--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/10/18 (Fri) ハーフソールデビュー

R0011185.jpg



ロイドのホワイトホールを履き始めて5年くらい。月に6、7回の出番で既につま先だけを2回補修しています。皆さんこんなものかしらん。
そして、ひと月ほど前に3回目のタイミングがやってきました。そしてトップヒールも限界に、これは初めてです。その結果履かずに仕舞っていました。すぐ直せばいいものの、ロイドの靴はロイドで直したいという思いのため、銀座に行くタイミングで直そうと思っていました。が、しかしなかなか実現せず、まぁ実はあったのですが、その時は他の欲しいものに気を取られてすっかり忘れていたためひと月以上ほったらかしにしていました。しかし近郊で信頼できるお店を見つけたぼくは早く履きたくなってきたので修理依頼することにしました。そこで、持参する前に改めて靴を観察すると、ソールがベッコベコ。これつま先補修してもすぐにソールに穴が開いてオールソールが必要になり、つま先補修は勿体ないことになるかもしれないと悟った。

R0011197.jpg


お店の方に相談すると、たしかにおっしゃる通りですと。つま先補修した途端にソールに穴が開くかもしれない。やっぱりなぁどうしようかなと悩む。なぜならオールソールするならロイドの方が価格が安いからです。そして、つま先補修の価格もロイドの方が非常に良心的なのですが、先にも言ったように近場という魅力で横浜のリペア工房にとりあえずお願いしようとしていた。しかしどうやら予想通りオールソールの方が合理的な様子。ロイドの価格表はうろ覚えですが、横浜のリペア工房と比べてオールソールの価格差は確か5000円くらい安い筈。そんな価格差の事情をお店の方もなんと承知済みでした、そこでハーフソールはいかがですか?と提案が。何となく履き心地が変わりそうなのと、革の通気性が損なわれる感じがして今まで断然避けてきたけど、まぁオールソールをもう少し引き延ばせるという意味で、そしてまた持って帰って銀座に行くのも面倒なので、ハーフソールをお願いしてみました。今回はお薦めの固めのゴムというビブラムで。

履いてみた結果
一日目、やはり固い!でも心地よい硬さです。
二日目、慣れました。革底の感覚とは違いますが、地面にがっちりくっつく感じは悪くないです。

お店の提案に乗ってよかった。ただソールの見た目はちょっと悲しい哉。

関連記事
スポンサーサイト

Maintenance | trackback(0) | comment(0) |


<< BrooksBrothers in 阿見アウトレット | TOP | ヴィンテージスチールデビュー&MORE>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/252-401b8d8d

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。