--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/01/28 (Sat) Brown Corduroy Suit

R0010846.jpg


或る秋、臨時収入があり、嬉しかった。アッパーな気持ちになりました。5年ほど前です。

さて遣い道は考える時間もなく服でした。ヴィクティムヴィクティム。

新宿はBARNEYSNEWYORKのクリアランス、NSビルでしたか、4半期に一度くらいのペースで催されるプライベートセールに仕事帰りに行きました。

バーニーズには行くと何かを見つけてしまう。その時はJILSANDER。憧れのJILSANDER。茶のコーデュロイの上下。丁度臨時ボーナスとセイムセイムな金額。サイズ44。問題は袖口がちょう長め。でもシャツをしっかり見せなくてもいいかなと。軽ーく見えるくらいで。まぁ、コットンだから直すと、痕残るし。本当は袖口ボタンは付いてなくて、購入者の丈に合わせて後から付けるというパターンで、これはサンプル品とかキャンセル品で70%OFFということだったのかもしれない。



ぼくは今でもなのですが、大体のブランドの現在流通しているヨーロッパサイズ表記の44を着ると身幅は丁度だけど、肩がキツイという事態が生じ、46だと身幅に余裕がありよろしくない。既成品で身幅いじるのは勇気がいる。というのも何回か失敗している。なのでジャケットやスーツを買い始めたころはそれを我慢して着ていました。しかしそれは辛い痛い肩がこる、頭痛くなる為に避けるようになってきていた。
けれどもこのJILSANDERの44サイズは肩はきつくなく、かといって身幅も丁度でルックは違和感無い。3割増し自画自賛。

  
R0010847.jpg



コーデュロイの質がよい、艶っぽい。生地も厚手。ジャケットの着丈は長め。肩はナチュラルではなく直線的、パットがしっかり入ってます。ラペルは太くも細くもなくゴージも高くも低くもなく、中庸。

パンツはボタンフライ。ボタンフライはなんだか心をくすぐられる歩くと左右内股が若干擦れて、腿回りが太い気もするけど、上下で着た時のバランスは好い。直すのはパンツ丈だけかなと、納得し、JILSANDERのオーナーですねぼく、うひひ、と俗物丸出しで購入を決めてしまいました。

R0010848.jpg

後日、パンツ丈直しに横浜バーニーズへ。その際、やはりジャケットの袖丈は直さない方がいいという方向へ、そして、パンツ丈はジャストを考えていたんだけど、スタッフからパンツも少し長めで行きましょうと、JILSANDERの世界観表すには長めで!と提案されたので、ではそれでいってみましょうと。でもジルサンダーのパンツって短めな気もした。まぁ長い分には、短くすることは出来る。ただ着用後にお直しってよっぽど気に入らない限り面倒なのであまりやらないほうが多い。

結果、好い感じに。が、茶の上下って難しい。なかなか着る機会がない。当初はジャケットパンツ単品で使えると、踏んでいたけど、あんまりバラで着ると色が上下で変わってくるよと妻に警告され、小心者貧乏症なぼくは上下で着なくてはならんと思いこみ、2012年現在まで、数えるほどしか着てない、、、手持ちのツイードのコートの下に着るのに丁度いいかな。ツイードのコートの下にツイードのジャケットはやりすぎだし。今年はそれで一度は着てみよう。

関連記事
スポンサーサイト

Suit | trackback(0) | comment(0) |


<<Brooksbrothers PO 受け取りの巻 | TOP | TWEED TRENCH COAT>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/21-6f53a86f

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。