--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/02/12 (Tue) SCOTISH TWEED

R0010958.jpg

3年くらい前にこれもいつもの古着屋で買いました。店に入るや、面白いのは行ってきましたよと。

一つボタン、着丈はかなり短い。フロントの裾のカーブがきつくて、ベーシックというよりは結構デザインされている。これはいつ頃の時代のものなのでしょう。流行った時代があったのかな。兎にも角にもデザインが気に入りました。

しかしフィッティングに少々懸念がありました。最初肩パットがかなり入っていて、その分アームホールがかなりキツかった。これは肩パッド抜けば解決されると踏みました。なので一年後に実行。そう一年後。なぜなら買ったはいいけど納得のいかない合わせ方しかできず、一二回着てその冬はおしまいだったので翌年に直せばいいやと。肩パットを三分の一くらい近所のリフォーム屋で抜いてもらいました。しかし、それでもまだキツかったのでさらに半分抜きました。それでもまだけっこうパッドは残っています。着心地は一件落着。
このサイズ感や着丈は子供用な気もします。それかいじりまくったか。ただ袖丈は身長177cmぼくで丁度なので謎です。

R0010960.jpg
スコットランドのツイードということでハリスなどとは質感が違う気がします。たぶん織り方が違うんじゃないかなぁという気がします。とかいって実は表記がないだけでハリスツイードだったりするので、あまりぼくの眼はあてになりません。表面はチクチクします。目が詰まっているにもかかわらず、生地が柔らかいです。白い毛がモサモサしています。

R0010959.jpg
フロントのカーブが御覧のように効いてます。燕尾服ばりのカーブです。

R0010961.jpg
サイドベンツなのですが、こんなに浅いのも面白い。着丈短くてお尻は隠れません。なので2013年現在モダンです。
というわけで何だかいまだに着こなせません。ベージュや白以外のおズボンと合わせたいのですがむつかしい。この柄、色、定番のように思えてむずかしい。

関連記事
スポンサーサイト

Jacket | trackback(0) | comment(0) |


<<sacaiのブルー | TOP | 松田青子「スタッキング可能」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/195-040057ed

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。