--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/02/06 (Thu) French Chic (予定)

R0011550.jpg

先日は久々に映画を観に行きました。
フランスはボリス・ヴィアン「日々の泡」原作の『ムード・インディゴ うたかたの日々』

とても良かった。何が良かったかと言いますと、まったくもって素面でないファンシーな世界観と無茶苦茶なSF的描写で笑えると思いきや、後半にかけて人生の切なさ儚さを感じざるをえない、という展開がよかった。それから原作でも頻出するD・エリントンの曲が良かった。とりわけエンディングの「African Flower」が心に沁みました。

R0011467.jpg

さてそんなフランスではBCBG(ベーセーベージェー)という人たちがいるらしい。イギリスではローンレンジャー、アメリカでいうプレッピーにほぼ相当するようです。

「フランス上流階級BCBG」なんていうまったく自分に縁のない内容の本を先日読んでいたら、BCBG的な事柄一覧というのがあって、例えば「エルメスのスカーフ」「ゴルフ・テニスをする」など羅列されていて、そのなかには「グリーンのローデンコート」なんていう意外なものがありました。そうかローデンコート好きなのか。
まだ20ページくらいしか読んでませんが、後でムッシュのBCBGという項ではシャツやスーツ・タイについて書かれているので楽しみ。

R0011465.jpg

というわけでローデンコートを着て、張り切って70年代パリのイメージで映画館に行ってきました。



R0011551.jpg

と思いきや、妄想ばかり先走りして、あまりセブンティーンズにもフレンチにもなりませんでした。
まだまだ未熟者です。スカーフだけ目一杯フレンチな薫りを漂せている風。

フレアシルエットのパンツで、ワイドラペルのジャケット。ハウンドトゥースのスーツはUAのSOVEREIGNです。たしかリングジャケット製と言っていた気がします。7,8年前に買いました。

R0011460.jpg

足元はネイビーで

大好きなアデレードの意匠がフレアパンツによって見えません。
R0011473.jpg

Yves Saint Laurentのネイビーブローグは近頃ではグレイ系のパンツの時によく合わせます。
爪先の削れが目立つのを写真を見て気づく、ということはいかに普段手入れをしていないかがばれます。

ブラック&ホワイトの千鳥格子は結局、ホワイトシャツしかない、あるいはオフホワイトでコントラストを和らげるか。そしてスカーフで遊ぶというのがぼくの今のところの結論です。

関連記事
スポンサーサイト

STYLE | trackback(0) | comment(0) |


<<Gloves Pigskin | TOP | 冬季の白 フレアパンツから>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/278-15c91d80

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。