--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/07 (Mon) Black Fleece check vest

R0010713.jpg
Black Fleece cachemire Vest

軽井沢狂気のBF祭り 其の二

聞くところによると2008AWのもの。

R0010714.jpg


確かにその時期な気がする。ぼくが最も熱狂的に欲しかった時期。これもずっといいなぁーと思っていた。とうとう買えました。赤系のチェック、実は軽く黄色も入っている。
このシーズンのものは今より価格設定が高かかっただけあって、ものが良いと思っています。何となくですが生地感とか違うと思うのです。価格に引っ張られていますかね。USA生産に変わるまではITALY製だったと思います。

狂喜の80%オフ。まぁそれでも高いわ。
サイズ0。カシミア100%。とってもとってもしっとりしています。嗚呼、毛玉出来るんだろうか。そしてまたもや先物買い。南関東に住む限り、着るのは今年の秋からになりそうです。秋口にホワイトバックスか或いはネイビーとホワイトのコンビ靴、白のショートパンツに白シャツで合わせてももいいし、グレー系のジャケットを羽織り、デニムやグリーンのカラーパンツなど好さそう。グレー系はツイードしかないけど。ウールのカジュアルなグレーのジャケットも欲しくなってきた。

前から好きだったけど、2、3年くらい前から価格がぐっと下がって、さらにそれのセール価格なら手に入れられるようになり、いまごろやっぱいいなぁとトムブラウンづいてきた。ブラックフリースのラインは2007AWから5年くらい経ちます。意外と長く着れるような気がしてきた。どうしてかというと、やはりブルックスブラザーズというバックボーンありきだからでしょうか、芯がブレていないからでしょう。トラッドのマインドは感じます。そしてぼくは初期の頃のものが好みで、5年経った今でも欲しいと思うから。
勿論現行のものでもナイスなものはあると思います。主に定番的に展開しているグレーのスーツやポロカラーのシャツ、タイ、微妙なサイジングや色味の違いはありますが、やはり好いなぁと思います。それらはぼくには丁度好い。初期のスーツとか欲しいなぁ、勿論アウトレットでもすでにあまり残っていない。

さて次はタイ。

スポンサーサイト

Vest・Waistcoat | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/04 (Sun) オッドベスト Dunn&Co

R0010524.jpg


タッターソールのベストが好きです。

ベージュの生地に彩り鮮やかなチェック柄。このDunn&Coのは緑色と橙色のチェックです。一番欲しいのは赤色と黄色のチェックのものが欲しい。なかなか見つからない。透明感がありながらメタリックな質感の釦、これは素材は何でしょう。

R0010568.jpg     R0010569.jpg


背中のゴールドっぽい生地も気に入っています。
この背中側、修理の痕があります。2009年頃OLDHATで購入したのですが、値札のサイズ表記にサイズ38(元サイズ36)と記されていました。納得です。これ買って以来、お店にお邪魔してないなぁ。
異なる生地で幅を出しています。英国人のものを大事にする姿勢と良い加減の感覚。まぁジャケットの下に着るものだから背中は見えないし、人前でジャケットは脱がないでしょという前提の感覚が良くあらわされている。もちろん直すことも出来ます。でも着ていてそこまでルーズでもないし、何となく直さずにそのまま着ています。


R0010526.jpg



ベスト着る時ズボンのベルトは見えない方がすっきりしていて好みです。そしてものの本を参照するとそれが基本のようです。このベスト、最近の既製品のズボンだとベルトのラインが見えてしまいます。古着で見つけるベストは現行のズボンに合わせると、丈が短い。身幅に合わせたサイジング故なのか、それともその時代のズボンがハイウエストだからなのか。おそらく両方が原因でしょう。
ただハイウエストのズボンなんていま売って無い。サンローランとか最近ではウミットベナンとかやってそうだけど。まぁ程良い具合のウェスト位置なら問題なさそうだから、本格的に探そう。ただ現状、合わせたい手持ちのベージュ系統のズボンはローライズ。なので苦しいけど、見なかったことにして、ジャケット羽織って隠したりしています。

そういうわけで、ボタンダウンの白いシャツに合わせ、チノパンにエイコーンのトリッカーズという定番やりたいけど、ベストとズボンの間の隙間のシャツのたわみが何とも許せないので、良い具合のチノパン探しています。




Vest・Waistcoat | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/07 (Tue) 100ANIV HARRIS TWEED

R0010450.jpg
EDIFICE SIZE44 HARRISTWEED vest waistcoat gilet どれだ?

1月の最後の週に見つけたベスト。金ないのに見つけちゃったウェイストコート。HARRISTWEED100anivのロゴのもの記念に何か欲しいなぁと思っていたら見つけたジレ。

1週間、BEGGの真っ赤なマフラーと一緒にとり置いてもらいましたが、購入したのはこちらだけにしました。
30%OFF、もうちょっと安いと嬉しいんだけどなぁ、セール終盤だったし、と思いながら、まぁMADE IN JAPANというのも誇りに思うし、買うことしました。

サイズは44しか残ってなかったけどきつくなく丁度。スーツだと44は肩がきつくて、46だと身幅が合わなくて、はぁ~と悲しくなり、いつも迷う。ベストだと身体にフィット。よかった。ボタンが白くてライトな雰囲気を出せてよい。買ってよかった。バーガンディーのコーデュロイのパンツに合わせたり、チノパンでもいけた。ただ、肝心の手持ちのジャケットとはあまり相性が良くない。BLACKFLEECEのグレーの3パッチジャケットくらい、、、。

ジャケットとベストという組み合わせをぼくは自分のスタイルにしていきたい。なので何とかする。

しかし、このカラーリングのベスト見ると、ブラックフリース2007ファーストシーズンの赤系マドラスのベストを思い出す。

Vest・Waistcoat | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。