--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/05/31 (Fri) Y's×HUNTERの誘惑



まずい、欲しくなってきた。

HUNTER、いいなぁとは思っていた。でも先行して欲しいものがあるし、何時でも買えるかなと思っていた。

去年の冬にY'sとのダブルネームでブラックが発売されていた。家人とこのまえフラっとレディースのコーナー行ったらオリーブっぽいのがあった。聞くとチョコレートカラー。履き口とソールがブラックというツートンカラーがこのダブルネームの特徴。このツートンコンビがぼくのツボだった。このいやらしい差異がなければきっとしかるべきタイミングで通常のHUNTERを買っているでしょう。まずい兆候だ。
レディースだからサイズないと思っていたら、あった。これもまずい兆候だ。

勿論、軽く見る→軽い気持ちで履いてみる→確実に欲しくなっている。といういつものパターン。

でも履く時も場所もないでしょ、と思いつつ、ブーツとして晴れの日にも履いちゃえばいいんですよと天から声が。

たまたま着ていたサファリジャケットと相性がよかった。BARBOURとはコテコテデラックスでやりすぎかな。

今日はこれくらいして帰った。頑張って帰った。


手持ちの服で三ついい相性のものを見つけたら、購入を検討しよう。

スポンサーサイト

Shoes England | trackback(0) | comment(0) |


2013/05/24 (Fri) straw hat

R0011109.jpg

もう関東は梅雨入りらしいです。梅雨が明けるとあんまり好きではない夏です。

気に入ってここ何年か夏にかぶっていたパナマ帽はどういう経緯であったか忘れましたが家人に奪われました。

なのでどうしても帽子が欲しかった。ぼくにとって定番のキャスケットではない帽子が。

そんなことを考えていると、日本通りにあるいつものブリティッシュぶりぶりな古着屋「RISINGSUN」から、買い付け行ってきましたというお便りが。そんなわけで、行ってみました。

3ピースのいいスーツがあった。(またスリーピースか!)勿論冬ものだ。ただし色は黒。悩む。ただ近頃黒いスーツ好いかなとか思っている。

好いプレーントゥの靴があった。(また靴か!)これはコンディションがいい。ヴィンテージスティールも装着済み。


括弧内の心中での突っ込みに我乍ら苦笑しつつ、今回は諸事情でパス。まぁ諸事情とはずばりお金である。

そんななか、ふと視線に入ったこの帽子。パナマのように細かい繊維ではなく、太いストロー素材のハットを発見。

三種類ほどありました。色味とサイズがすべて違う。おまけにハンドメイドゆえかサイズ表記とフィット感、一致しない。表記は無視して色味と見え方で決めました。オーナーとあーだこーだいいながら、そんなひとときがたのしい。
色味、サイジング、前や後ろの見え方。オーナーのアドバイスとぼくの意見と一致。そして諸事情を気にしなくていいリーズナブルなプライス。久々に考え直す時間を作らず決定。

R0011106.jpg

後頭部のこの直線がいい!このツバの白いトリミングがいい!リボンもシンプルでいい!

R0011105.jpg


かなり深い作りになっていて、背が高いです。一歩間違えると麦わら帽子となる素材だが、先ほど述べたディテールのナイスなバランスで、力の抜けたでもだらしなくない夏を過ごせそうです。

男の白パナマハットはやはり、煎じ詰めるとスーツスタイルもっというとリネンの白にしか合わない。むしろ女の子のほうが上手くなんにでも合わせられる。そこでこういうストロウ素材は使いやすいですよ、とオーナーからのお話。たしかに!そーなんです。ふむふむと思いました。ぼくも夏にパナマ帽かぶるときは無理やりクソ暑いのにリネンの千鳥格子のジャケットかシアサッカーのジャケット着ていました。しかし、何だか違うなぁとは思っていました。ちょっと畏まりすぎるのかな。

このストロウならジャケットにも畏まらずに合わせられるし、シャツ一枚でもいけそうだ。そして今の時期なら、すばりサファリジャケットです。いままでキャスケットを合わせていたけど、ようやくサファリジャケットに合うハットを見つけられた。

Hat | trackback(0) | comment(0) |


2013/05/19 (Sun) BROOKSBROTHERS Flat Iron Shop

660x547xbbfsyokohama20130.jpg

BROOKS BROTHERS FLAT IRON SHOP FLAGSHIP


これであまり好みではない新宿伊勢丹メンズ館、通称イセメンに行かなくて済む。去年の夏に出来て以来まぁ行きたいなぁと思いつつ、オープンしてからは行ってなかった。行ってないからわからないんですが、なんとなくラルフローレンっぽいなぁと。

BBのカジュアルに焦点を当てたフラットアイアンショップ、本国アメリカでは2011年にオープン。日本では伊勢丹新宿など4店舗のようです。最近ではレッドフリースと呼ばれるタグのものを主に展開している。勿論このレッドフリーズは通常の店舗でも一部を見かける。

そんなBROOKSBROTHERS Flat Iron Shopが6月に横浜でオープン。さらにフラッグシップ店。横浜のみなとみらい地区なら近いのでとても行きやすい。

なんか横浜美術館の先で工事しているなぁと思った。そこには189店舗が入る地下4F地上6Fという「MARK IS」(マークイズ)という商業施設が完成し、その1Fに出店する模様です。

他にざっと気になる店舗を、と思ったけどこれといって目を引くものはありませんでした。金子眼鏡とBshopくらいでしょうか、横浜くりこ庵っていうタイヤキ屋は美味しい。

雑感・思惑 | trackback(0) | comment(0) |


2013/05/18 (Sat) 小路幸也『東京バンドワゴン フロム・ミー・トゥ・ユー』


フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン)フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン)
(2013/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る


今年もこの季節がやってきました。毎年四月末に発売される小路幸也氏の東京バンドワゴンシリーズ。毎年発売されてすぐ買うこのシリーズ。といっても、もう五月。何故か、それは五月に有楽町の三省堂書店でサイン会があるというのでそれまでお預けにしました。読むことでぼくを楽しくしてくれる著者には一度会っておかなくてはならない。というわけで、会ってきました。


かっこよかった。タイドアップしたベージュのスーツ姿だった。長めの髪とよく合っていていい雰囲気だった。
握手してもらい、毎年楽しみにしていますと伝えることができた。為書はぼくと妻の名前を書いてもらった。そこにいるんですと妻の存在を詳らかにすると当日のサプライズプレゼントとして用意された紙袋を、それじゃ二つ、と言って頂けた。嬉しかった。

R0011104.jpg


この紙袋何に使うか全くもって想像がつかないので取りあえず飾っています。ぼくにとってはひと時話題になったジルサンダーの紙袋より価値がある。


さて肝心の内容はいままで出てきた魅力的な人たちの知られざる事柄。スピンオフです。我南人のあのしゃべり方の秘密や、秋実さんの生い立ち、紺と亜美の出会いなどなど盛りだくさん。サイン会後、夜中に家に帰って、今日は一篇だけと決めても、うっかり二三篇読んでしまった。結局は翌日の午前中に読破してしまいました。


ぼくは例年このシリーズの新刊が出ると既刊すべてを何日かかけて読み直して、ああぁあれはそうだったなどと楽しむのですが、今年は出来なかった。今作で八弾目!さすがに読み返せなかった。気になって読み返したいところがいくつかあったのですが、此れだけ出てくると体力的に若くないなぁと実感した。でも夏にやろうかなと思っています。

R0011080.jpg
例年、書店で買う署名本と感じが違って、勢いがあります。とか偉そうにいって、おほほ。

新刊 | trackback(0) | comment(0) |


2013/05/17 (Fri) JIL SANDER unlined Cotton Jacket


JIL SANDER 2013SS COTTON 2B JACKET  


というわけで手に入れたネイビーの軽めの春夏ジャケット。

見事に何の変哲もないコットンジャケット。ガーメントダイがかかっているのでアタリが出ていい感じに。

細めのラペルに長めの袖丈。そして何より着ると綺麗なライン。着ている人間のスタイルをもれなく3割増しにしてくれる。流石はジルサンダーというカットです。

唯一変わっているのは胸ポケット
R0011076.jpg
アタリは見える。けど、そう、穴は

R0011077.jpg
裏側に。真実は眼に映るとは限らない、と聞いたことがあります。

ぼくはジャケットを選ぶ際、総裏というのにこだわる。理由は何となくその方が構築的で立体的な気がするから。しかしこれは裏地無し。ラペルのハザシなど皆無。にも拘らず着てみると3割増しの流麗なシルエット。これ以外にもドリスバンノッテンやエンジニアガーメント、カラー等々試着してみましたが、迷わずに、考える時間なしにこれに決定でした。ただ色がこのネイビーとチャコールグレーがありました。もう少し明るいグレーだときっと迷っていたことでしょう。

さて冒頭でも言いましたが、袖が長い。ジルサンダーいつもそう。テイラードはいつもそう。とか言って1着しか持ってないけど、ぼくの持っているブラウンのコーディロイも同じサイズ44で袖が長い。
このジャケットも袖が長い。ただしいつも付くものがない。

R0011078.jpg

ボタンがない。本切羽か飾りか迷う余地なし。これは先日手に入れたBBのマドラス柄が裏に入ったものを着て袖をめくってみようと思います。やるかなー、ベタなのでちょっと難度が高い気もします。


いずれにしてもこれで、シャツをを思いっきり飛ばして好きなの選んでも受け皿あるので目出度し。

Jacket | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。