--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/04/01 (Sun) マーチダコー 「バイ貝」

マーチダコーの新刊は発売されていた。



バイ貝バイ貝
(2012/03/21)
町田 康

商品詳細を見る


申し訳が立たないとひとり勝手に思っているのですが、貧しさに負けた。煎じつめるとおのが欲望に負けた。

いつもならマーチダコーの新刊出版がアナウンスされると、まだかまだかと心待ちにしながら書店に並ぶやいなや、速攻で対価を支払い、家で電車でキャフェでおっほほー、今回もおもろしろいねーと、明日への活力となることに何の疑問も持たずに、いやー活字を読んで元気いっぱい、読書って素晴らしい、本を買う財力があってぼくは幸せと思い生きてきました。
しかし、今月わが台所事情は非常に困窮。マーチダコーの新刊が本屋で買えない。
なぜなら毎月の給与に可処分所得以上の支出をしてしまったから。労働による鬱屈から外食でうまいもんでも喰わなきゃやってらねーと発散し、やっぱ靴って一生もんだからいいの買わなきゃと予算オーバーしてみたり、うぉー此処であったが百年目、このトレンチコートがぼくを幸せにすると予定外支出したり、あやーこの署名本今買わなきゃもう手に入らなくねーなどと地方から取り寄せたり、と派手な2月3月だった。欲望の赴くまま。その結果これであります。

そんな時、家人がコミックで探しているものがあるというので夜な夜な近所の古本屋に付き添いました。

なんたること、まだ出て2日しか経っていないのに、マーチダコー「バイ貝」(双葉社)が売っている。お値段半額。その日は思うところあって買わなかった。そして結論から言うと1週間後の今日買いました。貧しさに負けました。そもそも古本屋に並ぶのが速攻過ぎる性急過ぎる。読み捨ての読者がいるんだなぁ~、あるいはもしかして考えたくないけどもう少しダークな感じか。だとすると悲しい。

なぜ見つけた日に買うのを躊躇したかというと、古本屋で買うと著者に印税が入るということに繋がらない。これです。マーチダくん今回も面白かったぜ、という気持ちを対価で表現。なんと言いますか良いものにはしっかり対価を支払いたいという気持ち。まぁまだ読んでない購入の時点で内容は良いか悪いかわからんけれども、すごく期待をしているということになります。
決して古本屋に対価を支払う価値が無いと申しているのではありません。古本屋は大好きです。普段なら好きな作家の本を古本屋で安く見つけて、おー幸せの極み、さぁロンドを踊りましょう、となります。ぼくは学生時代、筒井康隆の本はほとんど古本屋で買い集めました。今でも古本・古本屋はぼくの生活のけっこうな部分を占める。しかし、ことマーチダコーの著作に関しては、安く見つけてもラッキーとはならなかった。なぜだろう。その疑問は今後少々考えることにしよう。と逃げます。まぁ何となくわかりつつあるのですが。やはり今はその話から逃げる。

今回は早く読みたいという強い気持ちと貧しさに負けて安価で買い求めました。

さて内容は、最初の数ページを読んだのですが、相変わらずエッセーだか小説だかわからない大好きなテイスト。丹念に丹念にマーチダ節全開です。奇遇にもお金と買い物の話。1行目のドフトエフスキーの引用から痺れます。

関連記事
スポンサーサイト

新刊 | trackback(0) | comment(0) |


<<Whitebucks by RALPH LAUREN | TOP | Burberrys trench coat  其の弐>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://decoy0512.blog.fc2.com/tb.php/80-fe818f5a

| TOP |

プロフィール

decoy

Author:decoy
古本屋TweedBooks絶賛オープン中。

主にトラッドからモードまで和洋の装いや服、ファッションにまつわる全般、そして国内外文藝・人文・美術・デザイン・音楽などなど。

買取歓迎です。


筒井康隆と町田康が好きです。

HP tweedbooks.com
Twitter account @Tweedbooks

装いはクラシカルスタイルが好きです。
それをツイストさせるのが大好きです。


英国古着 
ツイードを中心に

といいつつ

BLACKFLEECE、COMME des GARCONS、YOHIJI YAMAMOTOも好きです。


英国靴も米国靴
ベーシックなものから、
コンビシューズ、
そしてギリーシューズなど、
ちょっと変わったものまで。




服飾と古本が人生の両輪です。


レコードでJAZZを聴きます。
ガッツのあるアナログの音が好きです。


いつの間にか改訂新版になります。ただ文意は変えないで、言い回しが気になると訂正します。その際画像も追加したりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

SINCE OCT 2011

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。