--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/06 (Sun) BlackFleece Seersuker 其の一

軽井沢狂気の散財日記第一弾の前に



R0010722.jpg


BlackFleece Seersuker Jacket

ジャケットとパンツのセットアップでジャケットだけを持つのはぼくにとっては精神衛生上よろしくない。絶対セットで欲しくなる。バラで使いまわすとしても、セットで持っているとなんだか安心いう自己満足。実際はバラで着ることが多いのに。安心なんかいらねという強さ欲しいです。

昨年の6月位に、ブラックフリースのシアサッカージャケットを買いました。BBのミラノモデルでダブルのシアサッカーを勧められていて、凄くすごくよかった。けれども迷った末、ブラックフリースにしてしました。その時パンツも安く売っていた。買えなった。不可能だった。何故ならお金が無かったもので。
横浜のアウトレット、tomorrowlamdでたしか60%か70%OFFという快挙で買いました。それでも4万以上した。サイズが一点しか無くて迷ったけど、馴染みそうだったので購入。経験がものを云うようになってきた。いまでは窮屈さは微塵もありません。



R0010706.jpg  R0010707.jpg

チェンジポケット、これがぼくのなかではポイントが高い。そしてお約束の短い着丈。ラペルは細い。色は淡いグレー系、これも好い。多分2010SS。お直しは無し。ただ袖は未処理だったので、帰りがけにtomorrowlandに寄って本切羽二つ釦にするために預けました。
カジュアルに着るには最適。デニム、白いショートパンツ、グリーンやイエローのコットンパンツ、大活躍の予感でありました。そして去年ガンガン着た、と云いたいところだけど、暑くて二三回しか着なかった。そこを慮り、今年は今から着ています。そして軽井沢に着て行きました。

それでは狂気の散財 第一話

見つけてしまった。おパンツを。サイズ0。しかしジャケットは00なのです。まぁ試しに履いてみよう。うーんやはり少し太い気がした。見送りかなーと思いながら、裾を軽くセットしてもらう、太いダブルで、踝全開の感じで。あれ、好いんじゃないっすか。スタッフの方も、これはワンタックでもともと太めの仕様でして、このバランスで、ほんと初期のトムブラウンの感じでいいと思いますと。踝はもう少し隠すとして、トラッドに軽くアバンギャルドなテイストが入っていて好い。しかし念入りに、試しにジャケットで色違いのサイズ0があったので上下サイズ0を着てみた。かなり本家BBに近いサイジング。これはこれでベーシック。これを好むなら今回は見送り。ジャケットのみを今後カジュアルに着てゆく。

ぼくが持っているジャケット、サイズ00はいわゆるトムブラウン的ルックス。着丈は短いし、胸周り身幅はタイト。ところが0は正しいサイジング。

R0010717.jpg


妻が上下で着る時あるの?と素朴な疑問を呈す。確かに。
が、シアサッカー、なんとしも日常着として上下着こなしてこますと買いました。なんらな蝶タイしてみたい。そうするとどこが日常着なんだか。しかし休日に蝶タイ、あるいはタイドアップ好いじゃないんでしょうか、と最近思うようになりました。
裾上げはBBの一部店舗で出来るようなので、街のお直し屋ではなく、そこでお願いしようと思っています。出来上がったら、パンツの詳細を。

関連記事
スポンサーサイト

Jacket | trackback(0) | comment(0) |


<<Black Fleece check vest | TOP | 軽井沢アウトレット>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/110-ca4c0359

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。