--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/05/11 (Sun) アイビーボーイと『official AMERICAN TRAD HANDBOOK』


official AMERICAN TRAD HANDBOOK(オフィシャル アメリカン・トラッド・ハンドブック)official AMERICAN TRAD HANDBOOK(オフィシャル アメリカン・トラッド・ハンドブック)
(2014/04/11)
伊藤 紫朗

商品詳細を見る


「アメリカで初対面の人と会う時にドレスアップするのは、相手への尊敬の表れである。」
ビジネス上で、という文脈で何度か出てきます。なんとも興味深い。ドレスアップが指し示すものがどれくらいのものなのかは、結局その人のセンスによるところが大きい。

自分に似合っていて、自信を持てるものを着る。あるいは清潔感ある装いを。なーんていうのはクリシェですが、ぼくの場合、シャツとタイの間に隙間はないか、そして靴の手入れがされているか否かが気になってしまう。といいつつ、実際はあまり人と会う仕事ではなく、穴蔵のような日が差さない場所での内勤なので、仕事上でのドレスアップという経験がありません。

ただ大事な人と会うときは気をつかった格好をしたいし、出掛ける場所、季節、時間、行動によって身に付けるものは変わってくる。いついかなる時も俺はジーンズにティーシャツだ、というのもスタイルのひとつで格好いいのですが、ぼくはどちらかというと、ブレない根底がありつつ変化を時々で楽しみたい。


さて、発売日に本屋へ行くと、これはおかしい、一億人すべてがアメトラに目覚めたのかと思ってしまうくらいどこの本屋にもありませんでした。悶々と過ごしているうちに週が明け、本屋に行ったら並んでいました。どうやら取次(書店の問屋)によってお店に入ってくる時期がずれたようです。


アメトラ、それはぼくがスーツやジャケットを着るようになって最初に興味を持った国のスタイルです。
王道であるBROOKS BROTHERSやPOLO RALPH LAURENなどから入り、そしてラルフローレンからはイギリスを感じ、だんだんとイギリスが好きになりました。そして今、ブリティッシュもアメリカンも両方とも好きです。

そんなブルックスやラルフローレンに興味を持ち、もっと深く知りたいと思った活字中毒のぼくにアイビーボーイという存在が現れました。
それは穂積和夫さんの描くキャラクター。『アイビーボーイ図鑑』『アイビーギャル図鑑』に載っています。その絵を一発で気に入ってしまいました。ヘリンボーンのスリーピースやシアサッカーのスーツ、あるいは紺ブレザーの着こなし、すべてがベーシックゆえ飽きることのないコーディネートで今見てもやはりこれだななどと思ってしまいます。すっかりファンになったぼくはアイビーボーイの人形まで欲しくなりました。けれどもなかなか売っているところを見かけません。ちなみに講談社から初め発刊されていて、その後文庫になったり、 2003年に愛育社から再刊されました。ぼくが手に入れたのはその版でした。今(2014年5月)アマゾンを見ると品切れのようです。ただ最近どこかの新刊書店で見た記憶があります。


IVY ILLUSTRATED―絵本アイビーボーイ図鑑IVY ILLUSTRATED―絵本アイビーボーイ図鑑
(2003/09)
穂積 和夫

商品詳細を見る
 
IVY ILLUSTRATED―絵本アイビーギャル図鑑IVY ILLUSTRATED―絵本アイビーギャル図鑑
(2003/09)
穂積 和夫

商品詳細を見る



そのアイビーボーイ、近頃では色んな媒体に使われていて、西武そごうのキャンペーンやRightOnでもキャラクターとして採用されていました。今回のこの「official AMERICAN TRAD HANDBOOK」にもアイビーボーイが載っています。そしてソリマチアキラさんのイラストも全く違うタイプで良い感じです。


この本はアメトラの総括といえそうです。また著者の伊藤さんの歴史、回顧録という部分もあります。


男も女も気になるオシャレの話―ファッション雑学A to Z (講談社プラスアルファ文庫)男も女も気になるオシャレの話―ファッション雑学A to Z (講談社プラスアルファ文庫)
(2001/04)
伊藤 紫朗

商品詳細を見る

中身は雑学満載でなかなかです。この新刊とも少し重複する内容があるなぁと思っていたら、同じ著者でした。
ちょっと、タイトルと装丁が手に取るには照れるといいますか、レジの人に「ははーん、オシャレに興味があるのね、おほほ」なんて思われたら何だかお恥ずかしいなぁという感じを感じそうで恥ずかしい感じを感じそうです。ただ経験から言うと新刊書店のレジではよほどの事情が無い限り、例えば自分が欲しい本、好きな本を買っているお客さんなどは気になりますが、どのお客さんが何買おうとあまり気にしませんでした。



TAKE 8 IVYTAKE 8 IVY
(2011/06)
不明

商品詳細を見る

伊藤紫朗さんといえば近年『TAKE8IVY』を出されています。万来舎という版元なのですが、書店に行くと必ず目を惹くツボを抑えた本を出しています。





メンズ・ウエア素材の基礎知識 毛織物編メンズ・ウエア素材の基礎知識 毛織物編
(2014/02/12)
大西基之

商品詳細を見る


読みたい


夢を叶える パリのタイユール 鈴木健次郎夢を叶える パリのタイユール 鈴木健次郎
(2013/12/20)
長谷川 喜美

商品詳細を見る


これも読みたい




ハリスツイードとアランセーター ものづくりの伝説が生きる島ハリスツイードとアランセーター ものづくりの伝説が生きる島
(2013/05/10)
長谷川 喜美

商品詳細を見る


けっこう読みたい


Savile Row(サヴィル・ロウ) A Glimpse into the World of English TailoringSavile Row(サヴィル・ロウ) A Glimpse into the World of English Tailoring
(2012/07/13)
長谷川 喜美

商品詳細を見る


これも読みたい

なんて並べてみたら著者は長谷川さんという方、気になるので今度どれかを買ってみようと思います。
決して万来舎のまわしものではございませんが、なかなか買う気にさせるタイトルです。

『official AMERICAN TRAD HANDBOOK』の少し内容に触れると

第三章のアメリカントラッドスタイルの項では、ぼくが今まで書籍などで知り得た知識、断片的に理解していたこと、感覚的に捉えていたことがすっきり整理されました。

スーツの型を

ピュアアイビースーツ
サックスーツ
ブリティッシュアメリカンスーツ

といった具合にアメトラのスタイルをいくつかに分けて、それぞれのディテールを紹介する。いまや絞りの利いたモデルもありますが、寸胴なサックといえばやはりブルックスブラザーズ。ブリティッシュアメリカンといえばラルフローレンやポールスチュワートといった具合です。近頃、ポールスチュアートが気になります。
感覚としては理解していましたが、並べられて文章にされると、頭が整理されました。
関連記事
スポンサーサイト

新刊 | trackback(0) | comment(2) |


<<第25回 鬼子母神通り みちくさ市 | TOP | はなやかなボウタイ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


本の愉しみ 

decoy様

どれも、興味のある本で週末の高原ロッヂでハンモックに揺られながら読み耽りたくなります。

改めて自分の服飾に対する考えを思い返すきっかけになりそうな本ばかりですが、decoy様の書かれていた「ピュアアイビースーツ、サックスーツ、ブリティッシュアメリカンスーツの違い」の下りなど思わず身を乗り出してしまいました(笑)

アイビーは学生の装い、社会に出たらサックスーツかブリティッシュアメリカン(ブリティッシ)を装うものだと考えていましたが、途中アルマーニに傾いたり、クラシコイタリアに感化されながら今に至っているな〜なんて我が身を振り返っています。

そうそう、初めて銀座のポールスチュアートに行きました。雰囲気はだいぶ変わっていたのが気になりました、ブルックスも196周年を迎えるそうで、その間幾度も変わりながら続いたようにポールスチュアートもそのテイストを保っていってくれるといいなと思っています。

昨日もアランフラッサーの本を読みました。これからも、色々な本を愉しんで読みながら、お洒落も愉しめたら最高です。

2014/05/17 23:54 | Cobbler [ 編集 ]


こんにちは 

Cobbler様

コメント有難う御座います!近頃、スタイル写真をサボり気味で本でお茶を濁しているので、嬉しいです。

ハンモックで読書いいですねー!装い関連の本は頭から読む必要が無く、気になったところからランダムに読むこともできるのも好きな点のひとつです。

Cobbler様がブログでチープシックのグッとくる名言を引用されていたり、是非とも読んでみたい『フレッシュマン服装術』にコメント欄で言及されていたり、ひそかにCobbler様の読書歴が気になる今日この頃です!

ピュアアイビースーツ、サックスーツ、ブリティッシュアメリカンスーツといざ並べられるとアメトラとひとことで言っても奥深いなぁと、そして、Cobbler様やシロ様に影響されてじわりじわりとブリティッシュアメリカンといわれるポールスチュワートが気になり始めています。さすが、ポールスチュワート行かれましたか、僕もこの目で今の銀座店を見てこようと思います。銀座にある古本屋が今月いっぱいで閉店だというのでそれとともに。

2014/05/18 08:44 | decoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/301-a6912ad8

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。