--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/04/26 (Thu) 東京バンドワゴン レディマドンナ

レディ・マドンナ 東京バンドワゴンレディ・マドンナ 東京バンドワゴン
(2012/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る


新刊書籍で必ず買うシリーズの1つ。小路幸也『東京バンドワゴン』

もう7作目です。毎年この季節に発売される。毎年決まった時期に発売されるのを待ち焦がれる気持ち。これもエンターテイメントだと思います。こういうのっていいよなぁ。イベントでは無く出版物で。



ツイッターによるとサイン本があるようなので探して買います。前回、前々回、その前も有隣堂にありました。実は好きになったのは4作目から。

さてこれは下町の古本屋と喫茶店を営む大家族の話です。日常でのミステリーといいましょうか。義理と人情で心温め、クスッとするユーモア、笑いもある。それを生み出す様々な登場人物。それはそれはとにかく大人数なので、誰が誰だかわからなくなる恐れが喚起されます。1読目は結構こんがらがった。ぼくも最初はあれ、これは誰の息子だっけ、とかあれどっちがお兄さんだっけ、など記憶障害にかかりました。しかしこれは自然と作品の引力によって克服された。

第1作を読んで2、3作目と考え直す時間など無く即行で買い揃えました。そしてすぐ読みました。すごくよかった。愉快爽快な気分になった。いい人間関係を築いてゆきたいなぁと思った。そして、2作目を読むと1作目を再読。3作目を読むと1,2作目を再読とスパイラルしました。そういう不思議な力を持つ作品です。それは4作目まで続きました。前作と前々作からはスパイラル再読はしていません。なんだか新刊だけで感動をありがとう、明日からがんばります、イェイ、ビバ義理&人情、温かい人とのつながりっていいなぁ、胸一杯となってしまったから。そんなに何回も読めば、登場人物も身体にしみいります。すべてが愛すべきキャラクターになりました。

何しろ年に1回のことだから十分に前に出たものを再読して堪能出来ます。では今回は再読するかというと、多分読みます。5、6作目を。この2冊はまだ再読していないので。


あっちこっちのサイトで書かれていますが、とてもテレビドラマ化が望まれています。しかしながら、この本のファンはキャスティングに厳しいだろうなぁー、7作も続くとみんなそれれぞれ登場人物に思い入れがあるでしょうから。

ぼくは「LOVEだねぇ」が口癖の我南人というロッカーが好きです。この名前、著者の小路さんが生まれた時の名前の候補の一つだったそうです。この我南人、ぼくは忌野清志郎の演じてほしかったなぁ、今ならファンキー加減でブラザートム。

4月26日、雨

雨の中3軒も書店行脚してしまった。

サイン本を無事手に入れました。よかった。報われた。人ごみの中、軽くぼくは何してんだ、こんあに必死にと思いました。そこまでして欲しかったんだねー。

あると思った有隣堂ではなく違う有隣堂に。あとからツイッターをチェックしてみたら、そこがちゃんとツイットしてくれていた。お茶目な小路さんは300冊サインした中に署名の横にハートマークをつけたものを混ぜたらしいです。残念ながら、当たりのハートマークはなかった。けど満足。

関連記事
スポンサーサイト

新刊 | trackback(0) | comment(0) |


<<坂道のアポロン 完結 | TOP | Extra slim fit とSlim fitの微妙な違い BrooksBrothers >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/102-b9c717e0

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。