--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/03 (Sat) 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」

R0010567.jpg




気付かなかった。知らなかった。先月発売になっていた模様。

荒蝦夷という版元。「アラエミシ」と読みます。痺れた。初めて知った出版社ですが、一発で覚えられるナイスなネーミング。惚れてしまいました。ここから出ている震災を特集したものも読んでみようと思いました。その荒蝦夷から伊坂幸太郎のエッセイが発売されていました。

地域誌「仙台学」に掲載されたエッセイと震災後のエッセイをまとめたもの。

震災前のエッセイが11篇ありましてほぼ時系列に並んでいます。ぼくはその初めの1篇読んだ後、どうしても彼の震災時の様子が気になり、飛ばして震災後のエッセイから読み始めてしまいました。ぼくの友人が仙台に住んでいます。幸い無事でした。次に思いだしたのが伊坂氏でした。

いつもの軽妙だけれども、グッと大切な芯をとらえている文章。さらさら読めるけど、心に何かを残こしていく。今回は彼の気持ちの動きが伝わってきました。まだ震災後の2篇しか読んでないけれども。震災時、伊坂氏はいつもの駅前の仕事場・喫茶店にいたようです。

今日やっていた王様のブランチのランキングで知るというていたらく。なんとなく悲哀。自分でチェック済みという気概でいたかった。が、なんとも知ることができてよかった。というのも新刊書店に行っても、今まで全く気付けなかった。今日行ったけど、けっこう探してしまった。地方の版元で関東では入荷遅かったか?まぁ自分の目に見つけ出すセンスが無いことは棚に上げていいますが、それくらい地味な装丁です。でもこの装丁はイイ!何だか文学の匂いがします。昨今の凝ったものではなく、シンプルな写真と文字。そしてそれらと空白とのバランス。

なんや「ソロモン流」にも出演したらしい。この度は後手後手でございます。

ちなみに神奈川県では有隣堂・紀伊国屋で売っていました。都内のブックファーストでは見かけなかった。


関連記事
スポンサーサイト

新刊 | trackback(0) | comment(0) |


<<オッドベスト Dunn&Co | TOP | thought of March>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/54-0d8ff2b8

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。