--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/02/15 (Fri) sacaiのブルー

sacai_2013aw_men_12.jpg

いやわかってますよ、まだ2013年の2月ですし、花粉の季節になろうとしている今、春にもなっていないし、まだまだ辛い夏にもなっていないのは重々承知しています。でもどういうわけかコレクションは2013AWが発表されているわけです。

トラッドなものにこだわり過ぎていた頃、そんな以前ならコレクションなんてあまり興味なかった。なぜなら世界が違うと思っていたし、モードはすぐ飽きるかなぁと思っていたから。しかしアヴァンギャルドなもんもいいよねと気づいてから、色々発表されるものから自分の好みのものがあるかなぁ、と探すのも面白いということがわかりました。特に最近はツイード流行っているし。偶に稀に好いなぁと思うものがある。でも現物見ると嗚呼、こんな腰抜けツイードはいらないとなることもあります。それでも偶に稀に気になるのがある。

そんな或る日、低速ネットサーフィンをしながらなにか面白いミステリの本でもないかなぁとカチカチとマウスを鳴らしていたところ、いつの間にか洋書のファッション関連の本を見ていました。さらにいつの間にかSTYLECOMというサイトにたどり着いていました。するとどうですか、今年はブルーに挑戦とほざいていたら、見つけてしまいました。さらに生地はツイード、たぶん。

sacai 今まであまり縁がなく、いいなぁと思いながらもなかなか手を出していませんでした。ただ憧れていました。タイミングが合わずにいままで買えなかった服、それがsacaiです。これは手に入れたいなぁ。


スリーピースへの執着はもうほとんど病です。襟なしベスト。段帰り3つボタンジャケット、I型シルエットだけどボタン留めると軽くウエストの絞りがみられるタイプかな、パッチポッケ、着丈短め、白ボタン白ステッチ。パンツはワンタックかもしれないけど、たぶんノータックのちょい太目、ダブルの仕上げ、靴下の色と黒のダブルモンクといいコントラストです。まぁ見たまま書いてみました。ぼくも黒靴で合わせたい。このスカーフはぼくにはまだ触れられない領域です。鮮やかなツイードのブルーいいじゃない!

と妻にプレゼンしたところ、去年に買ったウミットベナンは超えてないとのお言葉。まぁ反対されても買う気で満たされている。
そんな妻のsacai一押しはこれでした。

SACAI 2013aw

確かにパンツのボリュームと首元のボリューム感は好みです。パンツの柄がもう少しシンプルだったらなぁ。

考え直す時間はあります。

関連記事
スポンサーサイト

Suit | trackback(0) | comment(0) |


<<Trickers Gillie Boots Shoe Lace 1 | TOP | SCOTISH TWEED>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/203-977cb113

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。