--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/02/15 (Sat) Gunclub Check Suits By BLACKFLEECE

R0011624.jpg

先だってブラックフリースのツイードを着て行って場所はブルックスブラザーズでした。そのどうしても忘れられなかったものです。本国のサイトには既に載っておらず、入手方法は国内のみ。しかしクリアランスで50%オフ。これだけ半額、売れなかったのかな。

家人に「もしかしたらいずれ飽きちゃうシルエットかもよ」
という強烈な、ぼくには恐ろしいフレーズを申し渡され、考え直す時間を設けていたのですが、忘れられなかった。
もちろん飽きる可能性はあります。メンズスーツの変化は緩やかだけれども確実にあって、否定できない。
長く着られること(少なくとも3シーズン目で着ないということは無いように)を前提に買い物をしているつもりで、その要領も少しずつですが得てきたと思っています。伝統に基づいたちょっとひねりがあるものが好きなんです。今回はベーシックなオーセンティックなトラディショナルなタイムレスな柄とのシルエットが気に入ったから、入手します!と振り切りました。言い過ぎました、懇願しました。


裾と袖口の直しを待つ間のたった2週間ほどで、急激にJ.M.Westonのゴルフを無性に手に入れたくなり、あれ?買う順番間違えたかなと思ってしまったけれども、上がってきたものを試着して、やはり買ってよかったと。
そして急にゴルフが欲しくなったのは、このスーツにゴルフ、ライトブラウンのグレインレザーを合わせたいというのが心の奥底にあったのではと思い始めました。


R0011649.jpg

この柄に惚れました。ガンクラブチェックと言われるものだと思うのですが(少々自信ありません)、発祥はアメリカン。しかしこのグレーとくすんだレッドからなるチェックからフレンチの薫りがします。あくまでぼくのイメージです。この柄とトムブラウン特有のシルエットを気に入ってしまったのです。

R0011644.jpg
柄合わせも決まっています。近頃わかるようになった見どころのひとつです。

R0011652.jpg
MADE IN USAでサウスウィック製と思われます。過去サウスウィック製のブラックフリースをシアサッカー、ツイード、ウーステッドなど何着か試着したり、購入したりしましたが、特にシアサッカーは芯地が固いのか着始めは肩のあたりが若干あたると思っていました。しかし着ているうちに馴染みます。ところが今回のジャケットは初めから柔らかいです。
素材はウール90%・カシミア10%です。この生地に起因するのかしらん。


R0011651.jpg
定番の段返り三つボタン。シルエットはサックですが、相変わらず細身です。

R0011629.jpg
手持ちのブラックフリースのラペルはすべてこの処理がされています。これの意味はというと、よくわかりません。勉強します。

R0011628.jpg

ライナーはコットン。袖のみキュプラです。コットンの分だけぬくもりがあるように感じます。感じるだけです。

R0011645.jpg

袖のボタンは2つにするか4つにするかで迷いましたが、やはり2つにしました。サックスーツですし。アメリカンを強調したかったので。

ジャケットの裾はカッタウェイと云いまして、カットされてアウェイしています、と身振り手振りで店員さんが説明しているのが面白かった。意図的に言ったのでしょう、二人で笑ってしまいました。
両脇に向かって離れていくデザインです。ブラックフリースのチェンジポケット付きのカッタウェイモデルが最も着丈が短いモデルとのことです。


R0011630.jpg
このウォッチポケット?とウェストアジャスターのディテールが堪りません。使わないのですけれども。
ウエストのサイズは調整なくジャストでした。裾丈は店員さん推奨と、ぼくの指定したちょっと短めで上げてみてくださいという長さの2つを両足でしてもらい、じゃぁその間でと脱いで長さを計測してみると、73cmと75cmでした。ちょうど間の74cmで仕上げをお願いしました。

R0011632.jpg

勿論ダブル幅は5.5cmです。この内側の仕上げは初めてみました。通常、踵側だけだと思っていたのですが特殊な仕様なのでしょうか。初めて見る処理です。

当日ライトブラウンのフルブローグを履いていったのですが、マッチしていました。勿論、黒靴でもいいはず。さらに持っていませんがブラックコードヴァンのタンカーブーツなんか格好良さそう。まぁ恐ろしいので考えなかったことにします。まずはゴルフ入手のために健全な貯蓄計画です。

関連記事
スポンサーサイト

Suit | trackback(0) | comment(2) |


<<Denim Pants | TOP | Leather Spew >>

comment











管理人のみ閲覧OK


素敵な柄です 

decoy様

迷われていたブラックフリースのスーツをお買い求めになられたのですね。

とてもいいです。柄がよく見ると赤とボルドーのウィンドウが切られているのですね。薄いグレー時にブルーグレーの格子も黒はもとより茶系やバーガンディの靴も合いそうです。

上衿の通称髭と呼ばれる部分は昔の誂え服の名残りで、ジャケットの首回りが傷んで来たら裏表を逆にできるように髭部分を持たせておくと聞きました。ブラックフリースの拘りかと思います。

黒のタンカーも良いですが、ウィンドウのボルドーを拾ってバーガンディコードバンのタンカーも合いそうですし…選択肢が沢山あって悩ましいスーツですね

2014/02/15 22:01 | Not fashion but style [ 編集 ]


こんばんは! 

Not fashion but style 様

コメント有難う御座います!

上衿の箇所は髭というのですね、手持ちのジャケットでもあるものとないものがありまして何だろうなぁと思っていました。なるほど、裏返しにするためなんですね。やはり長く着ることを前提とする服のディテールはいいものですね。おかげさまですっきりしました、有難う御座います。

合わせる靴、そうなんです、黒はもとより茶系やバーガンディにも合わせられて、幅広く楽しめそうです。真っ先に思い付いたのが黒のブーツで、それからライトブラウンのゴルフだったのですが、仰る通り、バーガンディのタンカーは素敵なマッチングです!困ってしまいます(笑)
買うのを迷ってしまいましたが、靴の選択肢が多そうなのでこれから楽しみです。

2014/02/15 23:07 | decoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/282-e90540ac

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。