FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/12/31 (Sun) 2017年

今年も皆様のおかげで年を越すことが出来そうです。ひとえにみなさまのお陰です。ご愛顧のほど誠に有難うございました。極めて危険な時期が二度ほどありましたが、なんとか踏ん張れました。重ね重ねになりますが誠に有難うございました。

昨年と比べてなんとか売り上げをささやかですが伸ばすことが出来ました。
しかし詳細を見ると下半期がよくなかった。ほぼ同じ時期に始めて今年閉めてしまった同業者、仲よくしているアパレルのご近所では一辺に数件も飲食店が閉めてしまったなどとも聞きました。おそらく天候の不順等いろいろ外的な要因はあるでしょうが、TweedBooksの場合は店の品ぞろえ、店に行きたいという動機を生じさせる本またはまた行きたいと思ってもらえる雰囲気がなかった、つまりまだまだ出来ることがあったと反省しております。それを踏まえて、といいますか結局できることは、読んでみたいと思うような本を集めるしかありません。そのためには私自身が沢山の本に触れていかなくてはなりません。斜陽業界と言われていますが、まだまだそれが出来るし、本の持つ魅力を信じております。余計なことには手を出さず、古本に注力して来年も気合を入れていく所存です。とかいって、来年早々、本ではないものを仕入れて販売しますが、基本は古本ベースでございます。

本は、昔読んで良かったという経験も含めて、その時に読んでどう感じるかはその時にその人が読見終えるまで分かりません。たとえ好きな作家、評論家、友人、知人が勧めていても、以下のようなことはあるのではないでしょうか。期待通りだった、外れだった、意外に良かった、やはり読んでよかった、思ったのと違った、後年もう一度読んでみたい、など色々な感想があるかと思います。
当たるか外れるかは読んでみるまで分かりません。そこが本のもつ沢山の魅力のひとつです。何気なく買った一冊が自分の今後を激烈に変えてしまうような大当たりだったり、すごく勧められて読んでみたら、無かったことにしようと。まったくの期待はずれだったり、書評を読んで思っていたのとは違ったけど、なんだこれいいじゃないですか、など。

というわけで、来てくださるお客さんのアンテナに引っかかりそうな本、わたしが思うアタリじゃないかと思われる本、世間の評が最大公約数的に定まっている本、逆に有名じゃないけど、いつも来て下さる方が手をとめそうな本エトセトラエトセトラ、これらを集めるしかないと今のところ考えております。それをやりつくして、はじめて次の一手がうてるのではないかと。そして、それをやりつくせることはないと思っていますので、まだまだ希望を持っています。これまでの紙文化に対し敬意を払わざるを得ません。


2017年もさまざまなことがありました。
全く驚くことに「JAPANESE DANDY MONOCHROME」という写真集に掲載していただいたり、そのながれで一生に一度しかないであろうインタビューを日本アパレルファッション協会さんから受けたり、自分の装いを見直すいい機会となりました。気に入っているスーツを記録に残すというのはただただ嬉しいものです。しかし、もうすこし工夫をすればよかったといつも思うのはわたしの癖です。
また渋谷のヒカリエで、現在一線で活躍しているデザイナーや古着屋の方々と出店しました。これは刺激的でした。どういった本からインスピレーションを受けているのか、どういった考えで服飾業界に身を置いているのか、の一部を知ることが出来ました。
また、来年はと或るお店にポップアップで古本をひと月ほど並べていただけます。これは近々お知らせできるかと思います。そのお店で近年まれにみる、というか最近あまり服屋に行ってませんが、どうしようもなく欲しい服を見つけてしまいました。まぁその話はまたいずれ。
さらに年明け2月頃でしょうか、神奈川の仲良くしている古本屋と協同でやることがあります。古本屋をまわることが好きな方は楽しみにしていてください。

最後に今年買った服は
夏にリネンのミディアムブラウン2タックパンツ(Brooks Brothers)
冬にベージュのハリントンジャケット(BARACUTA G9)と
黒と灰色のヘリンボーン生地のツイード2タックパンツ(BURBURY)

すべて古着。

数年前と比べてなんて慎ましやかな買い物でしょう。
いま、近年まれにみるひとつ心穏やかでなく迷い迷われカーニバルな服(2017AW新作)に悩まされております。

それではみなさま、よいお年をお迎えください。

スポンサーサイト

雑感・思惑 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋 Tweed Books の備忘録

服飾と古本が人生の両輪です。

トラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

クラシカルスタイル、
それをツイストさせていきたいです


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

YOHIJI YAMAMOTOも好きです。



いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。