--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/03/24 (Tue) GROUND Y YOHJI YAMAMOTO  貧すれば鈍す


三十代最後の三月に永い間名前だけは知ってはいたけれどもなかなか手を出せずにいたものを購入いたしました。



R0013071.jpg

ぼくにとっては渋い大人が着るものと思い続けていました。二十代の頃はお店の前を通っても、店構え、店員の方々に圧倒され敷居が高かった。そして着ても似合わないだろうと思っていたのです。そんなことを感じつつ幾十年の月日が流れ、ヒッピーテイストになり、まったく服に構わない時期を経て、そしてトラッドに傾倒し、ここにたどり着きました。

モノトーンでシックな装いをいつもされているTweedBooksへ来てくださるお客様。その方とは以前から音楽の話や装いの話でいつも楽しい時間を過ごしていました。そんな何回目かのご来店の際に山本耀司のお話になり、俄然ぼくのなかでYOHJI YAMAMOTOが盛り上がってしまいました。何故「着ても似合わないだろう」という思いから「着たい」と思ったか?
それは上述のようなことをお客さんに述べたのち、
「ヨウジの服は、ジャケットやコートは後姿が格好いいのです。後姿は見えないでしょ?だから自分が似合うか悩むのはあまり関係ないのです。気に入った服を着ればいいのです」という答えからでした。そんな考えを持ち、格好よくヨウジを着こなしているお客様から影響を受けました。なのでまずは着てみようと決めました。

というわけで、早速試すチャンスが。御殿場のアウトレットへ。それは前々から母の誕生日プレゼントを買いに行こうと妻と母と決めていた日が偶然にそのような話をした翌日だったのです。それに富士山を見られますし、御殿場線からの風景も好きですし。結果、足利駅で桜も見られたし。

ぼくのイメージするヨウジ、それは白いシャツとソリッドなあるいは生地感豊かな黒の上下。またはたっぷりしたコート。黒白コントラストと若干ルーズだけれども美しいシルエット、そしてドレープ。

買う買わないは置いておいて、試着して世界観を味わいたかったぼくはそんなわけで、まずは黒のセットアップを着てみたかったのですが、生憎パンツの在庫がありませんでした。そしてジャケットも幾つか着てみたが、サイズがそれぞれ一点ずつしかなくていまいちサイズ感がつかめませんでした。そこで、急に思い立ちコートはないですか?と聞くと。バックヤードから出てたのがこれです。ちょうど入ってきたばかりというものでした。

R0013070.jpg


まったくもって黒ではない。相変わらずぼくの好みはきわどい気がしてなりません。安心のトラッドとモードの両方が好きなのです。
コットン100%、織り柄です。光によってブルーブラックだったり、非常に濃いモスグリーンだったり。妻に聞くとどう見てもグリーン系。どうやらぼくの眼はおかしいらしい。
着てみると想像通りのシルエット。生地をたっぷり使ったゆとりあるAライン。ダブルのトレンチタイプ。そしてサイズはいわMとのこと、これが正解のサイズかどうかはわからない。ほんの少し肩が余っている。
でも羽織った途端コレだと思いました。僕の想像するヨウジのシルエット。大げさすぎないたっぷりしたシルエット。表記は3。他のサイズと比べようがない。これがアウトレットで未知のブランド・メーカーを買う時の痛いところ。一度プロパーに行くべきだったけど、このサイズが正解だった場合、また以前のように近日中に再来店することは簡単には叶わない。まぁプロパー店に行っても同じ商品はないので、いまやどうしようもないのですが。
もう一つ出してもらったのは同生地のシャツタイプの長いコート、こちらはかなり身幅も絞ってありタイトなシルエット、非常にモダンですが今の気分ではありませんでした。
サイジングについて聞くと、ヨウジの顧客は商品によってSにしたりMにしたりとバラバラです、との回答。
うん、そりゃそうだ。

やはりベーシックに黒のジャケット、セットアップを最初に買うべきか。
10年着られるか。
ボタンは廉価なタイプだけれども後で替えればいいか、でも面倒がって替えないだろうな。
シルエットは最高だ。しかしできれば他のサイズも試してみたい。でも着た時にコレだ!と感じた。

自問自答の末、結論しました。己の直感に委ねる。最初に袖を通したときに、久々にピンときたのでした。
なぜかただ試着したかっただけだったのに、あと経済の問題だなと考えるように至りました。恐ろしいヨウジパワーです。半額&10%OFF DAYで、ヨウジヤマモトのコレクションラインではないので、思ったよりは安かった。が、がである、今のぼくには優しくない、舞台 OF 清水まではいかないけれどもいいお値段。

そこで妻より「四十歳の記念に買えばいいんだよ」
と分かるような分からない殺し文句を。
そしてぼくは「貧すれば鈍す」と言い聞かせました。

というわけで妙な背中の後押しと自己暗示で買ってしまいました。頑張って稼ぎますよ。

「GROUND Y」 というもので、コレクションラインではない若者向けのラインとのことです。さきほどネットで調べると、なにやらエヴァンゲリオンのTシャーツを出していたり、なかなかよくわからない。お店もパルコにあるとのことで、ますます若者向けだ。よかったのでしょうか、そんな若者向けのものを買って。ヨウジがどれくらい関わっているかもわかりません。

しかし、久しぶりに熟考をせずに直感に従って買い物しました。


R0013072.jpg



R0013073.jpg

うん、ちょっと派手な気がしてきました。
しかし、四十前にしてようやくヨウジヤマモトの片鱗に触れることが出来たと喜んでいます。

スポンサーサイト

Coat | trackback(0) | comment(0) |


2015/03/18 (Wed) 20150315 今年初のみちくさ市

IMG_0803.jpg


今日は温かく、ジャケット一枚で出勤。良い季節です。

先日は表題の通り今年初のみちくさ市でした。今回も遠方の方とお知り合いになれたり、いつものメンバーとお話しできたりと、関係者のみなさま、商店街のみなさま、店主のみなさま、お客様のお蔭で楽しい一日となりました。ありがとうございました。

お馴染のキク薬局さんの前をお借りしての古本フリマ。キク薬局組長は忙しかったので今回は靴談義は出来ませんでした。友人たちが遠路はるばる来てくれて、感謝でございます。わざわざ僕が好きなテイストの古着ワンピースを着て来てくれ、目のやり場に困ります。かたや、もう一人の友人は、というよりもう落ち着きとやんちゃ具合を兼ね備えた師でる彼は大層古本フリマというイベントを気に入ってくれて、次回は出てくれるかもしれません。非常に濃い読書歴を持つ方なので楽しみでなりません。

Attachment-1.jpeg
この写真はその落ち着きとほどよいやんちゃ具合を兼ね備えた友人がみちくさ市で撮ったものです。いったいどこに行ったのでしょうか。

開店と同時にブックカバーが4枚も売れて、幸先良いスタートでした。しかしながら売り上げは前回よりちょっと低かったでしょうか。

両隣が顔なじみの友人なので、気軽に店番をお願いして、あっちの箱こっちの箱とふらふらしてしまいました。
そのとき久々に、「見つけた時が買う時だ」を経験し、しょっぱい思いをしました。手に取ったら、そのまま保持しておけばいいものを、一度戻して思案して、再び取ろうとするとさっと他の方の手に取られてしまいました。あれは悔しかった。
どの箱も欲しい本が結構ありましたが、雲雀洞さんがTweedBooksに出してくれている古本箱から2冊ほど買うのを決めていたもので少々自粛。それでも小沼丹など数冊買いました。それらは次回のひとつき十冊で紹介できるでしょう。

その両隣であるドジブックスさんと雲雀洞さんはOZ magazineの今月号「横浜特集」を持参してくれて、一緒になって宣伝してくれました。嬉し恥ずかしいとはこのことです。ドーナッツブックスさんはスマホにダウンロードして、「すいません、これで割引があると聞いたのですが?」なーんて画面を見せながら言う始末で、皆さん面白すぎます。

帰りは雲雀洞さんに車で店まで送ってもらい古本箱の撤収。ドライブは久々で、途中でコンビニに寄ったり、何だか青春でした。目的の2冊カルペンティエール「春の祭典」とカスタネダ「呪術師と私」を無事に手に入れました。

NHKの取材が入り、みちくさ市の紹介と店主インタビューを受けていたドジブックスさんがバッチリ映っているのではないかと楽しみにしています。

IMG_0815.jpg

実はぼくも取材を受けました。真面目に真摯に答えたつもりですが、どうもしどろもどろで、そのしどろもどろさを実感することに反応し過ぎてその場しのぎの返事をしてしまいます。当意即妙とは程遠い。これはやはり緊張するものです。

古本 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。