休日を挟んでしまった故かと思ったけど、同時に出荷もされていたので、出荷に合わせてのメイルだったのかもしれない。
そしてその返事とは、

遅れて誠に申し訳ございません、確かに$10OFFはされていますが、Additional 15%Offが適用されていないのを確認しました。しかしこちらから画面上の金額を操作できないので、出荷時にプライスアジャスメンいたします、と。
おおぉメイルしてよかった。無事にブレスレットが15%オフ!


以下は日本時間

2013年
12/26 注文が通りました。
12/29 セール価格になっていないと気づき、メイル。

2014年
1/4 メイルの返事と出荷案内とFedexのトラッキングによると 1/8着予定。
1/6 成田着。その後通関でストップ。携帯に着信有。
   コールセンターに連絡し、翌日の電話連絡と、平日は夜間しかいないため代行業者に夜間配達を頼むことに。
1/7 こちらから連絡し、課税の件を了承する。するとブレスレットが革ベルトとして申請されているので、
   ブレスレットだと申請し直してもらう。少々安くなり、その後カード番号を告げる。
1/8 無事着!

6日に電話に出られていれば、翌日配送だとして7日に受取れた。しかし流石のFedexはぼくが電話に出られないことを知っていたかのように1日ロスを含んで予定通りの到着でした。


R0011368.jpg

懸念のサイズは問題ありませんでした。よかった!踵は抜けない、嫌なあたりはない。若干甲が締まった感じがしますが、程よい感じ。それでもワイズCでいいくらいです。ものすごく柔らかい!以前に、実は古着屋で偶然にも履きこんだ8Eのラインドのオールデンローファーをこっそり試着したのですが、フィットは悪くなかった。けれどもそれとは感触が違う。その昔BBでサイズ8が無くて試着した7ハーフは爪先が当たっていた。その時無理して買わなくてよかった。サイズは8でセイーカーイ(クロコーチ風に)
重さを感じないです。素足で履いてみると、更に柔らかさを実感。若干ルーズフィットでしたので、まさにCワイズだったらさらに完璧でした。ただ靴下は着用の上で履くつもりですので十分許容範囲です。今後さらに柔らかくなり手放せなくなるであろうことが想像できます。

R0011374.jpg


残念ながらホーウィンのプリントは無し、ちょっと寂しい。左右の革質はどうなんだろう。黒だと分かりづらい。今のところ目立った差異は感じません。しかし履いてくうちにわかるのかもしれない。革の厚さは薄いです。それが柔らかさにつながるのだろうけど、ウールあるいはコットン勿論ツイードにせよ、生地は厚ければ厚いほど優れた生地と思い込んでいる節があるぼくには昔の肉厚のものをWEB上で見たりすると少し悲しい。
現在はもう牛も馬も羊も昔とは食べているものが違うから良い革も毛もは取れないという話を現地でとてもよく聞くと、懇意にしているUK古着屋のオーナーから聞きました。確かにそうなのかもしれない。しかし、ぼくが革製品、あるいはツイードを愛でるようになったのはここ7.8年、遅かったと嘆いても仕方ない、けれども今でも本物はあるはず。それは古着かもしれないし現行品かもしれない。長く愛せるものはあるはず。自分の眼を養いたい。不惑を前にそんな思いを今回の個人輸入で得ることが出来ました。

それからシューツリーをどうするか、情報を探そう。

あとはクレジットのセール差額分を引いたので確認してくださいとメイルが来たので、何日か後に反映されるであろう明細を確認するのみ。
そして楽しいコーディネートはまた次の機会に!

Shoes USA | trackback(0) | comment(6) |


2014/01/08 (Wed) はじめての個人輸入

新年明けましておめでとうございます。少々遅くなりました。

拙いブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様と沢山交流できたら嬉しいなと思っています。

今年は午年でございます。
靴、服飾に愛を注ぎいろいろ知りたくなると、馬に関わりののあるものが多いことに気づきます。
元々は馬具メイカーのHERMES、W&H Gidden、馬をモチーフにしているGUCCI、COACH。馬具に使用されるブライドルレザー。他にもいろいろあるでしょう。そして何といっても馬革そのものであります、コードヴァン。

とうとう手に入れました。BrooksBrothers unlined Penny Loafer

今回は個人輸入のお話をメインに。

R0011363.jpg


何年か前に日本のブルックスブラザーズでは取扱いが終了してしまいました。いずれ手に入れようと思っていて、延び延びになっていた結果、現在入手方法は現地アメリカへ行くか個人輸入しかありません。
アメリカに行く機会は今のところありません。
そして、個人輸入とはいっても、このところの円安でもう一昨年または昨年初頭のような円高によるうまみは全くない。けれども、アメリカでしか買えないものと方針を決めたらどうだろう。個人輸入に踏み切りました。


R0011373.jpg
BrooksBrothers unlined Penny Loafer Black

昨年11月頃、♯8、バーガンディを考えていました。しかし注文しようか迷っている間にマイサイズは在庫切れ。その後、本国にマイサイズの在庫がないか、そしてALDENシリーズは継続するのかという旨をメイル。しかし予想通りなにも返事無し。そして毎日のようにオンラインショッピングサイトを眺めていると、2週間ほど経ったある日、マイサイズ近辺が揃っている!「ブルックスブラザーズ マイ フレンド」(昨年末のダウンタウン笑ってはいけないの宇宙人風にお願いします)
願いが通じたと幸せに思い込み、これは即買わねばなるまいと思いつつ、アメリカでしか買えないと思われる以前より気になっていたものが一つあり、それをクリスマス後のセールで得るために、ひたすら待つ、只管打坐。ヒヤヒヤしながら過ごしました。

いよいよアディショナルオフセール当日、帰宅後に速攻でHPを開き、サイズ8Cのバーガンディを選択すると、
赤文字で「3月に発送」なんという無常で悲しい表示。青天の霹靂。一気に力が抜けました。
プルダウン表示でサイズは選べるようになっているのですが、選択すると「在庫有り発送できます」ではなく、プレオーダー的な感じになっていました。知らなかった。経験不足でした。

うーん、3月まで待つかとも思いましたが、すぐ手に入れたい病(S・T・I病)に罹ってしまったぼくは先ずは黒にしよう、その後に縁があればバーガンディ、と都合よく路線変更しました。ぼくの普段のコーディネートを考えると黒の方が使いやすいのはわかっていましたが、コードヴァンのバーガンディを持っていなかったので、コーディネートの幅が広がるはず、と当初は欲しかったのです。品薄感と強迫観念的に今しかないと。しかしながら、一つ懸念事項が。黒だと「在庫有り発送可」のサイズは8D。ワイズはCが良かったけど、これまでの浅いけれども多少は踏んできた経験値でDでも問題ない筈と思い、狙っていたブレスレットも合わせていよいよチェックアウト。

R0011367.jpg
Brooks Brothers×KIEL JAMES PATRICK Signature Tartan & Leather Bracelet


ブレスレット?このブログでは今までにないアイテムです。今回の予算は靴で精一杯だったのですが、送料約5000円かかるし、もう一つくらいと思い、
BrooksBrothers×KIEL JAMES PATRICKを選びました。このシリーズは昨夏くらいにちょっと話題になり、しっかり気になり注目していました。しかしBBの国内店舗では未見、知らないだけで即完売だったのかしらん。セレクトショップでBBとコラボレーションしていないものならば店頭で見ました。なかなかしっかりしたつくりでした。ブレスレットやリングは習慣がないのであまり着用しないのですが、ウィークエンドに合わせる時計が無い時があるのでちょっとしたアクセントになるかなと冒険してみました。といいつつ手持ちのものとのコーディネートはあまり考えずに、直感でコレと決めたので、飽きずに着け続けられればいいなぁと思っています。このブレスレットの詳細は後日に。


そして肝心のペニーローファーとチェックアウト後の顛末記は次回に。
案の定と言いますか、ぼくの認識不足か?ディスカウント価格がおかしいと気づきました。初めてBBのオンライン通販をしたのでその特典で$10OFFのクーポンを使いました。それは適用されているのですが、Additional15%OFFが反映されていない。

Shoes USA | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。