--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/01/25 (Fri) Donegal Tweed Suit

R0011312.jpg


グレーはアメリカの色というイメージを持っています。というのもイギリスの重衣料、古着のジャケットなどでグレー系をあんまり見かけたことがない。なのでスーツで好みの色はグレー、それもミディアムからライトまで好きなもんで、自然とトムブラウンしかり、BB、BFにたどり着きます。もちろんアメリカのブランドでなくともグレーの生地はありますので、あくまで私見です。

さらにジャケットスーツパンツを選ぶとき、梳毛より紡毛をどうしても選んでしまう。このふたつの字面はわかりずらい、いまだに迷います。梳毛はさらっとした艶のある生地、ぼくの中ではソリッドなイメージ、ウーステッドと呼ばれます。紡毛はゴワッとした感じ、例えばブランネルやツイード、秋冬の生地というイメージで、ウーレンと呼ばれます。ただ梳毛(ウーステッド)のフラノがあったりややこしい。
ツルっとしてるかゴワっとしてるかの違いと今のところぼくは捉えています。これからもっとこの辺の知識は実物見て経験してゆきたい。このゴワッとした生地感が冬を感じさせます。装いが楽しめる冬が好きです。

R0011310.jpg



ぼくがいま必要なのはそんな秋冬限定の紡毛ではなく実用度の高いソリッドなそれもダークカラーの梳毛のスーツ。真夏直前まで着られるスーツ。実はそういうダークネイビーのものが今一着しかない。身体に合わなかったりしていろいろ処分してしまった結果、そういう事態を迎えることになりました。にもかかわらず、結局、実用度より好みを選んでしまった。それがこれです。

R0010970.jpg
Brooks Brothers MILANO Three Piece Suit

ミラノモデルのスリーピース。いわゆるBBのサックスーツとは対極にある細身の2つボタンジャケット、ラペルも細い。襟なしヴェスト。サイズは36SHT、肩はちょうど、にもかかわらず、身幅は丁度。どういうことかというと、ぼくの場合既製品で通常は肩が丁度だと身幅は太くなる傾向がある、ぼくの身体には。初めて既製品の、それもBBでジャストサイズ。シルエットはアメリカンではありません。イタリアンなのかなー、ミラノっていうくらいだし。そう考えると、あくまでアメリカンに徹してケンブリッジモデルでこの生地を使ってのスリーピースをパターンオーダーしたかったなぁとも思います。ただし同じことを考える方々はいらっしゃるようで、この記事パターンオーダー分は早めに完売だったようです。
生地はドネガルツイードとのこと。ぼくの持っているドネガルのコートとは違って軽くてモダンでライトな仕上がりです。ただしなやかさ、柔らかさは共通です。ドネガルって柔らかいのね。やはりネップが効いた霜降りは大好物。

ヘビーなツイードが好きなくせに、何だかグレー好きなぼくは気に入ってしまいました。以前このUAのソブリンで買った霜降り生地のスーツを持っていたけど、それはシルエットがどうしても気に入らず処分してしまった。しかし合わせたいネクタイがたくさんあり、いつかまたこの生地のスーツが欲しいなぁと思っていて、以来ずっと探していました。

今回はそんな来歴もあるけれども、きっとヴェスト付きっていうのも大きい。仕事用でスリーピースは初めてなんです。スリーピースを初めて見たのはたぶん西部警察の大門な気がしてなりません。ヘリコプターからライフルで狙いをつける大門、大門サングラスをかける大門です。
まぁそれは置いておいて、白いシャツに黒のウールタイあるいはネイビーや茶のソリッドタイ。ぼくの好きなスタイルです。

R0010973.jpg
裾は4.5cmダブルのノークッション。近頃はノークッションで仕上げることが多いのですが、それによってある事実が判明。やっぱり左右の足の長さが違った。効き足の右足は左に比べて靴下の見える面積が多い、気がする。
今回は様子を見てみることにした。これが着られない季節になったら差分を出してみようかなと思っています。今は兎にも角にも着用したい。

R0010974.jpg
パンツはノープリーツでミラノの細身なパターン。

R0010975.jpg
ヴェストは6cm詰めました。背中ではなく両脇を各3cm。そうしないと後ろ見頃の部分が極端に狭くなってみっともないとのことです。BBで最も細身のモデル、ミラノでもヴェストのパターンは従来のサックスーツ用のヴェストのパターンなので、ガンガンに詰めました。でも綺麗に仕上げてくれたので違和感はありません。

このスリーピース、惜しむらくはボタンが少しちゃちい。変えたいなぁ。こういう場合、いいボタンてどこで売っているのでしょう。

そして、次回もスリーピース。それは70年代の古着です。

関連記事
スポンサーサイト

Suit | trackback(0) | comment(2) |


<<British Tweed ThreePiece | TOP | Umit benan>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

確かに大門はスリーピースのイメージですよね(笑)
僕は中折れのソフト帽を見ると「探偵物語」の工藤ちゃんを思い出します…。
ほんと服装ってその人のキャラそのものを現すものですし、ないがしろに出来ないものだなと、しみじみ思います(笑)

ブルックスといえばやっぱりサックスーツのイメージですが、こんなモダンなラインもあるんですね~!以前おっしゃってたラインがこちらなのですね。
仕事でこんな素敵なスリーピースを着ていたら、その方と僕は間違いなく友達になりたいです(*^^*)(笑)あ、あと霜降り生地、僕も大好きですよー。

セールでかなり素敵な収穫されましたね!僕は地元のUAで、タイやチーフ、マフラーの小物類を少し買いました。これで満足と思ってましたが、今日の仕事帰り道で、地元のSHIPSでバブアーのオイルドコート(モデル名は不明ですが…)が半額だったので、ちょっと迷ってます…。でも欲しかったネイビーチェスター(かなり理想に近いもの)を購入したばかりなので我慢しなくてはですね…。我慢は大嫌いなのですが…(笑)

長々とすいませんでした(>_<)

2013/02/02 23:32 | Ryo [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

RYOさん、いつもありがとうございます!!!

工藤ちゃんいいですよねー、あの色づかい、シルエットはなかなかのキャラクターです。あぶない刑事ともども憧れです。

はじめブルックスからこのラインが出たときはなんか違うと思っていたのですが、モダンなシルエットを着るという選択肢の中では、ほかのセレクトショップのオリジナルなどとは違い、ぼくの場合、直しがパンツの裾だけというのが気に入っています。そして霜降り生地いいですよねー、それにもやられました。

RYOさんもセールで小物類を手に入れたようで羨ましいです。ぼくも小物類に力を入れたいのですが、いつも重衣料ばかりに目が行ってしまいます。ネイビーのチェスターいいですよね、ぼくもかなり重宝しています。

バブアー半額ですか!!!それはやばい、ぼくも欲しい、着ていくところないけど。一時期本当に迷ったんですが、オイルの香が移りそうで保管場所とか考えるとなかなか手が出ません。勢いで買って、勢いで保管場所を作るのが正しいかもしれません。いやぁーいいですねー、バブアー


2013/02/03 17:33 | decoydecoydecoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/193-e4844e9f

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。