--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/11/09 (Sun) Night Wear

DSC_0728.jpg
最後に大切なお知らせがあります

部屋着あるいは寝間着、これらには快適性や機能性を求めていました。あるいは二軍落ちした服を着ることが多かったなぁと、わが身を振り返ると思います。

そんなとりあえず手身近なもの、安易なものを着るということからナイトウェアにも装う楽しみを発見してしまいました。

というわけで外出着だけでは飽き足らず、とうとう室内着まで凝り始めてしまいました。敬愛する師匠(よく行くブリティッシュテイスト満載のお店の店主)はいつ入院しても院内ライフを楽しめるようにようにNightWearの生地を厚いの薄いの中くらいのと三種用意しているとのこと。そんな話にも刺激を受けつつ、葉巻やパイプをくわえるのがヴィジュアル的にスノビッシュで愉快じゃなおかしら、これで読書をしようかな、いっそTweedBooks店主のトレードマークにしようかしらん、などと迷うこと30分ほど。購入を決心してしまいました。

早速夜中にニヤニヤしながら着てみると、温かい!ポリエステル100%と思われますが、冷気を通さないからか思いのほか温かくて実用的です。


2014-11-09 109042
Night Wear St.Michael TRICEL
それにしてもいまだに写真が綺麗に撮れません。

2014-11-09 101028
セントマイケルはイギリスの比較的廉価な商品を扱う庶民のお店と聞きました。どうやら60’sのものとのこと。シックスティーンズのテイスト大好きです。丸みのあるデザインやレディースのワンピースなど大好物でございます。
このガウンが60’s特有のデザインかどうかあまり判然としませんがショールカラー、袖とポッケの切り替しは言うことなしのデザインです。

僕もいつ入院しても病院ライフを楽しめるように、部屋着にも楽しみを。しかしながら宅配便が来たときは気恥ずかしい。


【最後にお知らせ】
TweedBooks実店舗が横浜は白楽の六角橋商店街に期間限定ショップとして
12月11日(木)に開店予定です。ただ今準備中でございます!
営業時間定休日など詳細はこちらでもお知らせいたします。
またツイッターでも最新情報を流しますのでよろしければフォローをお願いいたします。
@thereisyettime

関連記事
スポンサーサイト

雑感・思惑 | trackback(0) | comment(4) |


<<開店道中膝栗毛 | TOP | 本をすすめる>>

comment











管理人のみ閲覧OK


これはヤバイですよー 

decoyさん、こんにちは。

久々のブログ更新、首が伸び切ってしまうほど待っておりました。

それにしても、いよいよ変態も集大成かのようなナイトウエア!
60年代イギリスものと聞けば、キンキーなわたしも食いつかざるを得ません!
サイケ感マンマンのナイトウエアなんて、これまでわたしの選択肢にはありませんでしたが、どうやらわたしも開眼させられちゃいそうです(笑)。
ただ、ホームウエアとして愉しむなら… ですが、これで入院したら 『あんた どこが悪くて入院しとるとかい?!』と、誰も心配してくれそうにありませんねー(笑)。 看護婦さんとのコミュニケーションツールにはなりましょうか。

あってはならないですが、万が一 入院されることがありましたら、是非とも これを羽織って院内をうろついていただきたい!!


で。お聞きはしておりました、御出店の件、誠におめでとうございます!! 遠くにおるために お邪魔することはできず 残念ですが・・・
更なる ご発展を心よりお祈りいたします!!

2014/11/10 17:54 | akm [ 編集 ]


 

akmさん こんにちは

コメント有難う御座います!

ぜひぜひホームウェアに開眼いたしましょう。ぼくも見るまではまったく選択肢の中にありませんでしたが、見たら最後でした。温かいし思っていたよりなかなか機能的で買ってよかったです。

お店頑張ります!

2014/11/11 07:22 | decoy [ 編集 ]


おめでとうございます‼︎ 

decoy様

期間限定とはいえ実店舗での古本屋開業おめでとうございます。もしよろしければ拙ブログでも告知して頂けますと幸いです。きっと服好き靴好きは本も好きかと思いますので。

当方は横浜ですとちょっとした旅行になりそうですが、機会がありましたら訪れたいと思っています。

夜ご紹介頂いたガウン、ゴージャスで良いですね〜。当方は寝るときはお近入りのルームウェアが多いので、優雅にガウンを羽織ってナイトキャップ(お酒の方)を嗜んでみたいとも思うのですが…実際は特にジム帰りの日は、ソファでうたた寝、その後はベッドへ直行。早めに寝てしまうのでちっとも優雅ではありません(汗)

ただ、時には休みの日でもきちんとタイドアップして出かけると、オフの日の装いが劣化しにくくなるので(笑)意図的にイヴェントを設けるようにしています。

店主としてどんな装いで店頭に立とうか考えるのも楽しそうで憧れまてしまいす。どうか夢の実現の第一歩を楽しまれることを願っています。

2014/11/16 00:35 | cobbler [ 編集 ]


有難う御座います! 

cobbler様

コメントおよびお気遣いをいつも有難う御座います!

店舗、今回は期間限定ですが永く続けられる店舗を見つけ、さらに商売繁盛になるよう精進いたいたします。次回、お言葉に甘えてコメント欄に書き込みさせていただきます。

このガウン、着よう!と意識しないと着ないという体たらくで、まだまだ意識が馴染みません(笑)早く自分のものにしたいところです。さらに、ぼくも家に着いたらベッドに行くタイミングが早い日が多いので尚更出番が少な目です。下戸なので優雅にお酒とはいけませんが、珈琲と煙草なんていいんじゃないかなぁと楽しみにしています。

店主として、何を着るかというのが全く個人の自由である一方、接客という仕事上、本当のセンスが試されるので楽しみな一方気を引き締めています。でも楽しみがちょっと勝っています(笑)

もし横浜にお越しの際はお立ち寄りいただけると幸いです。来週にコメント欄書き込みさせていただきますね、本当にお気遣い嬉しい限りでございます。

2014/11/16 21:17 | decoy [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/324-4a24ea10

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。