--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/03/14 (Fri) 挑発するタイトル


100万円超えの高級時計を買う男ってバカなの? (東京カレンダーMOOKS)100万円超えの高級時計を買う男ってバカなの? (東京カレンダーMOOKS)
(2014/01/09)
マキヒロチ

商品詳細を見る


この挑戦的なタイトルに煽られる阿呆なぼくわたしそれがしです。

100万を超える時計なぞ持ていないし、高価な時計を買う人をバカとは決して思わないので、なんなのですかこのタイトルは、と思い、まぁどんな罵詈雑言が、読者罵倒が書かれているのだろうかと読み始めると、ごく普通の時計に関するコミックエッセイでした。しかしぼくには学ぶところが多かった。

最もハッとしたこと。わかっちゃいたけど見て見ぬふりをしていた事柄。

「定期オーバーホールメンテナンスに出せないなら時計は買わないほうがいい。」


至極わかりました。反省中です。よい状態で維持できないなら持っちゃいけない。
これは靴にも言えることだなぁと思いました。
毎度毎回その都度もう一回履いたら修理出そうと言いつつ、爪先や踵の補修を後延ばし。



R0011782.jpg
スクエアばかりということに気づきました。

壊れてからの方が修理代かかるのは間違いなし。ただわかっちゃいるけど後回しにしてしまう。
タグホイヤーのモナコはオーバーホールに出すべきだよなぁ、もう9年は経っている。
ハミルトンのロイドも出すべきだよなぁ、もう10年以上は経っている。
そしてツイードの装いには欠かせない大好きなセイコーのロードマーベルも小気味よく秒針が音を鳴らしながら動くのをいいことに使い放題。静かな場所に行って、時計を耳に当てて秒針の音を聞くのが楽しい。


R0011765.jpg
SEIKO LORD MARVEL

そういえばこのアンティークのセイコーを手に入れたばかりの時、カミーユフォルネに行きました。時計バンドがあまりにちゃちかったので、それを替えに。結局替えなかったのですが、お店の方がこの時計に興味を持ったようで、これはかなりレアーですよ、かなり昔のですよ、かなり古い工場のですよ、とかなり熱弁しておりました。

R0011779 (2)
買った時から盤面が腐食している。なので格安でした。聞いたところ塗り直しというのを行うととても綺麗になるとのこと。この補修もいつか、と思いつつ先延ばし。バンドも替えたい。



そんな所有する時計のケア、より愛着が湧くであろう補修すらしていないのに、欲しい時計はいくつかあるという物欲。

JAEGER-LECOULTRE レベルソデュオ
一目見て惚れてしまいました。

JUNGHANS by MAXBILL クロノスコープ
教えていただいてIWCのポルトギーゼより好いではないかと思い、次の買う時計の大候補です。

その他にもOMEGAのアンティークの妙な形のごっついやつや、RADOのアンティークのほんのり近未来的なごっついやつや、よくアンティーク市で見かけるスタンダードではない妙なものに惹かれたりします。

R0011773.jpg


内容に戻ると

時計に関してはケースが薄い方が技術力があるとか、エナメル盤の手のかかり方、機械式の方がクォーツより力が強いなど、時計に関して無知に等しいぼくにはなかなか楽しめました。
それからアンティークウォッチの修理は、部品をストックしていたり、ゼロから作ってしまう人がいたり、壊れたらおしまいという憂き目には遭わなくて済みそうです。そんなお店が紹介されていました。
関連記事
スポンサーサイト

新刊 | trackback(0) | comment(4) |


<<本と格子柄 | TOP | Peg Top Pants 2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


時計バカ 

こんにちは!
この本、とても気になっていて欲しいのですがNYCの紀伊国屋には入荷しておらず…日本に帰ってからの楽しみに取っておきます。この本を相方に読ませる事で、時計のロマンを刷り込んで理解を得ようと企んでおります笑。(どうも多くの女性は、何で時計に大枚をはたくのかが理解出来ないようです。)

スクウェアの時計、僕も好きです!ですがセイコーのアンティークも格好良いですね!こんな感じの時計を探して街を徘徊しておりまする。

2014/03/15 08:56 | シロ [ 編集 ]


シロさん 

こんにちは!

コメント有難う御座います!

あっシロさんもこの本が気になっていましたか。なかなか店頭になくて、新刊は出来る限りオンラインではなく街の本屋で本を買いたいなぁという思いから、久々に取り寄せをお願いしました。

そして狙い通りこの本からはロマンの一端を垣間見えるはずです。
なぜか家人も時計は危険だと常に警鐘を鳴らしています(笑)。そのくせフランクミュラーっていいわとかほざいています。そんな時は、あっいいよねー、と取り敢えず乗っておきます。

セイコーの時計、いまは貧相なのですが元はかなりいい感じなので、相応しいバンドに替え、盤面を塗り直しして、さらに使っていきたいです。

2014/03/15 17:02 | decoy [ 編集 ]


時計の魅力(by Cobbler) 

decoy様

今回の特集はまた素敵なものを見させていただきました。

セイコーのシンプルな3針、私の大好きななタイプです。それからタグホイヤーの角型も格好いいです。自分の持っていない時計を見ると思わず羨望の眼差しで見つめてしまうのですから、やはり自分も時計バカかもしれません。

当方はアンティークも現行物も好きですが時計のもつ愛らしさから言うとアンティーク贔屓かもしれません。私が時計を好きになった1990年頃はロレックスが人気でまず、現行のデイトジャストを買いました。その後すぐに海外に駐在になり、アンティークウォッチのしっかりとしたマーケットのある現地では週末になるとオールドウォッチ店巡りをしたものです。そのうちにヴィンテージ時計の虜になり3年の滞在中4本も時計を買うということになってしまいました。

そのうち3本がヴィンテージ時計で、バブルバックの14PGトロピカルに80年代のサブマリーナref16800、ブライトリングのトップタイムです。あのころちょっと無理をして旧のデイトナを買っておけば今頃は新品の時計が何本も買えたかな…なんて思っています。

後は新品でブレゲのアエロナバルを買って、帰任直前にフランクミューラーのマスターバンカーを買おうと思ったら現地のカード決裁が下りなくなったりで結局買えずじまいで今に至っています。

暫く時計を買っていませんが今でも時々ショップを覗きます。興味があるのはカルティエのコレクションプリヴェ。トーチュ型や角型のクロノグラフやコンプリケーションには興味津々です。

いつまで経っても何個あっても時計好きに終わりはないらしいですが、私の友人など、自らそうなるのが分かるだけに「決して手を出さない」と言ってました(笑)

私もdecoy様のブログを拝見して人生上がりの1本を近いうちに買いたいなぁなんて漠然と考えた午後でした。

2014/03/15 17:35 | Not fashion but style [ 編集 ]


羨望のコレクション 

Cobbler様

コメント有難う御座います!

Cobblerさんの素敵な時計史を有難う御座います!!!いやーひたすら羨望です!ぼくも同じくアンティークびいきなところがあり、といっても一つしかもっていませんが、とても嬉しく思っています。醸し出すオーラといいますか、仰るように愛らしさと言いますか、それに惹かれてついついアンティーク・ヴィンテージ時計を扱うお店は見つけるとは入ってしまいます。やはり海外でもそういった市場があるのですね。ヴィンテージに関しては日本と内外格差はなさそう、と勝手に思っています。

先日ご紹介されていた60年代のブライトリング、トップタイムというのですね、とてもとても素敵だなと思っていました!
ステンレスベルトならサブマリーナがいいなぁと常々思っていますが、ロレックス買うならバイセロイというヴィンテージがいいなぁと妄想しています(笑)、とてもかわいらしい時計なんです。

そうそうカルティエのヴィンテージも見るほどに素敵ですよね。女性物は眺めていて何だか楽しい気分になります。そしてカルティエのコレクションプリヴェ!実はいまネット検索したのですが、まずいです。いつもいいなぁと思うシリーズでした。どれか一つって選べず、いくつでも欲しくなってしまいます。本当に踏み入れたら怖い世界です(笑)。


2014/03/15 19:18 | decoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/290-33946e7c

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。