--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/06/29 (Sat) 『シューメーカーの足音』


シューメーカーの足音シューメーカーの足音
(2011/10/06)
本城 雅人

商品詳細を見る


発刊当初、タイトルを見てピンときて装丁の写真のアンソニークレバリー見て、おおと思いましたが、諸事情で即買うことができずに、何年かそのままにしていた。やっと買いました。

靴が好き、それも英国靴が好みという方にとって、このミステリーは最高の舞台です。英国と日本の二人のビスポーク職人のお話です。

何しろ参考文献は『HANDMADE SHOES FOR MEN』『LAST』
そして協力にフォスター&サンの松田笑子さん

このラインナップならばおのずと想像がついてしまいます。結構靴について書いてあるんだろうなぁーと。そうなのです、靴に関する小ネタ定番ネタがそこかしこにふんだんに鏤められて話が進んでゆきます。昔からLASTとか最高級靴読本を読んでいる方には食傷気味かもしれません。

さまざまなシューメーカーが実名で出てきて楽しませてくれるなか、日本のセレクトショップがフィクション名で出てきます。これはどこがモデルなのかなぁと妄想したり、その社長は誰がモデルなのかなぁ、と妄想するのも楽しかったです。

ビスポークメイカーが既成靴を作ることにした!そしてそれが日本のセレクトショップに!というような其処彼処で聞かれるビジネスが話の中で展開されるのですが、これがエグかったです。わわわ、何だかありそうな話で恐ろしいなぁ、と門外漢なぼくは大人のビジネスの話を気楽な立場で楽しく読みました。

著者のHPを見たところ、靴がお好きなようでして、結構ビスポークされています。作品に生かされている記述もみられ興味深かった。
今秋に文庫になる模様です。
関連記事
スポンサーサイト

新刊 | trackback(0) | comment(0) |


<<twitterはじめました | TOP | 大田黒元雄『おしゃれ紳士』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/236-48580136

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。