--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/08/29 (Fri) 働く男の靴 茶靴編

ただいまネットショップTweedBooksに商品を登録していますが、服飾メインのはずが、あれもこれもとよくわからない店になってきました。

では仕事で履いていた靴、第二部のはじまりです

R0012300.jpg
左 JOHN LOBB SEYMOUR  右 GEORGE CLEVERLEY BLIND BROGUE

磨きが足りてなくてマットな表情です。まずはよく履いた二足。といってもジョンロブは今年に入ってからです。

R0012302.jpg
たしかC&J製だったと思います。アデレードが大好きです。スクエアトゥで何となく、あくまで何となくチゼルトゥの雰囲気がしていて、そんな表情が好みです。色も赤茶というのでしょうか、ダークネイビーのスーツに合わせていましたが、アデレードと少なめのブローギングの主張がいい気分にさせてくれました。
革はなんだか乾きやすいという印象を持っています。


R0012301.jpg
初めてのジョンロブでした。中古でしたが、ビジネスにも週末にも使っていました。これからちょっとスーツを遊び着にというときに出番です。革が本当に柔らかくもちもちしていて、磨く楽しさがある靴です。これは明るめのネイビーのスーツに合わせていました。

R0012321.jpg
おまけはTricker'sのパンチキャップトゥです。
これはスーツを着始めて最初の方に買いました。近所にあったリサイクルショップで一万円でした。シルエットが一番の好みです。
にも拘らず、なんとも可哀そうな扱いをしていることおよそ4年です。それはおまけの理由、ソールに穴が開き、そのままなにしてあり、戦線を離脱していたのです。もっとも気に入ったシルエットなのに何たる体たらく。そのころグレーのスーツを気に入って着用して黒靴が好きになり、黒靴ばかり着用していたからなのです。
オールソール待ちの哀しき靴です。


R0012323.jpg
JACK COLLECTIONというもので、詳細は調べていません。このシリーズが現行なら嬉しいなというところです。


R0012322.jpg
購入時にも気づいていましたが革の状態があまりよくなく、シミになっていました。しかし、なんだか愛着が湧く革の表情で、あまり気にせずに履いていました。
LASTという雑誌か何かで見かけたジョンロブ所蔵の古い茶のウィリアムもこんな革の状態で、それはよくない状態なのでしょうが、アンティークはこうなんだ!と変な勇気をもらいました。

R0012308.jpg
おまけの2
JALAN SRIWIJAYA NAVY FULL BROGUE
これは終盤大活躍でした。ネイビーを仕事着?!にと思っていたのですが、存外いけます。きっと靴が好きな人じゃないと黒だろうが紺だろうが気にならないのかぁというのが感想です。
ネイビースーツからグレースーツ、はたまたライトグレーの格子柄、それからネイビーブレザーにグレーのパンツ。それらパンツはダブル仕上げにしておき、足元にボリュームを持ってきて、秘かにネイビーを楽しんでいました。
ジャランスリワヤはコストパフォーマンスは高いです。ガラス革特有の皺の入り方も自然とうまくゆき、満足しています。ただ、今後は育てるというより、劣化が進まないようにしてゆきたいものです。
コートを着なくてはならない冬は、ぼくの持つキャメルや黒のコートと色味が合わずに断念。真冬以外は愉しみました。

これら靴の裏には同じくらいの数の靴がありました。サイズが合わなくて、その結果非常に気に入らない皺が入ってしまったり、壊れてしまったり、革の表面が修復不能になってしまったり、と様々な理由から処分したり、プレゼントしたりしたなぁなどと色々なことを思い出しながら、このエントリを書いていました。そして今後も革靴のある生活は続けてゆきたい。

関連記事
スポンサーサイト

Shoes | trackback(0) | comment(6) |


<<TweedBooks OPEN そして 『なやまない』 | TOP | 働く男の靴 黒靴編>>

comment











管理人のみ閲覧OK


茶靴も良いです 

decoy様

黒靴に続いての茶靴アップを楽しみにしておりました。

クレバリーのC&J製アデレードは私も好きで時々ビームスに行っては手に取ってじっくり眺めていました。流石はノーザンプトンの別注王C&J,ビスポークの雰囲気が上手く出ているなぁ~と感心します。つま先にパーフォレーションが入るのも素敵ですがこうしてdecoy様のものをみるとパーフォレーションなしのクォーターフルブローグアデレイド(と言えばよいのかな?)も良いですね。

もう1足のセイムールは言わずもがなの旧ジョンロブパリスの傑作セミブローグ。味わいがあってアメリカントラッドの服にもぴったりですし、古着にもすんなり溶け込むクラシックな佇まいが何とも言えません。自分のものはコーヒーブラウン調の暗い茶色なのでdecoy様位の明るめのものが欲しかったです。

年季の入ったジャックコレクションのトリッカーズパンチドキャップトゥは是非ともソールを直して復活させたい魅力的な靴ですね。表面の染みは私のマスターロイドでも少しずつ出てきていますのでオールド(あるいはヴィンテージ)靴の宿命なのでは…(笑)

最後のネイビーおかめ靴ジャランスリワヤ、良い皺が出ていてオールデン顔負けです。ボリュームのある靴は目下主流のスタイルですので厚手の差し色ソックスと合わせて洒落た足元を飾ってくれそうです。

今回も素敵な特集を有難うございました。この後早速自分も茶靴を出して手入れしてみようと思います。

2014/08/30 09:22 | 管理人@Not fashion but style [ 編集 ]


茶靴コレクション 

こんにちは!
素敵な茶靴コレクションですね~特に目を引いたのが、ビンテージのトリッカーズ。この雰囲気の靴は現行品ではなかなか見られませんね。薄茶の靴にありがちなシミも、靴の雰囲気を引き立てるのに役立っているような気さえします。これは是非、オールソールをした上で、サフィールノワール(ニュートラル)でしっとり磨いて履いて頂きたいですね~なんなら、わたくしめに磨かせて下さいませ!(笑)

2014/08/30 12:34 | シロ [ 編集 ]


ありがとうございます! 

Cobbler様

ひとつひとつにコメント頂き有難う御座います!嬉しいです。

既製クレバリーのデザインはブラインドフルブローグというらしいです。Cobblerさんにビスポークの雰囲気が出てると言われるとものすごく説得力があり、所有していることがより嬉しくなります。ぼくも丸の内のビームスに行くとよくクレバリーを見てしまいます。既成とはいえ、つま先の感じが微妙にチゼルトゥな感じがして気に入っています。

ご所有のマスターロイドにも革のシミが徐々に出ているとのこと、これは宿命なのかもしれませんね。経年の避けられないものかなと思いもあって、不思議なことにあまり気にならないのです。気に入らない履き皺や革が水で浮いたりするのは嫌なのですが。

ぼくもおかめ靴に合わせるソックスを秋口に買って楽しみます。

2014/08/30 15:56 | decoy [ 編集 ]


ジャックコレクション トリッカーズ 

シロさん

こんにちは
コメント有難う御座います!

Cobblerもシロさんもトリッカーズパンチドキャップトゥ気に入っていただけたようで嬉しいです。
やはりオールソール出さなくてはと思いを強くしました。
もう何年もほったらかしているので、クリームたくさん吸収してくれそうです。実は今回さっとディアマントを塗ったのですが、みるみる吸い込みました。まだまだ栄養不足のようです(笑)
シロさんに磨かれたら幸せなトリッカーズです!サフィールノワールを用意して首を長くしてお待ちしていまーす!

2014/08/30 16:07 | decoy [ 編集 ]


驚き! 

decoyさん

こんにちは。

黒靴編も楽しませていただきましたが、これまた素晴らしい逸品ばかりですね!

ロブのセミブローグ。
良いですね~ ナイスですね~・・・ と村西監督ばりに見入ってしまいました(笑)。
ウールパンツは当然に鉄板でしょうが、色あせたデニムなんかも最高でしょうね!


で。です。
トリッカーズのパンチドキャップトゥ。
多分ですが、わたしも同じの持ってます!
ビックリ。

わたしのはかれこれ15・6年ほど前に入手したものですが、
確か・・・確か セントジェームスラインのものだったと思います。

んで、同じように、いや decoyさんのそれ以上に、シミができてます(笑)。
この靴は シミができる宿命を持ってるのでしょうかね(笑)。
クロゼットの奥に眠ってますので、今度 引っ張り出して ブログにアップしたいと思います。
期待せずに 乞うご期待!!

2014/09/01 10:01 | akm [ 編集 ]


驚きももの木! 

akm様

こんばんは。コメント有難う御座います!
このパンチドキャップトゥをakmさんもお持ちとは!驚くと同時に嬉しいです。

やはり明るめの茶靴のシミは不可避なのでしょうね。
ただ、それを拭く飛ばすほどに、このトリッカーズは他にない好みのバランス感がナイスですね~なので、必ずやオールソールして復活させます。
ブログでのアップ首を長ーくして楽しみにお待ちしています。

2014/09/01 20:32 | decoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/317-d50e3482

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。