--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/30 (Sun) 神保町古本まつり2011 収穫

昨日土曜日、ほぼ毎年行っている神保町古本まつりに行く。

学生の頃はちょうどその頃が学園祭のシーズンで休みだったので、行ってみると、まつりだったというパターンが多かった。

今年は前職の友人らと離合集散しながら、夜は秋葉原で呑み会だった。呑めないけど。

さて入手したものは

「南方熊楠全集」河出文庫版
九鬼紫郎「探偵小説百科」
田中啓文「辛い飴」
植草甚一 Tシャツ、缶バッチ

熊楠は興味が昔からあった。少年ジャンプではるか昔連載されていた漫画。お蔵入りになったけど、最近明治大学でパイロット版上映があったらしい町田康が熊楠役をやった映画。というわけから、気になっていて、調べると「これかなー」っていうのが河出版の全集だった。勢いをつけるために一番最初に買う。

探偵小説百科は喜国雅彦の影響。戦前の探偵小説を読んでみたいなぁと思い、そのガイド。わたし著者を知らなかったけど、友人は知っていた。

「辛い飴」は東京創元社のブースで、500円で買いました。ジャズメンと日常に起こる謎の話。これは2作目。1作目(落下する緑)の文庫の解説は大好きな山下洋輔。今日読んだけど、小路幸也の「東京バンドワゴン」で起こるような日常の様々な不可思議なことをジャズメンが解明していく。ジャズの話が繁茂に出てくるから面白く読める。しかし、謎の惹きつけ具合は「東京バンドワゴン」の方が私には強い。ただ1作目は買うと決める。

JJのTシャツ、生誕100周年の時のもの。薄々知っていて、やっと巡り合えた。欲しい柄のマイサイズは売り切れ、しかし、一つ下のサイズをブースのフレンドリーなお兄さんが肩にあててくれて、行けそうと判断する。家帰って着てみると、少しタイトだけど大丈夫そう。バッチは晶文社のサイのロゴとJJのコラージュの一部のカラフルなもの。6種類あってA~Fとアルファベットがふってあって、BとDをブースの人が聞き間違える。けど、結局その間違えたのもいいな、と思い計3つ買う。が後の飲み会で、友人が町田康「猫とあほんだら」の販促ポストカード全4種(注1)をくれたので、どれかあげるというと、「じゃーこのわら人形」と云ったので、お礼に一番気に入っていたピンクの缶バッチをあげた。また買いに行こうかな、11月3日までだし。

それにしても、久々に会った元同僚同士が結婚していたり、実はソフトバレエが好きでしてという人がいたり、愉快な土曜日だった。






(注1)「猫とあほんだら」のサイン会では、山のように積んであるのに1人1枚とケチなことを言われ、妻と1枚づつもらった。その経緯を話したところ、書店勤務の友人が手に入れてわざわざ持ってきてくれた。

関連記事
スポンサーサイト

古本 | trackback(0) | comment(0) |


<<LAST | TOP | ツイードの季節はいづこに>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/7-df6d9eb6

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。