--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/11/11 (Sun) Dr.Martens tricolour

R0010860.jpg

ブローグが好きでコンビが好きで、鬱々とする雨の日にも履けるラバーソール、そして英国製。欲しくなるに決まっています。見かけて、すぐ、買いたくなる。M・S・Kです。

BEAMS別注でたしか2009年か2010年の春に出てすぐ手に入れました。翌年、有楽町の4社合同セールで見かけたときは、ああぁ余っちゃったのね、と少々悲しかった。

マーチンといえば、ブラックの8ホールなどのブーツをよく見かけます。そしてそれと同じくらい見かけるのが、マーチン特有のチェリーといわれる色のブーツ。この外羽と履き口そして踵の部分はそのチェリーです、さらにブラックではなくネイビー。トリコロールです。当時、すでにブラックフリースのネイビー×ホワイトのウィングチップを持っていましたが、このチェリーの使い方とマーチンの方がシルエットがぷっくりしていて異なるもの、そして雨の日にもガシガシ履くことができる、ということで全然違うでしょ、と買うことに決めました。

R0010862.jpg


アメリカ式のかかとまでまっすぐ伸びるブローグ、ウイングチップ。意外とイギリスの靴でもこの意匠は見かけます。

サイズはいつもよりハーフ大きいUK8になります。なぜならマーチンはハーフサイズを作っていない。スニーカー感覚で履くと考えれば大き目でもよいし、それがマーチンの適した履き方だと思うのですが、いかんせん羽がばっちり閉じるくらいきっちり紐を締めないとフィット感が気持ち悪く足が疲れる。そのきっちり締まってる感が保てれば全く問題ない。のですが、当初、保てなくて難儀しました。それは純正のひもが解けやすかった。表面がつるつる滑る加工がしてあるのか、30分位歩くと解ける。これがものすごいストレスだった。なので紐を変えました。ちょうどLLOYDから送られた靴紐が余っていたので、それを流用しました。もっと早くやればよかった。全く解けません。でも変えたのは1年後、1年我慢した阿呆です。カスタムは大事。純正にこだわったというのではなく、ただの無精者。

R0010865.jpg

マーチンの特徴のソール。もう2、3年履いてますが踵も爪先も全くといっていいほど減らない。レザーとラバーを単純には比較できませんが、ぼくの休日用靴のレザーソールの爪先・ヒールの交換は1年以内に行われる。そう考えるとこれはほんとにすごい。
製法はグッドイヤーです。ソールを替えることは出来てもマーチンの同じものは出来ないと聞いています。しかし、この頑丈さはソールを替えることを視野に入れる必要は感じられません。

これは夏に、白のショートパンツとよく合わせていました。秋になると黒のジャケットに濃紺のデニム、ネイビーのコーデュロイ、意外にグリーンのパンツもいけます。ただベージュのチノパンはいけるかなと思ったけど難しかった。トムブラウンを参考にするとグレイのパンツは合うんだろうなぁと思います。
でもいま欲しいのは、ネイビーのプレーンなパンツ。

関連記事
スポンサーサイト

Shoes England | trackback(0) | comment(2) |


<<FREE &EASY 12月号 | TOP | ツイードパンツ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


青春のラバーソウル 

このウイングチップ覚えてますよ~!僕もdecoy さんと同様に「あんまり受けなかったのか…」と少しセンチメンタルな気持ちになったのを覚えてます。
やっぱりあらためて見ると、なんとも言えず良いな~と思います。マーチンは細かいとこを言うとツッコミどころ満載なのですが嫌いになれない何かがありますよね(笑)

僕が大学生だったころ、まだギリギリUK 製で、とりあえずロック好きならマーチン、みたいなノリで8ホールの白を買いました。今からするとリーズナブルですが、当時の貧乏学生の自分にしてはかなり高い買い物でしたねぇ…(しみじみ笑)結局フィッティングもロクにしないで買ったのでブカブカで合わず、たまに引っ張り出して、履いてはまた仕舞うというサイクルを繰り返してました^_^;最近会社のバイトの女の子にあげました。結局ブーツが苦手なのであんまり履かなかったですねぇ~。今の僕なら此方のような単靴のタイプを選ぶと思うのですが、当時は何が自分に合うのか、好きなのか、趣味主張すらロクに解ってなかった。マーチンを見ると青かった(今も青二才ですが)自分を思い出します(笑)

2012/11/14 21:20 | Ryo [ 編集 ]


Re: 青春のラバーソウル 

おおっ、覚えていらっしゃいますか!

そしてセール品見つけて同じ気持ちになるとは、なんとも同志を見つけてうれしい気分です。

確かにマーチンは突っ込みどころがありすぎます、でもこれは憎めないんです。やはり頑丈だし、雨にも負けないし、ギリギリのところで楽しませてくれる。なんともかわいげ、愛嬌がある感じです。

RYOさん!白の8ホール!選ぶそのノリ、大好きです。ロックスターです。8ホールの丈のブーツは結構難しいですよね、格好が限定されすぎてしまう気がします。それにしてもその女の子は幸せ者です。

ぼくの場合、大学生のころCLARKSが欲しくて欲しくて、毎日毎日半年くらい思いを募らせていたけど、結局買えなかったなぁーと思い出しました。高い靴を買って、家に帰り、ふと我に返ったとき、昔のこのことを思い出し、なんて贅沢になったんだとぼくは、と思い、ちょっと複雑な気分になります。その結果は、反省をして、ではなく完全に忘れて、尚も、あぁあれが欲しいこれが欲しいなどと戯けております。

2012/11/15 22:07 | decoydecoydecoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/177-7a2aea53

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。