--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/02 (Wed) COMMEdesGARÇONS HOMME PLUS デビューか

チェーンのリサイクルショップで見つけてしまったジャケット。
とうとうデビューでしょうか、ギャルソン オム プリュス ever green.
JUNYAWATANABEは前回こちらで思い出を書いてみました。が、数多あるギャルソンの様々なラインをひとつもプロパーで買ったこと無いし、直営のお店にも行ったことが無い。ドーバーストリートに行きたいけど、混んでそうで、人混みが苦手なので、もうちょっとしたら行こうと考えていました。ギャルソンデビューの為に。ギャルソンは縁の無い存在かなぁと思っていたけど、どうもここ2.3年気になる。生粋のギャルソンファンの方々には何だか申し訳ないのですが、近頃にわかファンなのであります。あのPLAYのキャラクターなんか好い。

どうしてくれよう。ドーバー行く前に買っちゃうか。

コットン黒地でシルエットはベーシックなジャケット。その前身頃にスタッズを逆に打ちつけている、3列。
ちょいとネットで調べたら、ever greenというのは復刻してモダナイズしたものらしい。どうもこのスタッズ有名なものらしい。実はかなり昔にこれを銀座のRTで見かけた。重ね重ねになりますが、実はこの時、試着した。そして、実は気になっていた、しかし着る勇気が無く、これはステージで着たらかっこいいだろうなぁ、と呟き、お店の人と微笑みあった。妻も横で微笑。

あれから5年くらいたったでしょうか。このジャケットには衰えない力がある。それに驚いた。
どうもぼくのなかでスタッズがきている。
とりあえず着てみた。好い。サイズS。好い感じです。肩幅も身頃も丁度。これはクルーネックのTシャツのほうがいいなぁ。ここ5、6年、常時ジャケット着用して、その際必ずボタンダウンなどの襟付きシャツ、あるいはタートルネックを着用していましたが、ここで新たな好み発見しました。クルーネックでもいってみよう。目指せブリティッシュジェントルマンは何処。ちょっととっちらかり過ぎですが、気に入ってしまった。

さぁ、買うかどうするか。明日から4連休。そしてアウトレットに行く予定。なーんて思いながら、PENのギャルソン特集を読み返していたら、このジャケットに似ているのをNYのギャルソンのショップマネージャーが着ているスナップが。ファンキー!こりゃ影響されちまったな、考える時間は無いかもしれない。


関連記事
スポンサーサイト

Jacket | trackback(0) | comment(0) |


<<JBL | TOP | 初めてのJUNYA WATANABE MAN >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/107-40183f59

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。