--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/03/05 (Wed) Charles Hix『Dressing Right: A Guide for Men』

この装丁である。かなりワイルドな髭です。むかし古書店で見かけた時は敬遠していました。

R0011760.jpg
チャールズ・ヒックス「男の着こなし」   原著でも読んでみたい。



しかし昨年末にNEWYORKERのサイトで連載されている遠山周平さんの記事を読んでハッとしました。
この本が紹介されていて、なんと翻訳がアイビーボーイでおなじみの穂積和夫さん。あの絵のファンとしては読んでみたいと思いが募り、探しました。市場では結構いい値段がついていて、四ケタかそれを超えて狂気の一万円以上なんてお店も。
でも格安で買えました。幸運でした。中古ゲームソフトなんかを主に扱っているお店で驚きの420円。いくらなんでも安すぎてちょっと不思議な気分になりました。

さて著者のチャールズ・ヒックスには『Looking Good』というベストセラーがあり、プレイボーイやペントハウスに寄稿していたようです。

Looking GoodLooking Good
(1979/06/28)
Charles Hix

商品詳細を見る



「男の着こなし」のなかでズキンとくる記述がありました。

良いと思ったものを試着する。しかし即決しない。それを様々なお店で繰り返す。ただし試着の前に価格を見ない。試着してからタグを見る。

初心に帰るような思いでした。近頃では決まったお店しか行かなくなってきました。高校生のころは有り余る体力にまかせて原宿・渋谷間を3往復くらいしたものです。やっぱあっちの店の方がいいか?いやこっちの店のものか?もう一度あっちに戻ろう!などと吟味に吟味を重ねて買い物したことを思い出しました。
それにしてもプライスタグは見てしまう。価格に引っ張られずに服の本質を見極めるということに主眼を置くならば、プライスタグを見ずに試着をしていく方が有効であるはず。だが、見ちゃいますよ、値段は、試着する前に。しかし目を養いたいので、今後肝に銘じよう、たぶん。


Dressing Right: A Guide for MenDressing Right: A Guide for Men
(1981/08)
Charles Hix

商品詳細を見る

アマゾンで見たところ原著には幾つかバージョンがあるようです。


1978年初版のこの本に登場するモデルは雰囲気にかなり時代感があるのは否めない。けれども、着こなしは今見ても意外と格好いい!
普遍的なスリーピースやタイドアップ。スーツにアディダススーパースター。様々なテクスチャーのレイヤード。黄色や赤といった原色を使ったコーディネートなどなど、クラッシックな装いやそこから少しを外したりあるいはかなり大胆に外した装いが多く掲載されています。穂積さんはあとがきでこれら写真を見て素晴らしいと感じるか?妙な装いが流行っていると感じるか?装いが多様化してきていると書き、そして楽しく自由に着る勇気を与えてくれる本と結んでいます。

中身を紹介したいのですが、こういった品切あるいは絶版の書籍でも著作権問題が発生しそうなので断念です。勿論表紙画像も該当するのでしょうが、大目に見てはくれないかしらん。


書かれていることは現在でも通用します。服飾本の定番である体系別おすすめ、テクスチャーの楽しみ方、パターンオンパターンの原則などなど、そしてもっとも興味を引いたのは、さまざまなスタイルやアイディアを折衷させたアチュチューディナル・ルックという考え方です。態度をあらわす装い、と訳されていましたがなかなか意味を汲むのが難しい。フランス語のデコントラクテという言葉でも表現できると著者が書いていることから類するに、規範から離れてより自由な方向に進んだスタイルという意味に捉えました。

「DRESSING RIGHT」 着るその人に似合い、相応しく正しい、という穂積さんの解釈に大賛成です。
関連記事
スポンサーサイト

古本 | trackback(0) | comment(4) |


<<NIKE ACG HALF BAKED | TOP | Pegtop and Maryjane>>

comment











管理人のみ閲覧OK


はじめまして 

いつも楽しく拝見してます。
服飾と古本が人生の両輪とは‥非常に共感します。
我が家から神保町が近いので、私もよく古本を漁ってます。

男の着こなし、いい本ですよね!
ベルンハルト・レッツェルのジェントルマンや、アランフラッサーのMANシリーズと並ぶ名著だと思います。
最近は、含蓄ある言葉で男のスタイルを語ってくれる本が少いので、古本探しに楽しみを見出してしまいます。
といいつつ、今の雑誌類もよく買うんですが笑。

2014/03/06 20:07 | 赤い水性 [ 編集 ]


赤い水性様 

こちらこそ初めまして!
お立ち寄り頂き、またコメントしてくださり誠に有難う御座います!嬉しいです。

人生の両輪に共感してくださり喜んでいます。
神保町が近いとのこと、とてもとても羨ましいです。植草甚一のように神保町に一泊して古本屋巡りでもしたいと常々思っているところ、近くに住むというのは最高ですね。

ベルンハルト・レッツェルのジェントルマンや、アランフラッサーのMANシリーズと並ぶ名著というご意見、ぼくも大賛成です。表紙に圧倒されて手に取るのが遅かったです(笑)。赤い表紙のジェントルマンは邦訳出てるんですよね。MANシリーズ「Dressing The Man」は初めて買った服飾関連の本でした。「Making the Man」は邦訳で手に入れて、ショッピングガイドを見て今は無き店を含めて楽しみました。
確かに最近の書籍では男のスタイルを買ったてくれているものは少ないですよね。ついつい古本で昔のものを買い求めてしまいます。いまは穂積和夫さんの「着るか着られるか」を読んでみたいです。

今後、本のお話、服のお話など赤い水性さんと出来たら最高に楽しいです。
拙いブログ且つとっ散らかった男ですが、よろしければまたお立ち寄りください。

2014/03/06 21:23 | decoy [ 編集 ]


着こなしを学ぶ 

こんにちは!
古い本でありながら、「昔」を感じさせない着こなしの表紙ですね!中身をよく読んで勉強したくなります。クラシカルな服飾の本は、ファッション雑誌と違い、流行に流されている感がないので「コツ」を掴むには最適ですね。僕も本屋を物色してみます。

しかしプライスタグを見ずに購入を決断するのは難しいですよねぇ~笑。でも実はうちの相方はプライスタグを見ないんですよ!一般家庭生まれの二人ですが、「値段に関係なく良い物を探す」という意識が僕より数段上手のようです。

2014/03/07 08:37 | シロ [ 編集 ]


プライスタグ 

シロさんこんにちは!

いつもコメント有難う御座います!

この本に載っている写真は度肝を抜かれるスタイルも多いのですが、意外に格好良かったりするので侮れません。NYの書店にあるといいです。でも何しろ古い本なのでどうでしょう。あったらぜひ見てみてください。薀蓄云々よりも心構えというかスタイルについてよく書かれていて、面白いです。

さすがはシロさんの奥様、プライスタグ見ないのですね!女性の方がモノそのものを見ているということなのでしょうか。実はうちの妻も見ないんですよ。普段あまり買い物をしない分、値段よりも欲しいか欲しくないかが最重要事項とのことです。妻はぼくと違って思い切りのいい買い物をするので羨ましいです。そんなこと言いつつウェストンのクロコローファーのプライスにはたまげていました。

2014/03/07 21:23 | decoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/289-d2980f85

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。