--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/31 (Thu) ぼくの茶色い鞄


Brief Case by TOMORROWLAND


ぼくは仕事でスーツを着ます。その時、靴はほとんど黒です。茶はなんだか抵抗があります。といいつつ、仕事用尾の茶靴はひとつ使用中で、もうひとつがオールソール待ちです。この状況が3年くらい続いています。しかし、そのひとつの為に、たったひとつの為に茶色の鞄が欲しくなる。
律義に茶靴の時は茶の鞄と合わせなくてもうまくいく時があります。例えばネイビーのスーツに茶靴を合わせる時、実はネイビーの鞄でもおかしくない。茶靴が嫌みなくさし色になる、とぼくは思う。それでもまぁ茶色の鞄の1つくらいは持っていたいなぁといやしい心。
でもあまり高いのものは買えない。ナイロンのFELISIはあまり好みじゃない。GLENROYALいいけど高い、ETTINGERもいいけど高いし、ごつすぎるなどなど思っていたとき、夏のクリアランス中で見つけてしまったのがトゥモローランドのオリジナルバッグ。

ぼくの予算は、まぁもし2万円以下。それで好い鞄、丈夫で長持ちで、余計なデザインが無くて、革製のものがもーし、あったら買ってもいい、やぶさかではない、あるわけない、よのなかそんなに甘くないよな、と思いながら、ふらふらしていたところ、予算より中途半端に高い金額。つまり非常に迷い始める価格でした。たしか30か40%OFFで2万円台半ば位だった。その月はカードで何か買っていて、カード切りたくなかったと記憶する。なのでカードでは買えない。単純に我慢、ザ・ガマン。ニコニコ現金決済のできる給料日までの二週間を祈るような気持ちで待つことに。まぁそれで売れちゃったら、しゃーない。と踏ん切りがつくものでした。そんこんなで二週間後、競争相手がいなかったので運良く買えました。今思うと。取り置きしてもらえば1週間は問題なく過ごせたのに。でも取り置きしても、買うかどうかほんとにわからんから、口に出して取り置いて下さいと言えなかった。


シンプルでいい。コバも念入りに仕上げてあって長持ちしそう。すべて革。シンプルで飽きなさそう。使ってから分かったのですが、薄く見えて、結構容量があり、500mlのペットボトルを入れても膨らまない。惜しむらくは金具の部分が小さいので、留めようとしたときにズレて、結構傷がつく。

いまでは買ってよかった、と言いたいところですが、案の定そこまで使っていない。やはり茶靴の出番があまりない。ということは、茶靴を買えばこれの出番が!と救いようのないスパイラル物欲が始まりそうなので、茶靴は見ないことにしています。

スポンサーサイト

Accessories,Bag&Goods | trackback(0) | comment(0) |


2012/05/30 (Wed) リボンベルト

R0010770.jpg


夏はリボンベルトとかキャンバス地のベルトが好いなぁとここ2、3年思っていて、去年1つ買いました。リボンベルトは無かった。けど、上の写真のものをBNアウトレットで。


白地にネイビーのラインが等配分で通ったキャンバス地もの。しかしこれが意外と合わせづらい。さらにXSを買ってしまったため、余りがあまりない。写真の半分くらいしか余らない。なのになぜ買ったか。アウトレットで安かったから、BBだったから、夏向けのベルトを何も持っていなかったから、とりあえずノーベルトで過ごしてきたここ数年の恨み辛みを晴らすべく買ってしまいました。ネイビーホワイトのコンビの靴だとうるさすぎる。合うのはホワイトバックスだけ。

うーんヴィヴィッドな方が使い易いのかなぁーと思いながら、先日、丸の内のBBに行った際、ぶらーとベルトコーナーを見渡していると、やはりイエローとかグリーンとかカラフルなものに目が行っていたけど、実はここはブラックだと!お店の方に勧められました。確かに!!考えると、春夏ジャケットはシアサッカーか黒白赤のチェックか、まだこちらで未紹介のグリーンの単色ジャケット。春夏の靴はホワイトバックス、ネイビーホワイトのコンビがメイン。そして通年使用の黒のコードバン。うん黒は良さそうだ。そんなわけで念願のリボンベルト手に入れようか考え直すかお悩み中。

Accessories,Bag&Goods | trackback(0) | comment(0) |


2012/05/29 (Tue) Stranglers 「black&white」

R0010769.jpg


ひっさびさにアナログレコードを買いました。今年の初レコードです。なんたること、随分と音楽と距離を置いていたものです。ジャズのレコード買いに行きたいなぁと思いつつ、なかなか行くことができなかった。
音楽聴いて久々に、ただ聴き流すのではなく音楽っていいなぁーという気持ちになりました。

パンク、ニューウェーヴというコーナーにあります。

ストラングラーズ

イギリスのインテリパンクバンドです。70年代後半から現在まで活躍しています。

このアルバム、なにしろベースがかっこいい。ベースラインがイかしてる。ブラックでファンキーなノリではないかっこよさ。ゴリギリとんがってなっています。
そして特筆すべきはMOOGと思われる、シンセサウンド。かなりグリグリとツマミいじってソロをとっています。狂気具合が抜群です。

アナログで買いました。盤がなんとマーブル模様。これもイカしている。

このマーブルはアメリカ限定版とのこと。実はUK盤が欲しかった。というのもぼくは変なこだわりがあります。それはアメリカのバンドはアメリカ盤。イギリスのバンドはイギリス盤で欲しいという偏執的なこだわりです。といいつつ、今回の例からもわかるように、そこまで厳密に縛ってはいないのですが気にするところなんです。

Music & Audio | trackback(0) | comment(0) |


2012/05/27 (Sun) 新橋古本市 20120526

R0010767.jpg

最終日に行ってまいりました。

とその前に昨日の格安スーツベストバイですが、少し読みました。なんと覆面調査したのは飯野高広氏。靴好きの方々の間では有名な『紳士靴を嗜む』でおなじみの方です。とても信頼度が高く思えます。じっくり読むのが楽しみです。

さて新橋古本市。
しめて1600円。楽しいお買い物でした。最終日だし何も残っていないかなぁとおもいきや、結構買ってしまいました。本棚探偵の影響大です。

新橋古本市は大学生時分から電車の中からよく見かけていた。しかし一度も行ったことはありませんでした。今回初です。

さてぼくがよく古本で買うのは、服飾関連、好きな作家の単行本、主に筒井康隆など、そしてここ2年くらいのぼくの流行、現代のではない古典的ミステリー。

今回、まんべんなく買えました。

筒井康隆『私説博物誌』これは中身がそのままでは読めないようになっていて、下側が袋とじになっている感じで、各ページをカットしなくてはならない。帯には完全フランス装になっているので各ページをカットしてくださいと。こんなことは文庫では知りえなかった。そして、買ったこの本、カットされていませんでした。

坂口安吾の角川文庫のシリーズ、これ集めています。『復員殺人事件』『暗い青春・魔の退屈』

本棚探偵からの影響、創元社推理文庫の日本探偵小説全集『大下宇陀児・角田喜久雄』『黒岩涙香・小酒井不木・甲賀三郎』昔は見向きもしなかった。

鮎川哲也『黒いトランク』これは知人に勧められた。鮎川を最初に読むなら、これをと。

江戸川乱歩『十字路』春陽堂 これも春陽堂の装丁が好きなので集めようかなと思っています。乱歩は今更ながらですが、面白い。黒い面が特に。とか言いつつ、人間椅子が収録されているのしか読んでないけれども、これからゆっくり読破する楽しみがあります。全集欲しいと言い出すのも時間の問題な気がしてきます。

横溝正史『犬神家の一族』角川文庫 改めて映画を観たいなぁと思っていて、原作も朧ながらにしか覚えていないので勢いで買いました。

夢野久作『押絵の奇蹟』角川文庫 これは見たことが無かったのでつい買ってしまいました。相変わらずあのタッチの装丁です。また同じ世界観なのでしょう、読むのが楽しみです。『ドグラ・マグラ』の映画観たいなぁ。

ガードナー、ルーカス、リンド、ミルン『たいした問題じゃないが イギリスコラム傑作選』岩波文庫  いわゆる衝動買いです。イギリス人のユーモアと皮肉のエッセイという解説。とすれば、読んでみたくなります。

ル・クレジオ『物質的恍惚』新潮社 クレジオの『調書』『発熱』に続いてぼくにとって3冊目。でも本当に一番読んでみたいのは『巨人たち』

dansen『男の服装術』1973・11刊 当時の国産舶来の時計、ライター、万年筆のお勧め品とその価格。ヤボに見せる30章、君はスーツを無駄に着こなしていないか、などなど。極めつけは、その時君ならどうする45のQAという特集。ビジネスに三つ揃えはおかしいか?結婚指輪を会社にしてゆくのはキザか?ショートカットはビジネスマン向きではないか?はたして何て答えるのでしょうか、今読んでも面白そうなので買いました。

読んで面白かったもの感銘を受けたものは随時書いてゆきます。

古本 | trackback(0) | comment(0) |


2012/05/26 (Sat) 格安スーツベストバイ by MONOQLO

business-pg.jpg
先日、丸善日本橋に行ったら目についた雑誌。こんな面白そうな特集のムックが出ていました。4月末に出版されていたのね。GW前。それにしても、一ヶ月っ経った今、これを目立つ所に置いてあるってことは、スーツ着る方々が多い立地で、売り上げは悪くないのでしょう。日本橋だからといって、お高いスーツばかりってことではないのね、日本橋は高級というぼくの勝手なイメージでした。

ぼくは一度だけスーツカンパニーで買ったことがあります。ただ、長持ちするか否か、その製品の良さが分かる前にたったワンシーズンで手放しました。アームホールがキツ過ぎました。試着の時はそんなに感じなかったのですが、サイズ選択のミスでした。この表紙には2カ月着てわかったとあります。さてどんな内容なのでしょう。

これは今読んでみたい、それなりに良いといわれるものを見てきた、許される限り買って着ています。かといって選別眼があるとか目利きであるという自信はないです。

ただ安くていいものはあるんじゃないかなーと思っています。なのでこれを週末読んでみようと思います。

新刊 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。