--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/08/20 (Mon) 筒井康隆『ビアンカ・オーバースタディ』

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)
(2012/08/17)
筒井 康隆

商品詳細を見る



ファウスト連載時から気になっていた筒井康隆のラノベという文句のビアンカオーバースタディ。

単行本にやっとなると聞きそわそわしていた。注目すべきは筒井康隆にしてこの装丁である。さすが一流だ。本気のラノベだ。ラノベ読んだこと無いけれども。
装丁を事前に知っていたのですぐ見つかると高をくくっていた。が、この種もラノベ、萌え系が並んでいるコーナーは気恥ずかしくて、1分位しか居られなかった。3軒回って、結局見つけ出せずに、レジも混んでるし、店員もつかまえられなかったので聞き出せず。ビアンカオーバースタディと発声するのが気恥ずかしかったのも手伝って、いったん家に帰り、帰り道ではないけれども近所で最も大きい書店に電話で取り置きして、それをカウンターで買うということにした。まぁ電話でもビアンカオーバースタディと発声しなきゃならない、ということはうすうす感づいていた。受け取りの際もこの装丁のものを買うという気恥ずかしさがあるのはうすうすは感づいていた。

ぼくがよく仕事帰りに寄れる幾つかの書店ではラノベのコーナーにも日本文芸のコーナーにもなかった。いったいどこに並べていたのだろう。ちなみに近所の一番でかい書店でも店頭では見つけ出せなかった。そしておおきな勘違いをしていた。ノベルスサイズ、新書サイズと思いこんでいた。そりゃしっかりガン見しても見つけられなかったはずだ。実際は四六版を一回り小さくしたもの。

さて内容。(以下、ラノベ、その周辺をかなり誤解をしていますが、そのままにします。コメント欄で理解に至りました。2012年8月21日)

まさか!でした。これは面白い。何が面白いかと云うと、エロ本的要素とメタラノベ要素。筒井康隆もあとがきで述べている通り、エンタメ的に読むのとメタラノベ的に読むという二通りの読み方が出来ると。このあとがきはツイッターでも話題になりましたが、楽しいあとがきだ。


まず前者から、エロ本的要素、これはいわゆるラノベ要素と云っていいのでしょうか、というのもラノベって読んだことが無い。まぁとりあえず萌え要素と云うのでしょうか、美少女に対する萌えの描写。筒井康隆のエロい描写は昔から好きです。そしてそのエロいシーンでの登場人物の間抜けな台詞がとても面白かった。

後者はラノベを越えたところ、俯瞰したところ、一歩引いたところ、から読める面白さ。つまりここからラノベってこういう感じなんだなぁと想像できる。とかいってメタラノベの意味あまり分かってません。


広義のSF、つまり科学・生物学・遺伝子学等などが盛りまれ、専門用語や数値を出してくる。ただ立ち止まってみるとそこにリアリティがあるのかどうかはぼくは素人なので判断できないけれども、なんだか信憑性が高い様子で迫ってくる。たしかiPS細胞について書かれた新書の帯を書いてたはず。だから信憑性は意外と高いのではないだろうか、つまり結構生物学や遺伝子の勉強をしていそうだ。もしギャグの場合はもっとギャグって分かりやすいポイントを作ってくれる気がする。

さらにミニマル特有の少量の変化とそのループで表現される冒頭箇所や途中の箇所。ハッと思わせるような最後の章。楽しくって一晩で読んでしまいました。

だいぶ誤解がありました。的確なコメントを頂き、とても助かりました。ぜひともコメントご覧ください。

「ラノベ」「萌え」がどういうものか全く分かっていなかったので、その後続くぼくのコメントは誤解だらけ。

その指摘をしてもらい、メタラノベが何なのかよくわかりました。出来れば、ぼくのこんな勘違いコメントは消してしまいたいけれど、それも男らしくないと思いこのままにします。

関連記事
スポンサーサイト

新刊 | trackback(0) | comment(4) |


<<POPEYE LONDON 9月号 & The Sartorialist 2 | TOP | Church's Burwood S >>

comment











管理人のみ閲覧OK


ラノベについて 

>>エロ本的要素、これはいわゆるラノベ要素と云っていいのでしょうか

誤解があるみたいなので、ラノベの名誉と筒井作品のより深い理解のために一言添えておきます。

通常のライトノベルでは局部描写や精液描写などは禁止コードです(青少年が読む健全な読み物という建前があるためです)。にもかかわらず、筒井先生はあっさりと禁止コードを通過して描写している。「ライトノベルが本当に表現したいことはコレなんだろう?」という声が聞こえてきそうなほど、これ見よがしに性的描写をしています。それが「メタ・ラノベ」といえる理由の一つです。
 序盤の章冒頭で同じ文章が繰り返されますが、これも記述や内容・形式がパターン化された「ライトノベル」作品への皮肉だと考えられます。

 メタ・ラノベについては以上です。他にもいろいろあるようですが、ライトノベル読者ならば誰でもわかる部分は上記二つでしょう。

 あと、技術の信憑性については話半分に思っておくのがいいのかな、と思ってます。事実が半分、フィクションが半分、だと感じています。

2012/08/20 23:36 | とおりすがりLight [ 編集 ]


萌え要素について 

>>美少女に対する萌えの描写。
「萌え」の語義については諸説ありますが、本番行為は萌えから除外されるという点では一致しています。

ビアンカ・オーバースタディ内の描写でいうなれば、
・章冒頭の、一般生徒がビアンカにみとれる部分=一般生徒の萌え感情
・ビアンカが塩崎を抜く行為=「萌え」からは完全に除外される行為/感情

上記の知識があれば、ビアンカ・オーバースタディが如何に皮肉に満ちた作品であるかわかると思います。

2012/08/20 23:53 | とおりすがりLight [ 編集 ]


Re: ラノベについて 

とおりすがりLight 様

コメントありがとうございます。ぼくのつたない理解が助けられて、感謝いたします。

> 通常のライトノベルでは局部描写や精液描写などは禁止コードです

いわゆるラノベを読んだことが無かったのでとても助かりました。こういうことだったのですね。まったく誤解したまま年を取って行くところでした。

>  序盤の章冒頭で同じ文章が繰り返されますが、これも記述や内容・形式がパターン化された「ライトノベル」作品への皮肉だと考えられます。

『ダンシング・ヴァニティ』で使用したものを気に入って再利用したのかな?くらいと思っていました。同じことするは好まないだろうに何故だろうと思っていたところ、目からうろこが落ちました。

>  あと、技術の信憑性については話半分に思っておくのがいいのかな、と思ってます。事実が半分、フィクションが半分、だと感じています。

たしかに「もっともらしく」描写するのが面白いところです。

2012/08/21 19:59 | decoydecoydecoy [ 編集 ]


Re: 萌え要素について 

とおりすがりLight 様

再度コメント有難うございます。

> 美少女に対する萌えの描写。
> 「萌え」の語義については諸説ありますが、本番行為は萌えから除外されるという点では一致しています。

どうやらぼくは「萌え」とぼくの考える「エロ」を誤解し一緒くたにしていました。お恥ずかしい限りです。
皮肉に満ちた作品と云う、メタラノベと云う読み方が理解できました。ぼくは単にエンタメ的読み方だったようです。

2012/08/21 20:08 | decoydecoydecoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/161-1459e6b9

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。