--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/09/30 (Sun) 松丸本舗主義

R0010811.jpg


これからもずーっとあるものだと思っていた。無くなってしまうとうつゆとも思わなかった。聞いて唖然とした。ぼくの知る最高の本屋。閉店の理由はこの本にも少し触れられている。マスコミでも報じられている。

R0010813.jpg30日の日曜は閉店の儀、サイン会もある。行きたかった。

R0010814.jpgこの厚さ40ミリ、なんと松丸本舗の棚と同じ厚さ。


無くなってしまうと聞いて、今週2回も行ってしまった。

はじめて行ったのはオープン時。町田康の本棚目当て。ぼくはいろんな本を読んでみたいという欲もあるのだけれども、好きになった作家の著作は勿論、その作家の好きな作家、本を追いかける。なので、町田康の棚はよく見に行った。そして、いろいろ買ってみた。

笙野頼子「だいにっほん、おんたこめいわく史」シリーズや多和田葉子。
司馬遼太郎「俄」、三島由紀夫「鏡子の家」、古典落語の本
などなど。その感想は別の機会に譲る。

そして肝心の松丸本舗の棚はどうなのかというと。はじめて行ったとき圧倒的だった。そしてひたすら圧倒的に圧倒される、圧倒されすぎて迷子になる。凄く疲れる。ぼくは近視だ。だから、隅々まで気になるものを棚見すると、棚読するとかなり近づかなくてはならない。なので疲れる。圧倒的と云ったのは、その情報量。それも未知の。分からな過ぎて迷子になる。身体が慣れるのに2,3周する。すると自分の趣味趣向に凝り固まりすぎた部分が緩和され、若干、本への間口が広がる。こんなのは実は面白いかもしれないなど、普段手に取らないものを観て見たり、あるいは不思議にぼんやりと見るべきものが見えてきて、こころの奥底に沈んでいた探していたキーワードが浮かび上がってくる。そうしたらしめたもの。その棚に釘付け。

ぼくの知る本は多分1割くらい。贔屓目に格好つけても2割くらいかな。まぁ、その程度。つまり横一列の棚に知っている本が1冊か2冊、あるいはゼロ!しかしここからの広がりが凄い濃い夢中にさせる。あれもこれも読みたくなる。読みたくさせる。その時は興味が無くて、ただの棚に並ぶ活字群でも、違う時に、すこし時間が経って行くと、ぼくにとって意味を持って浮かび上がってくる。だから、なおさら閉店が哀しい。もっと時間をつかって楽しみたかった。目が疲れるくらいの理由で疎遠にしていたのが悔やまれる。

関連付けられた棚は有機的に本と本を結びつけ、さらに本と人を結ぶ。

本と人を結ぶ。松丸本舗にはブックショップエディターという方々がいる。この方々は非常に本に詳しいらしい。そして有意義な時間を共に過ごせるらしい。なぜ、らしい、らしいと伝聞推定なのかと云うと、ぼくはその存在を知らなかった。いやマスコミの報道で着物を着た綺麗な方がいたりするのは知っていたが、それはイベントや講義・ワークショップの時にあらわれる存在だと思っていた。まさか本の購入の相談をしてくれるなんて知らなかった。嗚呼、いろいろ話をしてみたかった。今日買った『松丸本舗主義』と友人の報告でで知りました、その存在を。日本の中世の歴史が好きだという私の友人が経験した話によると相当詳しいらしい。その友人は最近まで松丸の存在を知らず、ついこの間知って、初めて行って大興奮したと言っていた。


実はぼくもこのブックショップエディター、お店によってはブックコンシェルジュというのだろうか、書店のこれからはこれがかなり重要だと思っている。

最後に購入したもの
松岡正剛「松丸本舗主義」牧野信一「ゼーロン・淡雪」安部公房「無関係な死」

ゼーロン・淡雪 他十一篇 (岩波文庫)ゼーロン・淡雪 他十一篇 (岩波文庫)
(1990/11/16)
牧野 信一

商品詳細を見る


牧野伸一は先日行ったときに、ボルヘスや筒井康隆、小松左京などが並ぶ棚にあった全く未知の作家。そうしたら今フェア中のやくしまるえつこの書棚にもあった。そして、彼女の奨める本が14冊あって、それが色んなところに隠されている、その14冊には図書館であるような貸出カードがついていて、その本を見つけて買った場合、その本をイメージして書かれたイラスト特製カードをプレゼントというフェアが開催されていた。なんと安部公房の本がそのうちの一冊だった。で、やくしまるえつこも未知の領域の楽しみだ。さっそく音を聞いてみようと思う。楽しみだ。


無関係な死・時の崖 (新潮文庫)無関係な死・時の崖 (新潮文庫)
(1974/05)
安部 公房

商品詳細を見る


R0010812.jpg

安部公房は筒井康隆と並んで好きな作家だ。そして「無関係な死」は以前文庫で持っていたが紛失。その貸出カードを見つけて、これかぁ!となんだか得し気分で嬉しかった。本当は安部公房辞典というようなタイトルのものを探していたのだけれども、カードに魅かれて、購入決定。そしてその足で先ほど云ったように、やくしまるえつこのコーナーに行って見た。そこには結構目を引く本が並べてあった。その中になんと牧野信一もあり、共通項を見出し、これもなんだか嬉しい気分になった。

レジでは知らないふりをしてしまった。なんかカード入ってたんですけどなんですか、とか言っちゃって。我ながらなんとも哀れだ。なんでそうなるのだろうか。たぶん思い出すにテレがあった。カードは入ってたよやったね!と云えなかった。懇切丁寧にフェアの内容を教えていただきました。ひみつの本、14冊のひみつの本。そして、ページを開くことなく貸出カードの存在を確認しなくとも、この本が該当の本だとわかっていた。凄いなぁ。
ちなみにお店の方曰く、このフェア28日から閉店までの3日間開催なんですが、すでに今日の朝(9月29日10時30頃)の時点ですでに10枚発見されてますと云っていた。
こういう宝探し的なイベントは好きなんだなぁと自分を再発見した。

スポンサーサイト

新刊 | trackback(0) | comment(0) |


2012/09/21 (Fri) COMME des GARCONS SEIGEN ONO

R0010809.jpg

そういえばと買ったのを思い出して、聴いてみました。やっぱイイ!!!ステージが目に浮かぶ。

二枚組でインダストリアルなビートやトライバルなビートにちょいと狂ったギターがのっていてかっこいい。もう一方はアコーディオンなんかフィーチャーされてる。といいますか、流して聴いてしまって、あんまよく覚えていない。なぜ流して聴いているか、なんとなくギャルソンのコレクションをイメージしながら聴いてしまって、音楽の方はぼくの想像上のコレクションの雰囲気作りに貢献しすぎてしまって、アー楽しかった、で終わってしまった。

このちょいと狂ったギター誰だと思ってクレジット見ると、アートリンゼイだった。さすが。なんかジョンゾーンなんかもクレジットされている。いわゆる現代音楽の匂いがします。

さてこの オノセイゲンと云うひとはぼくが昔よく読んでいた通称サンレコ、サウンド&レコーディングという雑誌にエンジニアとして音響のことをいろいろ連載していた。今もしているのかな。そこではSACDという、CDよりもより細かく録音できる媒体の音の良さをかなり推していた。このCDは彼のサイデラレコードというレーベルから発売されている。そして、数年前に二枚組をそれぞれ単品をSACDで販売していた。

そんなことはつゆ知らず当時高校生だったぼくがこのCDを知ったきっかけは、HMVだったかタワレコのbounceだったか、今では考えられないほど分厚いフリ一イシューの本!その新譜紹介コーナーでした。でも高くてCDは買えなかった、3500円。でもずーっとひっかかっていた。ただギャルソンと云う雰囲気が気になっていたのだと思う。ギャルソンの服持っているわけでもないのに。それから18年後に手に入れました。偶然中古屋で、これ昔欲しかったんだ!とはしゃぎました。そう10数年、頭の片隅にあった。それがいまから2年前くらいです。ちょうどぼくがギャルソンのことが気になり始めた時期。

今現在ぼくは20年前に欲しかったCDを聴きながらこれを書いています。そうして最近ギャルソンの服も実際買って着るようになってきた。

きっとギャルソンが醸し出すイメージが高校生のころからずーっっと身体のどこかに潜んでいた。この黒地に白が。高校生当時ギャルソンを買うとは思ってもいなかった。

ちなみに高校生の頃はアニエスベーが好きでした。修学旅行のお小遣いを旅行先で遣わずにとっておき、帰ってきたら、シャツを一枚など、今考えるともっと旅行を満喫した方が良かったのではないかと反省するようなことをしたのを思い出した。
ポールスミスも凄く好いなぁと思っていた、柄のシャツとか。けど、何故か買うチャンスが無かった。そのうちR・NEWBOLDというセカンドラインが出たけど、それも買うきっかけが無かった。その後、大学生になり古着にどっぷり、というか、ひたすら70年代のサイケ感を出したかった。なので当時現行のものには興味が全く湧かなかった。あれ、90年代の真ん中ってどんなのが流行っていたんだ。あっグランジか。

あれ、このCDが急にとまった。嗚呼ー、CDプレーヤーが壊れた。CDを認識しない。困った。

Music & Audio | trackback(0) | comment(0) |


2012/09/17 (Mon) 夏の帽子と奈良美智展

R0010800.jpg

今年の夏の暑かった。まだ残暑厳しくはありますが、そろそろ秋の色味を素材、そして長袖を着てゆきたいと今日思い、
横浜の奈良美智展 a bit like you and me
へ長袖を、ブラックフリースの長袖シャツを着て行きました。まぁ冷房かかってるだろうし、長袖で丁度だよといいきかせ。

ダメっだった。なめていた。暑かった、いまだ暑い、蒸す、暑すぎた。館内は確かに冷房で快適だったのですが、その前で、道中で撃沈でした。シャツも結局、終始腕まくり。挙句、美術館だしと実は調子に乗って格好つけて、ジャケットも手に持っていた。全く無用でございました。

おかげで帽子に汗で染みが出来てしまった。まぁ今までの累積汚れもあったのだろうけど、哀しい変色が。どこかと云うと頭皮の接地面。よくこの形の帽子で見かけるリボンが巻いてあるのところ。しかし、これはリボンのないタイプ。その為汗の染みが浮かび上がってよく見える。リボンなしで、縁が黒いのが気に入って買ったのに。よく見かけるあのリボンにはそういう汗染みを隠す意味もあったのかと感心。
家に帰ると水でぬらしたタオルでパンパンとたたいた。乾いたら直るといいなぁ。

これはDECENTAGES丸の内店で買いました。3年くらい前。
パナマ帽はいろんなところから出ているのですが、余計なことしていたり、色が好みで無かったりして、なかなか見つけられなかった。極めつけはぼくの頭の鉢が大きさです。その為にもしデザインで気に入っても買えない。センチメートルで云うと60cmは欲しい。そんなとき、以前グレンロイヤルの鞄を買ったお店、DECENTAGESで見かけました。パナマ帽は個体差があるとのことで同じLサイズが2つあったのですが、確かに片一方のフィット感が楽で、もう一方はきつく感じた。なので、無論楽な方にしました。


さて奈良美智展、
「under the hazy sky」 これは公式目録の表紙絵
「exit」 EXITと書かれた台の上に乗った女の子
「ルーシー」 でかい女の子のオブジェ
主にこの3つが気になりました。
ポップでキャッチーななかに引っかかるものがあるという印象を受けました。
なにが引っかかるのか、あの目や表情です。シリアスだったりシニカルだったり突き抜けていたり。

今回初めて見たので、ぼくにとってこれが奈良さんを観る基準となるのかなぁ。もうちょっと色んな作品を観て観たいなと思いました。

そして常設展にあったションベン小僧の男の子。男の子も書くのかーと意外でした。といいますが、奈良美智を見に行ったの初めてですので、勝手なイメージを持っていました。常設展のコーナーは写真を撮ることが出来たので、思わずこれだけ撮ってしまいました。

そろそろ夏物を片づけて秋へと向かいたい。

Hat | trackback(0) | comment(4) |


2012/09/16 (Sun) ブルックスブラザーズかも

気になっていたものを買いました。

何故なら、もうぼくのサイズはラスト一着だったから、それもトルソが着ているもの。あまり気にしないので、それをお願いした。無くなったといわれると欲しくなる俗物根性と云いますか卑しいなぁー、我ながら。雑誌に掲載されて問い合わせがすごいとのこと。ということは、知ってる人はあっ、あのシャツはと気づく。すると、ちょっと厭だなぁという自意識過剰ぶり。

サイズはS、これはエキストラスリムの14ハーフに相当とのこと。Mだと身幅、アームが余り過ぎていた。

R0010805.jpg

8月の頭くらいに店にブラっと寄ったら、目に付いた。あまりにBBらしく無い。けれどもBDシャツ。ボタンダウンだけど襟がちいさいクリフォードカラー。ぼくは今までカモの柄のものを買ったことが無かった。フェリージのカモ柄のバッグ良かった。PRADAのカモ柄トートバッグも好かった。どちらも買えなかったけど。しかしながら今回とうとうミリタリーテイストデビュー。さてどうしてくれようか。何に合わせるか考えてない。卑しさが先立って。でもそう云うのもたまにはいい。後から何に合わせるか考えるのも楽しい。

R0010804.jpg R0010808.jpg

裏地、ガセットにストライプの生地。こういうディテールはブラックフリースからの影響なんでしょう。
R0010807.jpg
JCREWよろしく襟の後ろに釦。エキストラだけど背ダーツのおかげで肩がきつくない。 


シアサッカーのパンツに合わせるのに、ここ2年くらいずーっとリバティ柄、あるいはペイズリー、もしくはバティックの濃いめの色のシャツを狙っています。毎年少し見るけど色合いが気に入らなかったり、柄が大きすぎたり、納得出来るものが無かった。が、今年はEDIFICEで良さげな色のものを見たので、それにしようかなと思っていた。が、また第一に欲しいものを買わずに寄り道してしまう体たらく。


一枚、本命のリバティ柄、あるいはペイズリー、もしくはバティックのシャツ柄が欲しい。いつになることやら。

Shirt&Tie | trackback(0) | comment(2) |


2012/09/10 (Mon) Golf Collar Shirt BrooksBrothers  

紆余曲折があり、とうとう決定されたと思っていたBBのシャツサイズ選び。まだ終わってなかった。しかし、この度ホントにひと段落いたしました、多分。BB以外のシャツに目を向ければ、まだまだ探究の余地はありますが。

R0010802.jpg

以前SLIMFITは14 1/2、EXTRASLIMFITは15を選んでいました。この選択で決定されたと思い込んでいました。が、今回エクストラスリムのノンアイロン、ゴルフカラーが発売されたので、
これを機にと、軽い気持ちで試しにエクストラスリムの14 1/2-32を試着してみました。背ダーツが無い分、若干肩がきつかったものの、あれ、何か好い感じじゃないか?問題ないんじゃいか?15の肩の感じと変わらない、と判断。

エクストラスリムのノンアイロンは背中のボックスプリーツが無い分、肩が窮屈に感じたので今まではサイズ15を決定としていました。なので、14ハーフにしたらもっと窮屈だろうと判断し、今まで試さなかった。ちゃんとお店の方の云う事を聞いて試しておけばよかった!

サイズ15、身幅がやはり余ります。ジャケット着るともたつく。このもたつきが気に入らない。今回エクストラスリムの14 1/2試した結果、かなりそのもたつきは解消される。試してよかった。
ゴルフカラーの生地は前回のオックス生地のものより薄いように感じました。なので余計窮屈を感じなかったのかも。ここまでサイズ感に対して繊細なのも困るけれども、大丈夫だったというのは良かった。身幅の感じはブラックフリースのサイズ0と同じ感じで良い。

ゴルフカラー、楽しみです。

そして、さらにBBで雑誌にも掲載されたのでどうしようかなと思っていたもの、とうとう買ってしまいました。
それについては次回。

Shirt&Tie | trackback(0) | comment(4) |


| TOP | next >>

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。