--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/03/30 (Sat) 最高級靴読本 究極メンテナンス編


最高級靴読本 究極メンテナンス編 (BIGMANスペシャル)最高級靴読本 究極メンテナンス編 (BIGMANスペシャル)
(2012/09/06)
世界文化社

商品詳細を見る


出版された当初に、さっと立ち読みして、記事は既知のことばかりっぽいなぁ、買ってもしゃーないなと思ったぼくが間違っていたいた。浅はかだった、もう少し謙虚に生きていかないといけません。もう出版されて半年。なぜ今頃気になったかというと、書店に勤める友人がまだよく売れているよと、へぇと思い、何が良いのだろうという気持ちとちょっとメンテナンスの方法を復習したかった。

知らなかった。コードバンは革の構造上ゆえに、アッパーのどの箇所にワックスを塗っても、勿論シワ部分に塗っても問題ないということを。ぼくはコードバンにワックスを使ってこなかった。ディアマント、純正クリーム、あとはモウブレィーのアニリンクリーム、これらを気分で使っています。十分に艶は出るし、あまりワックスの必要性を感じなかった。まぁこのオールデン純正クリーム、この効果がいまいちわからない。これついてはまた今度。
個人輸入するとKIWIのワックスがついてくるのをブログでよく読みます。なんでワックスだけなのだろうかと疑問に思っていいたことが氷解いたしました。

早速やってみよう。

ぼくが持つオールデンの色はシガーとブラック。シガーは今までのクリームのメンテナンスでまぁ満足している。テッカテカにしてみたいけど今回は保留。

というわけで、ブラックのウィングチップにワックスを施してみようと思います。

というのも、すこし白くなっている履きジワ部分が気になってきた。この白い部分は毛羽立っている状態のようです。そこにクリームならわかるが、コードバンはワックスもオーケーだと。いままでクリームを塗ってきた。しばらくはいいんだけど気が付くとまた白くなる。ワックスでその持ちがよくなるといいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

新刊 | trackback(0) | comment(0) |


<<角田喜久雄『風雲将棋谷』  新橋古本市2013・3 | TOP | F××K YEAH MENSWEAR>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/213-a29657e3

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。