--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/19 (Wed) 私の古着史

古着が学生のころから好きです。
経済面の理由もありますが、デザイン・雰囲気の好みが現行品にあまりなかったというのが主な理由でした。

当時1995年頃、70年代のヒッピースタイルをとても好んでいた私にはほぼ古着という選択肢しかありませんでした。フレアのジーンズ、トライバルな柄のシャツ。これらのものはほぼ現行品にはなく、稀に気に入ったものが、むげん堂といったアジアンテイストの雑貨屋に売っていました。あと、渋谷にDEEDEEというお店がありフレアのジーンズはそこで買ったりしていました。

大学を出て3年くらい書店に勤めていた時はあまり着るものに今ほど頓着せず、サイケデリックテイストなちょっとおとなしいかんじといいますか、そんな格好でした、あまり記憶がない。それからスーツで出勤する仕事になりました。スーツをきっかけにIVYとイギリスと節操無く興味を持つようになりました。BROOKSBROTHERSなど好みの幅は広がり、洋服って楽しいな熱が学生時代以来再燃してしまいました。

それに拍車をかけるのが、遡ること6年前、或る古着屋での出会いでした。それからイギリスのジャケット・スーツを好んでいます。特にツイードを好みます。が、サイケデリックな趣向は変わらず好きです。

さて、私にとって魅かれるデザイン・雰囲気とは何かと云うと当時の重厚なツイードや手入れするほど愛着の湧くレザーという素材が放つオーラです。そして60、70年代時代特有のシルエットです。

2011年現在、IVY、ブリティッシュトラッド、という流行で様々にリバイバルされています。さらに今年はハリスツード100周年、じゃんじゃんツイードものが出ています。早速、ROPEという婦人服メイカーでブックカバーを買ってしまいました。が私の好みは重厚なツイードです。厚ければ厚いほどたまらない。
そう、わたしは単純で、ブ厚ければ満足なのです。

関連記事
スポンサーサイト

雑感・思惑 | trackback(0) | comment(0) |


<<Aquasqutum Coat | TOP | はじめます>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/2-80c120c8

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。