--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/31 (Sat) Burberrys trench coat  其の弐

R0010595.jpg

先日購入したバーバリートレンチコート。色はグリーンかかったベージュ?カーキ?ていうのかしらん。光の種類で異なる色を見せます。生地はポリ67%綿33%の当時最も安価だったと思われるもの。
その他にポリ49・綿51、これが一番普及していたらしい。そして最もエクスペンシブなのが綿100%とのこと。
ライナーは取り外せない。全く問題ない。惜しむらくはチンストラップが無い。ボタンを全部留めて襟立てる着方をしたかったのでちょっと残念。しかしシルエットがジェントルでよろしいので、全留めは違うコートで。

R0010594.jpg

ラベルはBurberrysと「S」が付く。近頃のものには付かない。


R00106001.jpg

このタグのサイズ表記がバーバリーのサイズ46。これがUK36に相当する。ジャーパニーズの名前が書きこまれていたので加工しました。そしてREGとかLONGならわかるけどSMってなんだろう、SHTならわかるけれども。順当にスモールかな。

R0010599.jpg

ポッケは貫通しているタイプ。ボタン全留めしたいので、いちいち外さずに中のものを取り出せ、機能的にもってこい。まぁ主に煙草とか煙草とか煙草です。

R0010601.jpg

ひそかに気に入っているレザーのバックル。白い部分は塗装なのかな。茶と白のコンビが良い。

以前ぼくはAPCの黒いトレンチを着ていました。その当時はタイトでほっそーいコートがかっこいいと思い欲しかったのですが、バーバリーブラックレーベルとかいろいろ試着したんだけど、生地がテカり過ぎだったり丈が短かったり、全くどいつもこいつも気に入らずダメだこりゃ。その時APCのものは丁度いいかな、まぁ妥協点と思って5年位前に買いました。シルエットはボタン全部留めないで、全開が一番綺麗だった。それか全部留めてチンストラップ留めがまぁまぁだった。ベルトの位置が微妙に悪くて、さらに襟の形が出る最もベーシックな着方はよろしくなかった。なのでなんかちょっと違うなぁと思いながら着ていました。それを去年、すべてが気に入らなくなり手放しました。

その後、risingsunで70年代のバーバリーの下襟がでかい、マイサイズが入荷して迷ったけど、金策が出来なかったのと、ベルトが少し短くて結べなかったので諦めました。シルエットはそれに近い。襟が全く違うけど。

そして今回、よかった。チンスト以外パーフェクト。ところで何年代のものなんだろう。

関連記事
スポンサーサイト

Coat | trackback(0) | comment(0) |


<<マーチダコー 「バイ貝」 | TOP | Burberrys trench coat>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/79-87ee9637

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。