--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/21 (Tue) 初オールデン 2008 初秋  其の2

R0010504.jpg


「オールデンいいね、気に入った。これ買った方がいいよ」
「えええ!確かにいずれは欲しいけど、いまですか?いくらするかわかってるのかね君は?」
「だって、この色は希少なんでしょ?次また買えるとは限らないよ、なにより他にない、グッドテイストなんだし」
「まぁそれはそうだけれども、すべてわかるよ、それを踏まえた上で、経済的にね、、、わかるでしょ」


その時のバーニーズ側の心中を察します。イイこと云った、奥さん。
すかさず、店員さんが「お取り置きしましょうか?」
「んじゃ、とりあせずお願いします、また連絡します」

帰路、珍しいね、あそこまでプッシュするなんて、というと。うん、気に入ったし、オールデン欲しいって前から言ってたしね。今年のクリスマスと来年の誕生日分で買ってあげてもよくってよ?

「えええー! リアリーデンジャラスじゃない?ほんと???」
「リアリーリアリー、うんうん」

というわけで、一週間後買って頂きました。なんとも嬉しい。手に入れられてよかった。後のセイムセイムの法則も知らずに。
履き始めはワイズがきついかな、指先がすこーし当たる気がすると気に病んでいましたが、4年履いた今現在、ばっちりでございます。快適に疲れ知らず。この最初の気に病む状況はもしかしたらサイズミスが原因なのかもしれない。フランスはアナトミカではワンサイズあげるらしい、別注だとラストが微妙に異なるのかもしれないけど。ただ諸説いろいろあって、オールデンではモディファイやバリーは一つ下げるらしいし、実際は好みと経験。経験による己の許容範囲、これは大きい。ぼくは踵や履き口がブカブカなのは厭だ。かといってタイトフィッティングということで捨て寸が無いのは厭だ。

この靴は悲しい思い出があります。神保町を徘徊している時、古書店前のワゴンでトゥを4cmくらい傷つけた。縦に抉れてしまった。
ゴリって音がして、ああああああー、と辛うじて声に出さず心で叫びました。この日は本が目に入らずに立ち直れず、くよくよしながら早々に帰宅し、何とか修復をしました、今でも若干残ってますが、よく見るとわかる。もうあまり気にしてません。いい思い出ですくらいになれました。

ただ、この時、モウブレイ・ダークブラウンのクリームで色を入れて目立たなくさせた結果、右左で色の違いが出てしまった。勿論、クリーム入れた方が若干濃い色。こっちのほうが何だか悲しい。妻に天気がいい日などに突っ込まれる。色が違うと。ただシガーの良さは損なわれていないので、片方にも濃い色を入れてそろえようかなと。
普段の手入れはモウブレイアニリンカーフクリームか、たまにALDENの純正ナチュラルのクリームです。ワックスは使いません。

その年、妻のクリスマスと誕生日、ぼくは妻にCHLOEとDIESELのワンピースを買わされました。まぁクリアランスで。
結局、二か月の間、昼食はシケたパンを食べることになりました、因果応報?とは言わないか、おほほほほ。

後日談。実は買ってから1年間履きませんでした。履けませんでした。何故ならシューツリーを買えなかったから。シューツリーないとまずい、変な皺が入り靴の寿命が縮まるんじゃと懸念し、ビビって履けませんでした。10万近い金額にビビりまくりでした。コルドヌリアングレーゼのツリーがが合うと聞いていた。そして、ワンサイズ下げたツリーが良いというのでその通りに。なんでもキツ過ぎるとコードヴァンは伸びてしまうと。事実は定かではありません。ツリー買うまでの1年は何だったのでしょうか。今はそこまで神経質にならずに、どんな靴も買ってすぐ履いています、ツリーは使いまわします。
ツリーは靴を買ったときに同時に手に入れるのが一番いい。予算に組み込んでおくのがベストとこの時学びました。

関連記事
スポンサーサイト

Shoes USA | trackback(0) | comment(0) |


<<黒靴磨き | TOP | 初オールデン 2008 初秋>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/44-48f00b88

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。