--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/04/09 (Wed) Very Casual

先だって買い求めたデニムを穿いて春の装いをしたいなぁと思いつつ、ここのところ関東は生憎の雨の日曜日です。
雨の日はファンクション重視の変わり映えない格好になってしまいます。

着たいジャケットや靴があるのに雨だと着たくない。なので写真も撮れません。そんなわけでスタイルではなく、あるジャケットを。
ジャケットと言えば、オンもオフもテーラードを着ています。しかし180度ほど豹変して、どういうわけか偶にこういうものも着たくなります。ジャケットって言っていいのかわかりませんが、羽織るのものはジャケットということで。


R0011898.jpg
GUCCI by TOM FORD?

ぼくにとってトムフォードといえば益荒男且つ艶っぽいテーラードのイメージ。しかしこんなウェスターンなこともやっていたらしいです。これは最初で最後のグッチな気がします。しかしヴィンテージのグッチのボストンバッグなどとっても欲しい。

妻の実家へ帰省する際に、特急列車に乗るまでに時間が二時間くらいあったのが運のつき。普段寄らないお店で、といってもグッチのブティックではなく、と或る古着屋です。店に入るなり、目に飛び込んできました。見れば見るほど惚れ込んでしまいました。試着しようか迷っていると、横からなにやらヤングな風情の男性がおもむろにこのジャケットを手に取り試着するではありませんか。もう気が気じゃありません。そしてその試着の終わるのを待つ時間がとても永く感じました。心の中で「俺の方が似合う!」と叫び、彼が買わないことを祈りつつ、あまりに長いので一度お店を出ました。

心中穏やかでないままお茶をしばきつつ、いま一度お店に戻ると、よかった、まだあった。

早速、店の方を呼んで試着しました。着てみた。サイズは丁度だった。気に入ってしまった。タイトなスエードのジージャンという感じです。
聞くと、先の若者はこれがトムフォードの時期のものかどうかが気になっていたらしい。そして調べていたために時間がかかっていたようです。そして結論はトム期のものらしいです。はっはーん、トムね、それはすごいね。このサイケデリックな感じに惚れたわけだけど、そういったネームバリューといいますか、スノビッシュ全開となり、余計欲しくなってしまいました。

今ほどトラッドへの偏向が強くなく70年代のフィーリングが好きなぼくはまさにひと目惚れでした。しかしその日は決断せずに、予定の列車に乗って帰省しました。帰省先では気が付くとこのジャケットのことを考えてしまい、夜寝る際は想像してニヤニヤしたり、少々おかしな具合に悶々としていました。そして帰宅後、セカンドハンズといえどいいお値段。考える時間を作ろうと思っていました。


ところが、何故かどういうわけか藪から棒に、脇から「革物は一生ものよ、あの値段は安い位じゃないかしら」と有難いお言葉が降ってきました。決心いたしました。

前のオーナーは1、2回しか着なかったのではないでしょうか、綺麗な状態、ミントコンディションでした。

ものすごいタイトです。身幅なんかパチッとしています。下には薄手のハイゲージニットを着て丁度です。ところが肩が窮屈ではありません。スエードは非常に肌理が細かく柔らかいです。その革質とパターンのお蔭かなかなかの着心地です。そして、丈が短くてパンツに付けたベルトが半分くらい見えます。

R0011895.jpg

裏地がないので、この時期か秋口にしか着られません。

R0011894.jpg

非常に凝ったつくりです。一つ一つ穴にレザーを通しているのですが、丁寧に作られています。


R0011903.jpg

やはりフラワーのモチーフに惹かれます。この袖の赤い革がアクセントで効いています。薄いベージュのスエードの箇所は大分汚れてきました。まだまだ味が出ると思うのですが、いかんせん着られる時期が短い。

そして、フラワーモチーフの親玉がここに。

R0011900.jpg

なんともサイケデリックです。よく友人に「何のボタンだよこれは」と言われて押されます。残念ながら当意即妙ということが苦手なので、上手い返答は出来ません。

これをアメトラの風味で着たくなりました。

今までキャスケットをかぶって、白のタートルネックとインディゴデニムパンツ、あるいは茶のツイードのワイドパンツで合わせていましたが、

今年は白のボタンダウン着て、バーガンディなど赤系或いは青系のボウタイを締める。そしてパンツと靴はどうするか?上手くいけば今シーズン中にでも完成させたいなぁ。まぁ頓挫しないことを祈って。

関連記事
スポンサーサイト

Jacket | trackback(0) | comment(10) |


<<30’s Jacket&Jeans | TOP | Traditional Fashion>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

これはまたレアなモノを!
凄く手が込んでますね。

トムフォードは、テキサス出身なので、ウェスタンテイストなデザインを時々出すんですよ。
本来的には、カジュアルよりもフォーマルなスタイルが得意なデザイナーですが。

トムフォードは、好きなデザイナーのトップ3の一人です。
スーツを誂える時にも、彼のテイストを少し取り入れたりしてます。

2014/04/09 22:14 | 赤い水性 [ 編集 ]


腑に落ちました! 

赤い水性さま

こんばんは!
コメントありがとうございます!

テキサスといわれ、非常に納得しました。
ちょうど今トムフォード氏が結婚したとウェブのニュースで見ました。
彼のテイラードは格好いいです、似合うようになりたいなぁと憧れです。
なかなか手は出せませんが(笑)
誂える時そのテイストを取り入れるとは流石です!そのように自分の好きなテイストを少し取り入れると考えればいいのか、と目から鱗が落ちました。とても参考になります。
最近スーツやジャケットを誂えたくて仕方なくなってきているので、非常にワクワクする嬉しいサジェスチョンでした。有難う御座いました。

ぼくなんてトムフォード格好いいなぁと思うだけで、どう取り入れればいいのか、、あっ、でも漠然と太目のピークドラペルでウエストを絞るくらいなら思い浮かびます(笑)

スザンナフランケルの「ヴィジョナリー」を古本市に出すつもりで脇に置いておいたのですが、コメントを頂き思い出して、ちょっと読み返したところ、ミスターフォードはテキサス出身と記載がありました!それにしても本人は本当にセクシーですね。そして悲しいくらい不甲斐ない記憶力にがっかりして、いま一度読み返すことにしました。

2014/04/09 22:52 | decoy [ 編集 ]


 

ゲイには珍しく、一途な純愛らしいですね。
勇気のいる決断だったでしょうに、祝福したいものです。

クラシックテーラードを深く理解して、モードかつクラシックな新たなテーラードスタイルを提案できるデザイナーはそうらいません。
個人的には、アルマーニ以降の唯一のそれの成功者だと思ってます。(エディはあくまでモード、トムブラウンはリプロデュースであり新たなテーラードスタイルとは言いにくい、ラルフはあくまでクラシックの範疇等)。

僕の場合は、①そのスタイルを気に入った理由を、シルエット、ディテール、素材等に分解して観察し、矛盾なく誂えやコーディネートに反映できるか考えてみる、②元ネタになってるクラシックスタイルと気に入ったモードスタイルを比較して、その中間よりややクラシック寄りのバランスにしてみる、という手法で誂えやコーディネートにモードのエッセンス取り入れたりします。
例えば、上記②の場合だと、元ネタであるケント公とトムフォードのスタイルを比較しつつ、ビジネスで浮かない範囲で取り入れるには、肩やウエストの雰囲気はイギリス風だけど、ラペル広めにしつつ裾は長めかつ左右に逃げる感じにして、ネクタイはマリネッラやカペリのボリュームがあるタイを選ぶが、色や柄はシャープな感じにしてモード感を出そうかな、みたいな。

上手くいってるかどうかは全くわかりませんが笑!


2014/04/09 23:43 | 赤い水性 [ 編集 ]


これぞマカロニウエスタン 

decoyさん

こんにちは。

マイクタイソン級のパンチ力ですね。これ。
すごいカッコいいです。ほんとに。

でもとてもわたしには 着こなせないどころか、選択肢にも
上げられない超ヘビー級です。

選ばれた感性は流石です。

是非ともコーディネートした地鶏をお見せ願いたいです!

足元はルケーシーのペコスとかでしたらベタにならずに
良さげじゃないでしょうか??? どうでしょ?
細身のデニムにも スラックスにも合いそうですし。

でも これに負けない靴や小物は なかなか無さそうですね(笑)

古本屋の店主がこんなん着てたら、通いますよ。絶対。

2014/04/10 09:44 | あきみけん [ 編集 ]


 

赤い水性様

スーツを誂える時の考え方、もの凄く参考になります!
①の分解・観察することはこれから早速実践したいです。
問題は②です、元ネタまで辿れるか自信ありませんが、本やビジュアルで発見していきたいです。それが書籍から得られる服飾の面白いところのひとつだなと再認識しました。
それにしても赤い水性さんの誂えへのアプローチに惚れてしまいましたよ!ややクラシック寄りにするさじ加減、きっと僕の大好物なはずです。

トムブラウン、エディ他、言及されているデザイナーへの考え方はとても説得力があります。
トムブラウンはブラックフリースでののアーカイブの使い方は上手です。ラルフローレンはアメリカのフィルターを通したどクラシックというイメージです。
そう考えると仰る様に、新たなテーラードスタイルという意味でトムフォードは流石ですね。一度お店でしっかり見てみたくなりました。

ところで変わったところでは最近、ウミットベナンなんか面白いです。ペグトップのパンツに結構しっかりしたブリティッシュカントリーのジャケットです。

2014/04/10 19:31 | decoy [ 編集 ]


ハードパンチャーです 

あきみけん様

コメントありがとうございます!

これがまた小物・靴等難しいのではと直感されていますが、その通りなんです。コーディネートはかなり単調になってしまいます。なんでも着まわして幅広く使いたい考えなのですが、今のところ2パターンしかなく、いまボウタイを絡めて暗中を模索中です!

恥ずかしながらルケーシー知らなかったです。ウェスタンブーツだとやりすぎですが、ペコスなら確かに良さげですね!アドバイス有難う御座います。
仰る通り、いまのところ細身のパンツが最も適しているかなと思ってます。実はバギーパンツなんかいいかもしれないなぁと思っています。

こんなの着た古本屋、いいですね(笑)楽しくなってい来ちゃいました。

2014/04/10 19:43 | decoy [ 編集 ]


おぉぉ! 

decoyさん、こんにちは!

すごいのいきましたねぇ~~!写真を見て思わず「おぉ!これはすごい」と声を上げてしまいました笑。
TOM FORD時代のGUCCIのテイストが大好きで、何度かスーツやジャケットを買おうとトライしたのですが、身体に合わず断念…今となっては幻の品ですねぇ。。TOM FORDがGUCCIに与えた影響は大きいようで、彼が去った後のスーツでも袖口の5つボタンや広めのピークドラペルなど、TOM FORDのテイストが感じられるような気がします。さらには、ラポエルカーン監修のオーダーメイドラインはTOM FORDと同じゼニア製のようで、フラワーホールの仕上がりが全く同じでした!

インパクト大のレザーブルゾン、どう料理したもんですかね笑。オックスフォードシャツにリーバイス、足元はブルックスのペニーローファーを履いて、ウェスタンかぶれのシティーボーイを演じてもいいでしょうし、それこそボウタイを締めてエキセントリックジェントルマンを装うのも良いでしょうね。足元はウェストンのグレインレザーゴルフで!笑

2014/04/11 07:35 | シロ [ 編集 ]


 

共感頂き、うれしいです。

元ネタと言っても、ケント公のスタイルなんて彼だから似合うのであって、そのまま真似したら大火傷しますからね(笑)。
教条主義とコスプレはいただけませんから、気をつけてます。

でも、何故彼だとエレガントに見えるのかというのを、トムフォードのコレクションという翻訳を手掛かりに分析するのは、楽しい作業だと思うんです。
それは、アイビーやプレッピーを、トムブラウンの意訳を通じて楽しむのも同様で。

おっしゃる通り、トムブラウンは、ブルックスのアーカイブを使いこなすのが上手ですよね。最初は、アメトラの総本山ブルックスに、外部デザイナーを入れても上手くいかないだろうと思ってたんですが、彼のアメトラへの愛は半端じゃなかったです。
ちなみに、僕はブラックフリースについてはシャツが好きです。
半袖シャツはあまり着なかったのですが、ブラックフリースのは子供っぽくも野暮ったくもならず気に入ったので、四年前に何着か買って愛用してます。

ウミットベナン、かっこいいですよね!特に本人が。モードの美しさとクラシックな雰囲気を現代的に表現してて、コーディネートの参考になるデザイナーです。
ただ、今のややストリート寄りコレクションより、数年前までのモード寄りのコレクションの方が好みでした。

こういう雰囲気のデザイナー、フランクリーダー、ami、SEH KELLY、CASEY CASEY等沢山出てきましたが、分類する言葉に困りますよね(笑)。
ハーデンの影響は間違いなく受けてるけど、あそこまで原理主義ではない感じといいましょうか。
モードのエレガンスを取り入れてるが、流行という意味のモードは否定するという意味で、アンチモードデザイナー〜ヨーロピアンワーク風味〜(仮称)とでも呼びましょうか。
ながいっすね…笑。

2014/04/11 09:06 | 赤い水性 [ 編集 ]


TOM FORD 

シロさん

こんにちは!コメント有難う御座います!

十年ひと昔と言いますが、昔はかなりのものに手を出していました(笑)もし今ならその金額でウェストンのゴルフ買ってるかもしれません。
これをずっと着続ける気概は持っていたいなと思っていますが、インパクトありすぎで、且つ何時も決まった格好になってしまいアレンジが効かず、出番が少なめです。エキセントリックジェントルマン!なんと素敵な響き、そして矛盾に満ちた、まさにぼくの矛盾さ加減を示すお言葉、使わせて頂きます!
オックスフォード×デニムパンツ×ペニーローファーは今ちょうど考えていたところで、感覚が同じで後押しされているようで嬉しいです。

トム時代のグッチは残念ながら合わなかったようですが、トムフォードのスーツやジャケットをシロさんがブログでアップされているの見て、いつも格好いいなぁ嫉妬しています(笑)。特にあのダブルのスーツ着用画像は鮮烈に目に焼き付いています。あれ以来、ダブルのスーツが秘かに欲しいのです。
トムフォードとトム無き後のグッチの関係、興味深く読みました。太目のピークドラペルと袖のボタン5つですとそのままですものね、影響強い!あまり今まで縁がなかったのですが、今度からは後学の為にも興味津々に見ることにします。勿論グッチはアウトレットで(笑)トムフォードのお店は一度も行ったことなくて、阪急に入っていたはずなので見てみようかなと思います。でも着たら欲しくなってしまいそうで怖いです。

2014/04/11 21:30 | decoy [ 編集 ]


アンチモードデザイナー〜ヨーロピアンワーク風味〜(仮) 

赤い水性さま

お返事有難う御座います!

上記表題を気に入ってしまいました。

まさにアンチ流行でヨーロピアンワークなFRANK LEDERはいつも素材使いがいいなぁと思っているのですが手に入れたことがありません。amiとSEH KELLYは恥ずかしながら初めて聞きました。SEH KELLYをいまちらっと見たところ、ものすごく良さそうです。英国というのもポイント高いです。新しいものを教えてくださり有難う御座います!

教条主義におちいることととコスプレはぼくも気を付けています。しかし、ペグトップのパンツを先シーズンから穿くようになったのですが、どうもコスプレチックに怪しくなってきて、なんとか自分のスタイルにして似合うようになりたいなぁと思っています。
今季のウミットベナン、仰るとおり大半がストリート寄りなのですが、シェパードチェックの3ピースでジャケットは三つボタンの癖のないコンパクトなシルエット、ベストがダブル、そしてサリュエルパンツのものがあり、唯一とても格好良かったです。


アイビーやプレッピーをトムブラウンのフィルターを介すことで楽しむことはここのところ随分楽しみました。
デザイナーを介して、大元を辿る作業は本当に楽しそうです。

そしてぼくはスーツという着るものがとても好きということにあらためて気づいてしまいました。トムフォードのスーツをちょっと実際に見てみます!

そうでしたブラックフリースの半袖シャツ、実はぼくもなのです!3年くらい前に2枚ほど買いました。今までポロシャツとTシャツ以外の半袖は持ってなく、それら半袖も暑さに逆らえずに渋々着ていたのですが、ブラックフリースの半袖シャツはなんでしょう袖の長さのバランスが良いのでしょうか、唯一気に入って着ています。

なんだか散文乱文になってしましました。すみません。
アンチモードデザイナー〜ヨーロピアンワーク風味〜(仮称)とても楽しかったです。

2014/04/11 22:12 | decoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/298-1380dea1

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。