--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/03/11 (Mon) 中目黒・代官山で古本屋めぐり、そして

2013年3月10日、日曜日の空模様はテレビで見る北京かと思った。帰宅後ニュースを見ると丁度その時間くらいから黄砂ではなく煙霧という現象で空が一変したようだ。

東横線に乗って中目黒に向かっていて、武蔵小杉を過ぎたあたりから空が怪しくなってきた。乗客も前の窓後ろの窓を見てざわめき始めた。黄色く暗い空は建物をぼやけて見せた。
駅を降りると、皆一様にマスクをしている。都内は今朝からこんな感じなのか?自宅近郊はそんなことなかった。一晩寝て夜が明けたら東京はこんな恐ろしい街になったのか?いよいよ恐ろしいことになってきたと思い、改札を出てマスクを買おうとクスリのカツマタに入った。レジはすごい行列だった。二十人くらい並んでいた。9割はマスク。シャンプーを買う地元民もいた。無事マスクを手に入れ、目的の古本屋へ。


美芸公 (1981年)美芸公 (1981年)
(1981/02)
筒井 康隆、横尾 忠則 他

商品詳細を見る

Dessin ここに筒井康隆の『美藝公』があるとの情報を得ていたので実物を見に行った。2100円。HPをみて知っていたけれども帯がなかった。悩む。帯なんてと思っていたけど、無いとなんだか寂しく、そんなことに寂しさを感じることに悲しくなる。なぜなら本質は筒井康隆の文章と横尾忠則の絵だから。そんなことを考えていると妻がおもしろいものを見つけてきた。岡本太郎『今日の芸術』カッパノベルス版。この本は現在、光文社知恵の森文庫で発売されている。大好きな本のひとつで、ぼくはことあるごとにそれを友人にプレゼントしている。なので手元には無い。さらに新版とそうでないのがありページ数も装丁も違った。ただ2000円近くするので、今日はすべて保留することにして考え直す時間をつくる。

今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社知恵の森文庫)今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社知恵の森文庫)
(1999/03)
岡本 太郎

商品詳細を見る


COWBOOKS ツボを得たセレクト。入口の文庫の品揃えからして手抜きが一切ない。内田百閒がぽつぽつと差さっていた。読みたかった『新・大貧帳』を発見したのですが、これも保留。ビブリア古書堂で紹介されてから人気が出てきたように思える『せどり男爵奇譚』の夏目書房版があった。ぼくはテレビでも出た桃源社版の青を基調としたサイケデリックな装丁が好きです。その桃源社版がそこそこ出品されていた日本の古本屋のサイトを見ると、放送後幾日か経ってほぼなくなっていた。
他にも気になるものがあったけど、ここでも何も買わず。


せどり男爵数奇譚 (ちくま文庫)せどり男爵数奇譚 (ちくま文庫)
(2000/06)
梶山 季之

商品詳細を見る


代官山へ

DAVIDS CLOTHINGがなんと、知らぬ間に渋谷へ移転。中目黒・代官山は久しぶりに来たので驚愕しました。というのは真実ではなく、実は先週末に来て既に驚愕していました、知っていました。そしてその時あるお店を見つけてしまった。ヨーロッパヴィンテージのお店で、メインはレディースのフランスもの、かな。でメンズはブリッティッシュが多かった。そのお店でぼくは一生縁のないと思っていたものを間違って着てしまい欲しくなってしまった。先週来たときCARBOOTSという同じヨーロッパ古着のお店でみた綺麗な青のコートも欲しかったのですが、結局縁のないと思っていたほうを選んでしまいました。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

古本 | trackback(0) | comment(2) |


<<Barbour SolwayZipper | TOP | 伊坂幸太郎 『ガソリン生活』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


はじめまして 

はじめまして。履歴からふらりとやってきました。
せどり男爵、わたしも気になっている1冊です。
やっぱりビブリアで読んでから。
古書めぐり、いいですね。
またおじゃまさせていただくと思います。
よろしくお願いします(*^_^*)

2013/03/21 16:02 | ゆう [ 編集 ]


Re: はじめまして 

ゆうさん、はじめまして。
decoyと申します。コメントありがとうございます!
せどり男爵気になりますよね。買おう買おうと後まわしにしていたら、
ビブリアの効果で桃源社版はすっかり見かけなくなり、悔やんでいます。

NO Book NO LIFE
タイトルに惹かれてお邪魔しました。興味あるエントリがたくさんあったので
こちらもお邪魔させてください。
よろしくお願いいたします!

2013/03/21 19:09 | decoydecoydecoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/210-f96f83b7

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。